スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
The Sticker Song
スポンサーサイト
【2009/11/28 22:08】 | 英語の歌・歌詞 | コメント(0) | page top↑| 編集
You raise me up


When I am down, and, oh, my soul, so weary
When troubles come, and my heart burdened be
Then, I am still and wait here in the silence
Until you come and sit awhile with me


You raise me up, so I can stand on mountains
You raise me up to walk on stormy seas
I am strong when I am on your shoulders
You raise me up to more than I can be

There is no life, no life without its hunger
Each restless heart beats so imperfectly
But then you come, and I am filled with wonder
Sometimes I think I glimpse eternity

You raise me up to more than I can be



たぶん、多くの日本人には「神 you」はいないかもしれないけれど・・・
私にとってのYOUは誰だろう・・・

【2008/10/12 18:17】 | 英語の歌・歌詞 | コメント(4) | page top↑| 編集
またまた英語の唄 THE ROSE
春だから~~~ 唄いたいきぶん~~ 

実は私の青春に「ジャニス・ジョップリン」というものすごい歌手がいたんよ。
伝説の歌手です。

薬で(たぶん)27歳の若さでなくなっています。

その彼女を描いた映画が「The Rose」で、ジャニスをベッド・ミドラーが熱演しています。
素晴らしい!
それのテーマソングが「The Rose」です。

今日はずっとそれを聞いて、ついでに歌っていました。


この曲なんだか最近聞いた事あるなと思っていたら結構色々な映画に使われているんですね。

でも何が嬉しいって、歌詞の意味が解る事が嬉しい。

この曲も、歌詞がすばらしい。

【2008/03/21 05:52】 | 英語の歌・歌詞 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑| 編集
英語の歌を歌う其の1
今回は歌詞に感動したとかの話題じゃなくて、あくまでも「発音とリズム」の練習ということで。

実はこれから紹介する曲は英語を習い始めた時の「アメリカ帰りの友人」である初代の先生ご推薦の曲でした。

「これのリズム感、英語の発音に凄くいいからまねして練習してみて!」とのこtだったのですが、いかんせん当時の私にはむつかしすぎましたねぇ。

子音を母音と混ぜた音で発音してる状態では、どうやったって、唄えないってのっ!

それであっというまにそれは挫折して、昨日まですっかり忘ていました。
そして昨夜なのですが、つい最近かけ流しにしている AFN でこの曲がかかり、「おぉーー!」なんといい曲!と感動。
早速その友人に題名を聞いて、返事を貰って直ぐに検索。

それがコレ↓(今は歌詞つきってのもあるのね)


歌詞も 小洒落 ているよね?

あとはここのサイトは押さえておきたいね♪
洋楽歌詞検索のTube365


今日はもう一発!
私が元気が出る曲
カラオケバージョンで、周りの迷惑顧みず。。。ガンガン行こう!



Tom's Diner

I am sitting
In the morning
At the diner
On the corner

I am waiting
At the counter
For the man
To pour the coffee

And he fills it
Only halfway
And before
I even argue

He is looking
Out the window
At somebody
Coming in

"It is always
Nice to see you"
Says the man
Behind the counter

To the woman
Who has come in
She is shaking
Her umbrella

And I look
The other way
As they are kissing
Their hellos

I'm pretending
Not to see them
Instead
I pour the milk

I open
Up the paper
There's a story
Of an actor

Who had died
While he was drinking
It was no one
I had heard of

And I'm turning
To the horoscope
And looking
For the funnies

When I'm feeling
Someone watching me
And so
I raise my head

There's a woman
On the outside
Looking inside
Does she see me?

No she does not
Really see me
Cause she sees
Her own reflection

And I'm trying
Not to notice
That she's hitching
Up her skirt

And while she's
Straightening her stockings
Her hair
Has gotten wet

Oh, this rain
It will continue
Through the morning
As I'm listening

To the bells
Of the cathedral
I am thinking
Of your voice...

And of the midnight picnic
Once upon a time
Before the rain began...

And I finish up my coffee
And it's time to catch the train

【2008/03/19 04:19】 | 英語の歌・歌詞 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑| 編集
DO THEY KNOW IT'S CHRISTMAS TIME?
昨日「I Am a Thousand Winds」の事を書いたのだが、その話は実は私の初代の英語の先生である友人に持ちかけた話題だったのだが、私の友人はどういうわけか「Joy to the World」の方がいたく気になるらしく歌詞を見ながら小さな声で歌っていたのだが、「あぁ~ん、歌詞とメロディーの関係がわからない~」と言っていたので、当然 you tube で検索。
その結果、たくさんの歌手の"Joy to the World"を聞きました。
それはそれで良かったのですが、クリスマスソング聞きついでに懐かしのBAND AIDも聞いてしまいました。

随分と前の事なのですね。
参加している歌手一様にお若いです♪
私が洋楽(!)をよく聞いていた頃にカブっているので出演者はほとんど知っているので、イヤァ~懐かしいです。

それでどうしてこの話を持ち出したかというと、実はこの映像で歌を聴きながらボロボロ泣いていたのです。
コメント読んでいただくと解ると思うのですが、昨日今日のHiroさんとのコメントで、私が衝撃的な写真に弱いとのやり取りがありますが、そうなんです、こんな映像にひどく弱いのです。

しかし、私は小さい時や、若いときは、自分の母親が悲しい話で泣いている事がまったく理解できませんでした。

それが、最近ちょっとした事で、ボロボロ泣いてます。
思うに、このような心をグワッとわしづかみにするような体験が長く生きてると少しずつ澱のように溜まってきて、何かの弾みにフッと蘇ってきて、心が共鳴して泣けるのだと思います。

だからね、年寄りが涙もろいと言うのは本当です!(笑)

↓コイツに泣かされました



それにしても、Hiroさんのブログを読んでいると、英語がものすごく勉強になるのはもちろんだけれど、考えさせられることも多いですね。

私が17歳の時こんなこと考えていたかしら?(忘却・・・)
*
【2007/12/28 02:43】 | 英語の歌・歌詞 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑| 編集
'Short Shorts' を聞いて、、、
実は私、2ヶ月ぐらい前から「カーブス」という女性専用フィットネスクラブに通っている。

そこでは営業時間中ズッと、ノリノリの音楽を掛けているのだけれど、昨日行ったときに「タモリ倶楽部のテーマ曲」がかかった。

大体皆さん曲の題名より「タモリ~~」と言ったほうが通じる。

「これかかると皆さん、お尻ふり振りするのよね~」なんて話していたのだけれど、英語を学習している私としては、この単純なフレーズの繰りかえしを何とか理解したいとその時思った。う、けなげ。

私が最後だったので、サポートしてくれるスタッフの一人に聞いてみた。彼女も英語を勉強しているのだよん。

「なんて言っているかわかる?」
「なんか、ショット、ショットって言ってるような???」
そんなことを言いながら、マシーンをガシガシやっていた。

で2人で結論を出したのだけれど、どうにも気になって自分でアチコチ調べてみた。


オーーーーノォーーーー!!

まったくちがうやん! (赤面)

どうぞコチラから聞いてみてくださ~い。

YouTube開きます~

'Short Shorts'


時代なのよねぇ~、たぶん。
時代差があるのだわ~~。ふぅ~~


答えは:↓


Ooh man, dig that crazy chick.

ウ~、あんた理解できるの?あのいかれた娘。(魅力的な子と受け取るべきなのか・・・)

Who wears short shorts.

We wear short shorts.

They're such short shorts.

We like short shorts.

Who wears short shorts.

We wear short shorts.
【2007/09/08 05:26】 | 英語の歌・歌詞 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑| 編集
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。