スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
私とタイの洪水被害の関係
先日から流れているタイの洪水被害のニュースですが、この出来事が私に直に影響があるとは想像さえしませんでした。

本日、かねてより検討していた旅行用の予備のメガネを作りに行きました。
となりの街にあるお気に入りのメガネ屋さんまでわざわざ出かけました。
色々検討して、ほぼ決めてから店員さんに声をかけたところで、私の不運に気がつい来ました。

店員さん曰く、「すいません、遠近両用のレンズを加工するタイの工場が壊滅状態で、いまご注文は受けれない状態なんです。」と。

ええーーーー!

なにそれ!

よく聞くと、特殊レンズなどはほとんどのメガネ屋さんがHOYAのレンズを利用しており、その加工を一手に引き受けていたのがタイの工場とのこと。
ですから、たぶんどこのメガネ屋さんにいかれても「遠近両用」は作れないと。

おやおや、どうしましょう。


初めて遠近両用を使ったときはなんだか足元がぐらつくような感じで、不快であったにもかかわらず、あっという間に適応して、今では遠近両用でないメガネなど不便でしょうがない。

私は近視なのでメガネは必須ですが、いつの頃からか、近視の補正をしているめがねだと手元がみにくくなってきていました。
特にパソコンなどは、画面を見るには近視の補正が必要なのに、手元のメモやらキーボードを見たりするのにはメガネが不要となり、面倒くさい事このうえない。
その不便さを解消してくれたのが「遠近両用めがね」です。
これのお陰で、スーパーでも値段表が見えるというもんです(笑)
この一つのレンズの中にタイプの違う2種類のレンズを埋め込むと言う事を、最初に考えた人は偉い!
そしてそのアイディアを形にした技術も、素人考えですが、凄いなぁ~と思うのでした。
出来て当たり前と思っていたことが、出来なくて初めてその有難さに感謝です。


いやそれにしても、対岸の火事と思っていたのが、火の粉がこちらに飛んできたわけです。

年内の復旧はありえないとのことで、今使ってるめがねを壊さないように大事に使っていきましょう。

帰宅してから、ニュースを読んでみると、沢山の日本企業がタイに進出しているんだと初めて知りました。
色々なアプローチから世の中の事を学ぶものですね。

タイの一日でも早い復旧を心よりお祈りします。

スポンサーサイト
【2011/11/01 01:31】 | 雑文[暮らし編] | コメント(0) | page top↑| 編集
WiMAX覚え書き
昨日から、Try WiMAXを使ってインターネットしています。

今後のモバイルにWiMAXを使いたいのと、引っ越し先でインターネットを使えるかどうかのテストとしてトライアルしています。

結論を言えば、これが予想に反してとても快適なので驚いています。
トライアルのタイプはUSBスティックタイプなので、MACBOOKに差し込んで使ってみていますが、今使っている光とまったく遜色ないです。
特に大きな写真をUPしたりとかしていないせいもありますが。
普通にインターネットしている分にはかなり快適です。

それに加えて私が感心したのは、とにかく接続が簡単!
それと、ゴチャゴチャしたコードがまったくない!
それに最大の魅力はなんといっても料金の安さです。
使い放題で月額¥3880
ちがうところでは¥2990というのもあります。

料金設定が明確で、それ以外にかかる費用がないというのもわかりやすいです。

それで、来年は長期の留守も考えてるしいっそのこと、WiMAXに変えようかと思ったのだけれど、ふと先日光ネットをNTTからauに変えたことを思いだして、ひょっとしたら、これって違約金の対象か?と調べてみて大ショック!
なんと、わずかに料金がお安くなるという理由だけで、よく分からず業者のおすすめにしたがって変えたのが仇になりました!
今考えれば、お安くなるにはそれなりの理由があるのよね。
それが、2年しばりということだったのよん。
はぁ~。。
私の記憶ではその2年縛りの説明は明確には受けてないと思うのだけれど、利用規約にはきっと小さい文字で書かれているんでしょうね~。今更読む気もしないけれど。
とにかく電話での問い合わせで分かったことは違約金は9000なにがしがかかると。
ま、それだけなら払ってもいいかとおもっていたのだけれど、そのほかに工事費用3万なにがしがかかると聞いて、げっそり。。
はぁぁあああ。。。
あたらしく使い出して、まだ10日だけれどさ、、、なんだかもうすんごく、いやな気分。
いや、自分が浅知恵であったのはしょうがないけれどね。
これからWiMAXが全国を制覇するのは目に見えてる時期にこの2年縛りはちょっとひどいよね。
そのままNTTでいたなら、なんということはなかったはず。

ということで、しばらくは光とWiMAXのダブル契約になるのかなぁ~。
あああ、自分のアホさ加減にショックな今日なのでした。

【2011/09/17 19:46】 | 雑文[暮らし編] | コメント(0) | page top↑| 編集
必然?2012年の手帳との出会い
昨日2012年の手帳を早々と購入しました。

まだ9月だと言うのに・・・

私の手帳は基本は「手帳は1冊にまとめなさい!」の方針を利用しているので、なんでもどんどん書いてるのはA6の100円ノート。
本音を言えば、ホームセンターで68円ぐらいでまとめ買いをしているのが現実。
このノート形式、どんどん書くのにはとても便利で、大雑把な性格の私はとても気にいっているのですが、一つ難点が。それはスケジュール表を自作しないといけないこと。これが結構面倒くさい。
そこで今年からはA6サイズのスケジュール帳と2冊を一緒にカバーにセットして使っています。


さて、ここから本題。前振り長い!
このところバタバタとしていたのと書くことが大量にあったお陰で、あっという間に手帳が終わってしまい、急遽、道すがらノートを買うことに。そこも大規模チェーン店化しているドラッグストアなのでお安く買える事を期待して寄ってみたら、なんと定価の100円で売っているではありませんか!

何と貧乏性のわたしでしょう・・・、とても買う気になれません。
ちょっと足を伸ばせばお安く買えると思うと、どうしても買えないんです。お金を無駄に使ってるような気がするんですよね~。
はぁ~。
それでそこで買うのはやめまして(けっ!しょうもない)家の前を通り過ぎまして、イオンまで買いに行きましたよ。
時間の無駄は気にしないのか?という突っ込みはなしで。

ま、それでイオンに着いて文具売り場でノートを探したら、配置換えをしたらしく目的のノートが見当たらずウロウロ。
ウロウロしながらも気のなる文具をチョロチョロとチェックしたり~の、でなかなか目的にたどりつかないのは私の悪い癖。
そうこうしているうちに、こじんまりとした2012年手帳棚を発見。
そこには大好きなFujicoさんの絵の手帳がありました。
カレンダーは買うのですが、手帳があるとは知りませんでした。
何気に中を見てみましたら、ページごとにイラストもあり、めくるたびに心が和みます。
で、よくよくみたら、カレンダーの始まりが、9月からとか、10月からとか。終わりは2013年3月とか!

お、やったー!

思わず心なかでtwittered!

それというのも、12月の旅行は来年の1月にまたがる為、折角旅行記録をつけても途中で分かれるのはイヤだなと思っていたからなのです。
それに様々な情報を書きとめていてもまた年が変わると新しい手帳に書き写さねばならない、それは面倒だと。

この手帳なら、今から12月までの予定を書き込んで行っても、そのまま持っていけるのでとにかく便利だし、サイズは丁度ぴったりのA6、しかも、絵は大好きなFujicoさんときては、買わずに帰るわけには行きません!

それで思ったのですよ、こうやって求めてるものめぐり合うチャンスって本当に必然的に起こることが多いなぁ~と。
12月の旅行だって、ただ漠然とウユニ湖を見に行きたい!と思っていただけなのに、英語学校のクラスメイトが旅行会社の社長と顔見知りだったことから急展開。
その学友とはそれ以前に数回クラスを一緒にしただけだったのに。
そのためにだけ出会ったような気がしないでもない。

人生半世紀以上生きていると、今日の起こったことが明日に繋がってるんだと思えることが多々あり、実感を伴って分かって来る、無駄な事など何一つ無い。
それが必然。
会うべくして会ったということ。

沢山の失敗も、必然だと思えばどうってことない。
今ここにいるのがその時の結果と知ってるから。
そう思えば、これからもなにか困った事に出会っても、何かに繋がるための必然なのだからと思えるというものです。
たぶんね。

さぁ~新しい手帳で、新たな出会いと来年にむけて GO~!

IMG_0430.jpg
【2011/09/10 00:58】 | 雑文[暮らし編] | コメント(0) | page top↑| 編集
The Social Network を見て来たよ♪
1年ほど続けていた水曜日の英語クラスを抜けたので、久しぶりに映画を観に行ってきた。

前から観てみたかったThe Social Networkです。


主人公はFacebookを作った若き天才 markzuckerberg のお話
http://apps.facebook.com/feightlive/sessions.php

http://www.facebook.com/markzuckerberg?v=app_110713442293217

映画は彼がFacebookを作り上げた時の事をなぞっているストーリーだけれど、それ自体もわくわくするように作られているけれど、観ていて面白かったのは、やはり時代の先を走っている人達のスピード感、疾走感、自分のやりたいことをわき目も振らず突き抜けるパワー、学校の持つ独特の雰囲気。あこがれます。自分が経験してこなかったことがそこにある。

私もFacebookにずいぶん前から登録している。
これはネットつながりで知り合いになったアメリカの大学生の影響で、向こうではやりだした物をすぐに一緒に利用するという事が多かったから。彼女の寮にビデオチャットを繋ぎぱなしにして生学生の会話を聞いたりとか(笑)
それは別として、Facebookをやっていて一番驚いたのが、おととしの京都旅行で相部屋になったアメリカ人の学生とメール交換をして、それをまさかと思って検索したらすぐに彼女たちを見つけれた事。そして彼女たちに写真をUPロードしてあげれたこと。
これにはビックリ。

今現在世界的にものすごい数の人がFacebookを利用しているわけだけれど、意外と日本人の利用者は少ないようで、学校関係とかで検索しても未だに知り合いにヒットしたためしがない。
実名で登録するのが苦手な日本人ということなのかしら?
それともほんとにFacebook自体をやっていないということか?

私はFacebookのゆるいつながりみたいなのが好きだから、ちょこちょこと気が向いたときに利用しているけれど、そんなに熱心というわけではない、そんなにまめじゃないし。それでもつながりが保たれているのがいいところだなと思う。メールのようにいただいたら返事をしなくちゃいけないのとは少し違うような気がする。
パソコンを使い始めたのが2002年からだから、決して早い方ではないけれど、それでも同世代の人と話してると、ズレヲ感じることはしばしばある。

古くからパソコンを使ってる人たちはどちらかというと、ワードやエクセルを利用してきた人たちで、私のようにインターネットを中心に利用してる人は、周りにはあまりいない。
だからインターネットで英語を勉強してると話しても理解してもらうのに結構時間がかかったりする。
いや、その前にあまり興味を示してもらえない。

私が英語の学習をずっと続けてこれたのもこのインターネットのおかげと言っても過言ではない。
インターネットを通じて英語に触れる機会があったからこそ、英語に対する興味が失せず、なおかつ学習のモチベーションを持ち続けられたのです。結局はそれが私流の楽習スタイルだったんだと思います。

これからはインターネットの使い方もどんどん変化してきて、世界はますます狭くなるとおもう。
そのときにやはり何が必要かといわれたら、共通の言語なのかなと。
今は(日本では)何でも観れるし、得たい情報もほとんど手に入る。でもせっかく手に入れた価値のある情報でもそれが自分の知らない言語で書かれていたらそれは手に入らないのと同じだとおもう。
ま、ひょっとしたら、あと数年で音声翻訳のようなものも普通になるかもしれないけれど、それまでは待てないよ、もうそんなに先は長くないのだから(笑)

そうはいっても、これから先、またどんどん変わっていく世界をみるのも楽しみなこと。
10年後にはどんな世界をみてるのだろうか・・・

【2011/02/07 02:26】 | 雑文[暮らし編] | コメント(0) | page top↑| 編集
お出かけが続くと疲れるな。
今週は毎日お出かけで、それはそれでものすごく楽しいのだけれど、やっぱりくたびれちゃうね。
最近出かけるのも凄く重い荷物を担いでいるので、ちょっと気分は山登りしてる人みたいなのだ。

で、今日は久しぶりにゆっくり出来たのだけれど、カーブスに行く元気がでない。
雨降って寒いし・・・。

毎日お仕事でお出かけしてる人はえらいなぁ~。

私はほどほどにがんばるわ。

勉強も体力あってのことだからね。

体力と相談してやっていかねば。

荷物を減らす工夫をしたほうがいいかも。

明日もゆっくりして週末はまたハードな日々になるから。といいつつこんな時間まで起きてるのはマズいよね。

では、寝るとしましょう~。なんだか、とりとめもない。。。
【2010/10/29 03:40】 | 雑文[暮らし編] | コメント(0) | page top↑| 編集
学びの場
今日は長年の希望だった学習仲間の人と会ってきました!

我々学習者にふさわしい場所で会う。

それはもちろんぴったりなところといえば、「東京大学」でしょう~♪

人生のうちで一度でいいから東大構内を歩いてみたいものだと思っていました。
それがひょんなことから東大の近くで会えるのなら、東大の中に潜入してみたいと思って調べてみたら、一般の人も全然自由に入れるとのこと。
ということで、行ってきました~~!

いや~もう、凄いです!

日本にもこんな由緒正しき建物がこんなにも沢山残っているなんて・・・
驚きです!
見るもの全てが、古式ゆかしい面がまえ。
下手な観光地に行くより感動的でした。
それとあの広々とした空間。
図書室に入ってみれば、そこは古きよき時代を感じさせる作り。
何もかもが美しい。

そしてそこで勉強している学生も美しい。。。

角が丸くなった木の机。
古めかしい照明器具。
し~~んとした静謐なたたづまい。
それに古びた本のかおり。

そんな中で勉強すればどんな人だって、色んなことをしっかり考えそうだ。


念願の学食にも行ってみた、食べてみた。
安い!美味しい!


自分が学生の時は本当に勉強なんかしたくなくて、早く社会に出て働きたかった。
でも散々好き勝手にやってきて、今こうしてまた学びの空気を吸っていると、なんだか遠い昔に戻ってみたい気がする。不思議なもんだ。


私の世代ではかの有名な「安田講堂」もいまは静かにひっそりとたたずんでいるようでした。
toudai4.jpg



【2010/10/25 23:31】 | 雑文[暮らし編] | コメント(0) | page top↑| 編集
必然
今日駅に向かうのに乗ったバスで気が付いた。

財布忘れた!


それってめちゃめちゃまずい。

まだそんなに遠くまでは来ていなかったので、その場で下車を決めて、運転手さんにお金がないことを言ったら、運転手さんも困っている。

もちろん、私も困っている。

そしたら同じバス停から乗ったご婦人がバス代を出してくれた。
「いえいえ、私もちょくちょくやりますから、、、」とかおっしゃって、さりげなく助けてくれる態度凄くよかった。
ありがたくご好意に甘えることにして、炎天下、テクテクと家に戻った。
家に着いて中に入ってみて、驚いた。

今日使うテキストを机の上に置いてある!

おおおーーー、よかったよーーー!

戻ってきて。

これなかったらアウチだった。
電車の中で残りの課題をやろうとしていたのだから、忘れたら死んだふりしてないといけない羽目になる。

それにiPhoneに充電しないといけないのに、充電器とiPhoneをつなぐコードも忘れているし・・・。

お財布を忘れたのを気がついたとき「あ、ついてない!」と思ったのだけど、もし忘れていなかったらと想像したらぞっとした。
これって何かがそうなるように仕向けてるのかなぁ~と。
偶然ではなく必然?



なんか今日はhappyな日でしたよ。

【2010/09/23 01:20】 | 雑文[暮らし編] | コメント(0) | page top↑| 編集
図書館からの催促!
あちゃぁー、やっちゃった?

留守にする前に全部返却したつもりでいた図書館の本。
時間がなくて「夜間返却窓口?」から投げ入れて・・・。気がつけば返し忘れがまだあり、もう一回行って投げ入れ。
それが2月中旬。

久しぶりに戻ってみたら、督促状?

えーーーーーっ!

疲れてるのに気が気でないのでなんとなくありそうなところを探してみる。

ない!

返したはずだけどなぁ。。
でもあの前後に bookoff に本を売ぱらったし。。。って、えーーーっ。どうしよう。

そんなあるはずもない妄想に取り付かれて一夜あけ、電話をかけて調べてもらったら、なんと言うことはない、向こう様の手違いだったのあーる。

ったく!

ちなみに問題になった本が洋書の「Moominvalley in Novenber] だったけれど・・・、あれは結局読まずに返したんだったわ。
でももう一度けちがついたので、借りるのはやめようっと。

【2010/04/09 20:56】 | 雑文[暮らし編] | コメント(0) | page top↑| 編集
わっ!
【2009/09/23 03:24】 | 雑文[暮らし編] | コメント(0) | page top↑| 編集
They are so adorable!


子供でも聞き取れるのだから・・・あたいだって・・・聞けるはず


【2009/09/17 20:16】 | 雑文[暮らし編] | コメント(0) | page top↑| 編集
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。