スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
THE TANGLED WEB 読了
今年1冊目の読了本。

The Tangled Web: A Julie Mystery (American Girl Mysteries)The Tangled Web: A Julie Mystery (American Girl Mysteries)
(2009/04)
Kathryn Reiss

商品詳細を見る



前回に読んだジュニア小説で、主人公と設定同じです。
バックグラウンドを知っていて読んだせいなのか、スルスルと読めて、あっという間に終わってしまいました。
理解度もまぁまぁ良かったので、読書に集中して楽しむことが出来ました。

■あらすじ

主人公Julieは姉のTracy, 母親のMrs.Albrightと3人であまり広くはないアパートメントに暮らしている。
父親は離婚してJulie達が依然住んでいた大きな家に一人で住んでいる。
今回のお話は、Julieのクラスに女の子の転校生Carlaが入ってきて物語は始まる。CarlaとJulieはすぐに仲良くなり色々話すうちにCarlaの暮らしぶりにあこがれた主人公JuleiがCarlaのことをもっと知りたいと積極的になっていくうちに不思議なことが起こり、Carlaへの不信感が物語を進めていく。

それと同時進行で、Julieの家でのサンクスギビングデーパーティーにベトナム戦争で傷ついた人たちを招待するということに伴うできごとも進んでいく。

前回同様、末尾に少しだけベトナム戦争について触れている。


■感想
読んでいて、ちょっと違和感を感じたのが、秘密を抱えているらしく、真相に触れて欲しくなさそうなCarlaに何の気配りもなく(空気を読まず?)どんどん自分の要求を話すこと。遠まわしに断っているように見えるのだが、それを気にとめてない主人公。だからどんどん不信感を感じていくのだが。
お互いに傷つくところまで踏み込むのは国民性?そういう風に書かないと物語りがすすまないと言うことなのか?
とことんまで行くから、真の友情を得られるというのも解るが。

これを深い人間関係のつながりというのかな。

語数20,000語 累計673,871語

スポンサーサイト
【2011/01/07 21:49】 | 英語de読書 | コメント(0) | page top↑| 編集
多読王国入国
本日、多読王国の住人になりました!!!

多読王国は1,000時間クエストでお世話になっているranさんが提供してくださってる「タドキストの為の読書管理コミュニティ」です。

今年の年頭に2010年の抱負を読み返し、その当時がんばっていた多読をまた復活させたいと思って入国しました。100万語という始めのゴールも視野に入ってきたというのも大きなモチベイションになったのかな。
それと今読んでいるジュニア小説がほんとにスラスラ読めるようになって来ていたので、読書じたいも楽しくなってきました。

去年の私に負けていない自分を発見するのは快感です!
今年は新しいブッククラブにも挑戦します。ライバルは「去年の自分」、彼女が出来なかったことを「今年の私」は出来るようになることをめざします!

2011年1月4日現在 読了語数653,871語 目標:2011年中に100万語通過

多読中の方、これから始められる方、一緒に情報交換して、楽しみましょう♪
【2011/01/04 14:38】 | 英語de読書 | コメント(7) | page top↑| 編集
多読ノート2011年
過去の多読ノートはコチラ
今までの累計:65万3871語
2010年の年頭に沢山の本を読んでいたのを、昨日古い日記を見直していたら思い出した。
今年もやっぱり多読を細々とでも続けたいので、また記録して行きます。
少しでも自分のモチベーションの支えになれば嬉しい。100万語という最初のゴールも見えてきたので、今年は3万語ぐらいの本を12冊ほど読んで、100万語を達成します!


記録フォーム
vol.:
    題名:
    作者:
    種類:
 月日(始):
 月日(終):

   単語数:
 単語数累計:

【2011/01/01 01:06】 | 英語de読書 | コメント(0) | page top↑| 編集
THE PUZZLE OF THE PAPER DAUGHTER読了
久しぶりに英語本を一生懸命読みました。

旅行前後からまったく勉強チックな気分にならず、せめて英語にだけは触れようと思って、ポツポツ読んでいたこの本だったけれど、173ページのうちの残り3分の1から題名のとおりPAZZLEを解くようなストーリーになって、昨夜一気に読んでしまった!

どんな本でもこのぐらいのペースで楽しんで集中できれば、読書の醍醐味を味わえるのになぁ~。

今回の本は夏のミシガン旅行で買い求めたジュニア小説だから比較的読みやすかったと言うのもあるけれどね。

The Puzzle of the Paper Daughter: A Julie Mystery (American Girl Mysteries)The Puzzle of the Paper Daughter: A Julie Mystery (American Girl Mysteries)
(2010/03)
Kathryn Reiss

商品詳細を見る


■あらすじ
主人公はJulie. 両親は離婚していて、母親と姉のTracyとアパートメントに暮らしている。母親はそのビルの1階にに古着屋のお店を経営。お店はクールな洋服とアクセサリーであふれていて、Julieはそれを誇りに思っている。
ある日Jyulieは古着が詰まったチャイナタウンからきたパックの中から、赤いキルティングのジャケットを抜き出して、点検していた。その時に中国語で書かれた小さなメモを見つけたことから話は始まる。

その紙片は、coaching note であった。1919年頃、China からのimmigrant はAngel Island に到着してから、入国のためのインタビューを受けなければならなかった。当時親が先に移住してから子供をよび寄せるケースもおおかった。しかし、それ以外に孤児を自分の子供として呼び寄せることもあった。
それは違法であったため、インタビューでは親の答えと子供の答えが逐一一致していなければならず、あったこともない親になる人の特徴やら、住んでいたところの描写を書いたメモがcoaching note だった。
インタビューで失敗すればChinaに送り返されるので、必死に覚えるしかない。

ストーリーではそのcoaching noteに書かれていた奇妙な文章からの謎解きやら、少女たちの身の回りに起こる不穏なムードなど、人形が消えたり、怪しい人が付けねらわれたり、ちょっとだけスリリングな味も加えてある。最後に全ての謎が解かされて行く。



■感想:
読みすすんでみれば、移民の実態なども登場人物が語ることで知ることができます。
子供向けの良い本の手本のような本でしょうか。楽しみながら、知識を得ることが出来ます。
末巻に移民の史実の解説を写真入りで乗せているのも好感がもてました。

本編の中では、Julieが最初に不平を言っていたことを、色々と経験するうちにその不満を自分なりに消化していく気持ちも綴られていて、ほのぼのします。物事をポジティヴに捉えることができれば、自分の感情をコントロールできるとこの本から学べそうです。(実際子供はそう思って読むかは不明ですが、、、)


アメリカでの価格が$6.96、価格から判断しても総体的に良くできた本だと思いました。
同じシリーズをもう一冊買ったので、読むのが楽しみです。
ミシガンの図書館には、このぐらいのボリュームと装丁のジュニア本が沢山あって、あれを全部読める機会があったらなぁ~と思ったものです。
その図書館からは4冊ほど借り出しをしたのですが、結局ミシガン旅行中は1冊も読了できませんでした(泣)
ベッドに入ったとたんに寝てしまう毎日でしたんで、しょうがないといえばしょうがない。


2011年1月1日追記:
語数32,000語 累計語数:653,871語







【2010/12/30 23:17】 | 英語de読書 | コメント(0) | page top↑| 編集
Clear Your Clutter with FENG SHUI
BAGUA

今週から読み始めたこの本は以前にブロ友(勝手にそう思ってる?)のhayuruさんに教えてもらって、すぐに購入して、読む機会をまっていた本です。
楽しみにしていたので、やっと読める~と喜んで読んでいます。


今日からPART2の実践編を読み始めましたが、ここはせっかくなのでじっくりと読んでいます。
思えば、英語のハウツー本をしっかり読んだことってないかも。
料理の本とかは別にして。
実行出来る状態まで理解度を深めたいです。
今ちょっと???の部分があるので。

読み終わって実践したら、何かいいことあるかしら?

Clear Your Clutter with Feng Shui (More Crystals and New Age)Clear Your Clutter with Feng Shui (More Crystals and New Age)
(1999/05/04)
Karen Kingston

商品詳細を見る


ちょっとミーハーだけれど、表紙がかわいいので読むモチベーションも上がりますよ。
ジャケ買いって言葉あったけれどね・・・

2010年4月11日読み始める。
【2010/04/15 23:36】 | 英語de読書 | コメント(3) | page top↑| 編集
多読ノートをつける事にした
多読の記録を読んだ時にバラバラと書いて来たけれど、一覧にしてみたみたいと思い記事をフォーム化して一覧表にした。
時間の経過道理に眺めていたら、累計の間違いがあった!
どうしてあんな間違いをしたのか不明だけれど、急に5万語ぐらい増えた。あはは。
今日の努力は無駄ではなかった!

多読ノート
【2010/04/11 01:51】 | 英語de読書 | コメント(2) | page top↑| 編集
Totto-Chan 読了♪
多読の一環と読んでいたTotto-Chan ですが、ブッククラブの題材の本にもなっているので、ザ~と読んだところをまた精読したり、音読したりで、何回も同じところを繰り返し読んでいるのですが、それでも最後まで読んでしまったので一応多読のカウントだけしておきます。

窓際のトットちゃん―Totto‐chan 【講談社英語文庫】窓際のトットちゃん―Totto‐chan 【講談社英語文庫】
(1984/04)
黒柳 徹子

商品詳細を見る
講談社の英語本は末尾に単語の説明があるので学習用には使い勝手がよいです。


2010年3月中旬頃~4月9日 単語数:50,158語 累計:576,222語

今回の本読みはじめを記録していなかったので不明。
3月はじめに読み始めた↓は最初の数ページでストップしています。>_< 痛っ!
The Good GuyThe Good Guy
(2007/05/29)
Dean Koontz

商品詳細を見る



【2010/04/11 00:03】 | 英語de読書 | コメント(0) | page top↑| 編集
The Good Guy


2010/3/3 より読み始める ちょっと手強い。 でもがんばる。
The Good GuyThe Good Guy
(2007/05/29)
Dean Koontz

商品詳細を見る
【2010/03/06 00:42】 | 英語de読書 | コメント(0) | page top↑| 編集
THE TOMBS OF ATUAN 読了
The Tombs of Atuan (Puffin Books)The Tombs of Atuan (Puffin Books)
(1974/01)
Ursula Le Guin

商品詳細を見る
ファンタジー小説。



Text Stats

2010年2月9日~27日 語彙数:46,489語 累計:526,064語



正直に言って、この本はきつかった。
前半はまったく状況がつかめず、頭の中???状態。
なんとなくわかってきても、読み込めてないのでつまらない。
面白くなりそうな予感はすれども・・・難しい。
中盤ごろにはほとんどページが動かず、でも話が展開するかもしれないと辛抱して読む。
後半にGedが現れてから、会話文が出てくるせいもあって読みやすくなる。
そこまでにくるのに2週間かかった。
その後一気に話に引きずり込まれ、残り半分はあっという間でした。

今回学んだことは、ファンタジーはちょっと読みにくいということ。
見たこともない、名詞、形容詞、副詞のオンパレード。
形容詞、副詞をスルーすると、ファンタジーの醍醐味が味わえないし、一々調べてると進まない。
シリーズ物を読み込めば読みやすくなるのかも知れないけれど、しばらくはいいわ。

次の楽しみのトットちゃんがあるから。

【2010/03/01 03:05】 | 英語de読書 | コメント(0) | page top↑| 編集
THE TOMBS OF ATUAN
The Tombs of Atuan (Puffin Books)The Tombs of Atuan (Puffin Books)
(1974/01)
Ursula Le Guin

商品詳細を見る
ファンタジー小説。



何も考えないで借りてきたこの本、実はかなり凄い本。

日本を代表するスタジオジブリの作品「ゲド戦記」の元になった本。
それまでのファンタジー小説の概念を覆したとある。
そんな奥深い内容を理解できるのか、自分。

読み始めているけれど、まだ状況設定を理解するのにいっぱいいっぱいです。
後半にペースが上がるのを期待して、読み込みます。

【2010/02/11 23:20】 | 英語de読書 | コメント(0) | page top↑| 編集
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。