スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
英語文の要約をしてみる学習
まだまだ始めたばかりですが、なかなか負荷のかかる学習方法で気にいっています。
とても大変ですが。。。

今までもNEWSなどLingQに取り込んで精読したり、気になった文をざっと読んだりしてきましたが、内容を解読することばかりに神経を集中していたことに気が付きました。
もっと記事の内容の要約を的確に伝えたいと思い、読んだ内容を日本語で書きだそうとしたのですが・・・
これが予想に反して、全くといっていいほど出来ずに驚きました。
解ったと思っていた文章を、いざまとめようとすると、全然形の整った文章にならないのです。
肝心の内容がまったくない感想文になってしまい、要約とは呼べないしろものになってしまいます。

これで今回わかったことは、読んでいるようで読んでいないということ。雰囲気だけをつかんでいるということでしょうか。
これでは、後で内容を聞かれても言えない原因が分かりました。
単に英語が話せないと言うことではなく、内容をつかんでいなかったんです。

それで、日本語のサマリーを書く練習を始めたところ、内容のある要約を書くために何回も何回も英文を読み込むことになり、これが良い勉強になります。日本語ですから、英文を組み立てるのを優先した文章を書かなくてもいいのでとにかく内容をぎゅっと押し込んだ文を書けます。しかし、そのような文を書くには、しっかりと読み込まないと前後の文が繋がらなくなります。この練習は英語だけでなく、日本語の文章を書くにもよい結果をもたらしそうです。

今まで読んでいた量を減らしてでも、地道に続けてみようとおもいます。
スポンサーサイト
【2011/10/05 23:37】 | 学習法 | コメント(0) | page top↑| 編集
秀悦なオンライン学習サイト
今日は新しく始めたオンライン自己学習のことをメモ的に。

以下のサイトはこちらの100 WISH LIST さん で紹介されていたサイトです。
ありがとうございます♪


さて、英語学習を始めたばかりの頃〈2003年夏~)は、英語学習はネットの学習サイトを良く使っていました。
理由は無料で使えるから!

学習を始めたばかりの頃は世間でよく言われてる「学習本」を全く持っていなかったのです。
本を使って学習する体質にまだなっていなくて、ネットでゲーム的に勉強しているのが主な学習でした。

今思えば、そんなチャラチャラしたやり方が今の英語学習楽しい~、あるいは癖になってしまったーーー♪状態を作ってくれたのだから、悪いことではなかったと思うのですが。
いかんせん、英語をマスターするには能率は非常に悪るかったです。

まぁ~人生において無駄なことは何一つないので、私のこのブラブラと英語をおもちゃにしていた時代があったので今の英語漬けの私があると思っています。(←そんな偉いもんじゃないが・・・)

初歩の初歩、そんな段階で挫折しないでやっていくには、モチベーションを維持してくれる優秀なコーチと楽しめる環境がまず第一かなと。言語習得の長い道のりを考えれば、どう学ぶかなんてあんまり関係ないと思う。どう続けるのか?それが一番大事なことじゃぁないのだろうか。

どう学ぶかはその後の話。

私のように初歩の初歩から始めたものにとっては、何がなんだかわからなくても、とにかく楽しいよ~というのがとても重要だったのね、と今になって思います。
その楽しい気持ちを支えてくれたのがインターネットでした。

その頃は海のものとも山のものとも解らないことにお金を使うのも嫌だったのが一番の理由ではあるけれども、若かりし頃に3日ほどですぐに挫折した楽しめるような要素がなにひとつなかったような学習はしたくなかったのであります。

テキストとテープで毎日コツコツなんて、もう絶対に退屈でできませんでした。

でもインターネットはそれを変えてくれたと思います。

こうやって私の英語学習が毎日の日課になったのは、とにかくインターネットを利用して世界のあらゆる情報にあっという間にアクセスできるという楽しみを知ったからに他ならないのですね。インターネットは英語学習を「学習」という局面から英語に触れるというスタンスに変えてくれたのです。

その後しばらくしてから、あちこちで仕入れたバラバラな知識をまとめるために「文法書」やらTOEIC本などを利用し始めましたが、必要とはわかっていても、さらに学習体質も出来上がっていたにも関わらす、まったくもって退屈でしたね~(爆)
自分ひとりでそのような学習を続けるには限界と無駄があるなぁと気づき始めていました。

その空白を埋めるべく今の学校に行ってるのですが、ものすごい勢いでいろいろな事が繋がりだしています。
そして思ったのは、やっぱりいままでやってきたことに無駄なことはないなぁと。


前置きだけで話が終わりそうだけれど(爆)結局何がいいたいかというと、今日やったこちらのサイトの学習方法が凄くよかったのでそれを記録しておこうと。100 free short English stories for ESL learners

星の数ほどある学習サイトを、今必要としてる事に合わせて、上手に利用するのはとても懸命ではないでしょうか。

まぁ、ご存知の通り、飽きやすい性格なのでいつまで続くかは解りませんが、このサイトのエクササイズのopenquesitionが秀悦かと、私的に思ったので、それをメモしておきます。

このどうやって答えたらいいの?みたいな質問の答えを参考にしていくと、答え方の方向性が見えてきました。
それに加えて、一番の収穫だったのが、模範解答を見たときに、質問の意味を取り違えていることに気がつくこと10問中3つもあり、自分の弱点を再認識しました。
とてもよいエクササイズだと非常感銘しました。
これは先生はそばにいないけれど、考えるという方面からみればネイティヴクラスを受けてるのと変わりません。
実際に今受けてる授業ととてもよく似ています。

なので、この練習はできるかぎりコンスタントに続けていきます。毎日1個やっても100日かかりますねぇ。今年はあと200日以上あるので、年内に終わる事を目標とします。

Happy Studying♪
【2011/05/26 16:00】 | 学習法 | コメント(0) | page top↑| 編集
英語日記 アナログ的に
良く見たら1ヶ月以上更新していないではありませんか!

月日の経つのは本当に早い。
相変わらず、ずるずるな学習なので、書くことが憚れる。(漢字難しくね?)

夏休みの勉強計画はほとんど挫折しました。

以上。(← いいのか、おいっ!)

じゃあ何をしていたのかと聞かれると、「ウッ!」と詰まるのだけれど、まぁ~ものすごくあいまいに表現すれば「将来のこと」を考えていたと・・・。ははは。
いや、こんな私でも考えることは結構あるのですよ。

考えもまとまったところで、9月からまたガッツりとやっています。
そのことに関してはもう少ししてから書きます。

先日「英語日記」に関してあるブログの記事を読んで、おおーいいな!と思ったので、ちょっとアイディア拝借しました。
englishdiary.jpg

見開き1ページが同日の1年分です。
簡単に言えば、1ページに12マス作り、それに今日のように9月の4日なら、4日のページの9月の場所に書き込みます。
これを英語日記にしてみました。
来月の4日にまたこのページに戻ってくるので、今日の英文を読み返す楽しみもあります。
限られたスペースに書けるのは大体50words~60wordsぐらいです。苦にならない量ですから、勉強した構文などを入れ込んで1トピックを書いておしまいです。
自分しか読まない英文なので辞書も使わず、ホントに簡単な英文で書いてます。
1年つけるのだから立派なノートにしても良かったのだけれど、形に懲りすぎると続かないというジンクスがあるので、ごくごく普通のノートに線を引いて使うことにしました。気負いもなく気軽につけることにします。

このノートの使い方は他にも色々使えそうですね。
普通の日記は8年日記を使っているのですが、それだと同じ日に戻ってくるのは1年後なのですが、上記のタイプだと1ヵ月後に戻ってくるので、読み返しもちょっと忘れた頃に見直すことになるし、1ヶ月というスパンは長くも短くもなく、何かの計画や記録を書き込んだりするには、丁度良いような気がします。

学習内容の記録もこの形で書いてみようかしら?







【2010/09/05 00:25】 | 学習法 | コメント(4) | page top↑| 編集
単語の復習とLingQ
LingQを使い始めて1ヶ月以上経ちました。

まだまだ上手く使い切れていないと感じてます。
それでも自分なりに工夫して続けています。
特についついwebの記事を読んだり聞いたりした時は、スクリプトをコピーしてインポートして読み直したり、音源をDLして数字化するようにしています。

なので、聞いたり読んだりはまぁ~うまく行ってると思うのですが、単語の復習があまりよくできません。
フラッシュカードで復習するのがベストですが、これがマウスでクリックしながらなので、ついつい手がふさがってる時は後回し。
紙の単語帳とかなら食事をしながらでもできるのに・・・と思ってしまいます。
あのフラッシュカードに自動スクロールとか自動読み上げが付いていたら最高だなと思ってしまいます。

それで今日ちょっと試してみたのが、毎日メールで送られてくる保存した単語のリストを使ってみるということでした。
このリストは英単語と日本語がシンプルに並んでるだけですが、自分が読んだ記事から抜き出した単語なので日本語訳を見てるだけでどんなきじだったか思い出すきっかけになります。
所が眺めていても新規の単語は音声が分からないのも多く(発音記号がついていない)読み返していてもどこか不十分にかんじていました。
それでふと思いついて テキスト読み上げソフトにコピーして読み上げてもらいました。
はじめは日本語も一緒のリストそのままをペーストしたらちょっと具合悪いので、一手間ですけれど日本語の部分だけ一行づつ削除しました。
それを読み上げさせたら、行間が開いてるせいもあっていい具合に単語を読み上げてくれます。

そのソフトは読み上げスピードを自在に変えれるので、ゆっくり目の音声でシャドーイングをしたり、早聞きで目は日本語訳を追いかけたり、英語を聞きながら日本語訳を声に出したりしました。
使ってるのはソフトで再現してる音声と、メールできたリストだけなのですが、非常に使い勝手がよく、色々なパターンで、スピーディーな練習ができました。
特に英語を聞きながら目は日本語を追う、あるいは日本語を声に出すというのは脳にダイレクトにイメージと英語の音が一緒になって刷り込まれる感覚がしました。

この方法でしばらく練習してみようと思います。

私が使っている無料ソフトは read please ってやつでして、そのまんまやん!っていうネーミング。
結構使えますよ。
【2010/05/06 03:08】 | 学習法 | コメント(2) | page top↑| 編集
人は教えることによってもっともよく学ぶ

学んだことをアウトプットする

人に教える ブログに書く




その日に学習した単語や文法、構文、熟語、エトセトラ、、、
いままで、それらを使うように英語ブログを書いたりしてきたが、あながち無駄ではなかったようだ。

ただ足りなかったのは、その復習(ふたたび出会う体験)を1週間以内にしなかったことだ。
これは、納得。
というのも、新しく覚えた単語などを別の場所で出会うと「aha体験」のせいで深く印象に残ったという経験が何度もあるから。
小説を読んでると同じ単語が何回もでてきて、後半にその単語がでてくるころにはすっかり覚えてると言う経験もしかり。

で、結論なのだが、
➀その日に覚えたことを元にして何か文章を書く。(英借文もあり)
寝る前にベッドの中で、その日の日記の内容を思い出してみる。意外と思い出せないと言う事実あり単語や構文、センテンスなどなんでも具体的に)
➂一週間以内に同じことを復習する(何かPCにリマインダー装置があるといいのだが・・・)

➂に関しては何か有効な方法を見つけたい。とりあえずは復習予定日を書いた付箋??
私的には、➁の方法が簡単でしかもポイント高し。これは絶対に実行します!

【2010/02/28 14:11】 | 学習法 | コメント(2) | page top↑| 編集
浅書、深書、浅瞥、深瞥、
最近つらつらと思うのだけれど、、、

多読と精読という勉強方法があるわけだけれど、これはリーディングに関しての方法論。
多聴、精聴と言う言葉もある。

だったら、多書(たしょ)とかあるのかなぁ~と思ったけれど、それは聞いた事が無い。
しかし、最近のtwitterに英語でつぶやく風潮なるものは、とりあえずガンガン書きましょう~という理論なのだから多書なんだろうとおもう。
そしてエッセイとか日記とか推敲しながら、言葉と文法を吟味しながら書くのは精書?
学習の上での方法論としては両方とも有意義だ。
だから折角なので自分の為に分かりやすい言葉にしてみた。

浅書(あさがき)
深書(ふかがき)

浅瞥(あさべつ)
深瞥(ふかべつ)

瞥というのは、一瞥とかのべつだけれど、見ると言う意味を込めて名づけました。
これは今考えてる「単語を連想して覚える」方法に浅いと深いを組み合わせようと思っています。

具体的にどういうこと?
浅書は先に書いたように知ってる言葉や文法だけで、思いつくままに書きつけること。とにかく出来る限り何でも英文で書いてみる。特に書いたものを見直す程度にして、直したりはしない。
その反対に深書は納得行くまで時間をかけて書く。
使う単語も吟味して、単語のニュアンスまで理解して書く。ロジックや構成にも注意を払う。
書くということでもまったく違う事を学習するわけ。

次に見る方だが、これは初めて知って、覚えたいと思った単語を意味からイメージして、何かビジュアル化してみる。

imagecards.jpg


例がちょっとあれなんですが・・・、こんな風に画像に覚えにくい単語を書きます。
①単語の和訳をサッと調べる(目次を見る感じ)
②意味が理解できたら、英文の定義を読んで理解する
③英文で理解した意味で例文を作るような気持ちでイメージを作る
④イメージにあった画像をプリントしてそこに単語を書く
⑤何回も見直して、イメージと画像をリンクさせる

①~④の段階が「深瞥」で深く考えて、しっかり見る
⑤が浅瞥で、チラチラと何回も見る

見本のカードは一般的に分かりやすいように作ってみたが、自分用に作る時は連鎖反応が自分仕様であるのがキモです。

そう、disorder と聴いたら、めまい を連鎖してしまう私とか。。ひとそれぞれね。あ、机とか。やば、私生活がバレバレだ。

そうそう、#nazoglish というのも考えてみたり~

いや、そんなことより勉強しようぜ。

【2010/02/17 00:55】 | 学習法 | コメント(0) | page top↑| 編集
ウォーキングとリスニング

体脂肪を燃やすには

20分ほどの軽い筋トレの後に

30分ほどのウォーキングをすると良い



と言う記事を読んだ。
そうだカーヴスで筋トレをした後に歩こう♪

ここまでは簡単に思いついたのだが・・・
なかなか実行に移せなかった

しかし、昨夜 「絶対明日実行する!」と心に決めて寝ました
そうしたら今朝は起きてからサクサクとカーヴスに行く事が出来尚且つウォーキングもできました

いままでウォーキングの動機付けがいまいち弱かったのですが、ウォーキング中のリスニング、目的地へ着いてからの英語本の読書を計画に入れたらすんなりと実行できました。
冬場の日中は歩くのにも快適です


これで自宅にいるとどうしても確保できなかったリスニングと読書の時間を生活の中に組み込めるかもしれないです。
まだ試運転ですが、一石五鳥ぐらいのメリットがあるので是非続けてみます。


ちなみに今日は往路で45分 約5400歩 ほど歩きました。
よってリスニング時間も45分(以上)
読書は適当な店が見つからず10分ほどでした
読書の出来る店を見つけるのが今後の課題です


 「やればできる!」 

今年はこの気持ちを忘れずに行きます♪
【2010/01/09 20:29】 | 学習法 | コメント(4) | page top↑| 編集
グルグルまわしの文法学習

文法本は読む!

ノートに書いたりとか、のろのろ進めず、小説を読むようにサクサク読む!

同じ本でそれを何回も繰り返す!



以上のような勉強方法はやったことがない。
でもやってみる価値はあると気づいた。ブロ友の記事で。

grammarbook.jpg


そう、このしばらく前にやっていた文法問題集をまたひっぱりだしてみた。
前にやったときの印も愛着を呼ぶよ。

「やればできる」

うん、今から30分だけやろう!

twitter に宣言するなり~




追記:
30分やってみて、ちょっと気がついた。
問題集をやる前に文法書で基礎固めをした方がよくない?
問題集まったくすすまず。。
30分で、2,3ページだった。とほほ。


それで宝の持ち腐れだったこれに↓方向転換します。
これをとりあえず読みまくります!

総合英語Forest 6th edition総合英語Forest 6th edition
(2009/12/04)
石黒 昭博

商品詳細を見る


私のは古いバージョン♪

明日から読むぞ!

【2010/01/08 23:07】 | 学習法 | コメント(2) | page top↑| 編集
VOAを使い倒す
最近の学習方法として少しいい感じでやれているのが、お気に入りの記事を一つ選んで「使い倒す」というやり方。

特に使いやすいのが、V.O.A の15分ぐらいの記事である。

これをまずは、そのまま簡単なメモを取りながら理解を最優先で聞く。
もう一回、理解を確認しながら聞く。

これで大体ストーリーの内容が把握できていたら、テキストを見ながら音読します。
聞いた音が頭の中に残っているのを意識しながら、テキストから意味をとることを優先して、音読します。
だいたいスラスラと読んでも意味が取れるようになるまで5回ほど音読します。

最後にテキストを読解というか、あやふやなところを辞書で確認します。

単語と構文はそんなには難しくないので、とりあえずさっと聞いて、あるいは読んで、意味をつかめるか、ということを最優先にした学習です。
読んでいて意味のあいまいな単語などを前後の関係から何となく理解して読みます。
読んでるうちにだいたい塊で意味を理解出来ますので、そのあと辞書でしっかり間違いがないかを確認します。
この方法だと、和訳も理解を助けますが、英英辞書の方がしっくりくることもあります。
自分の中に沸いてきた単語に対するイメージが和訳ではしっくり来ない時もあるからです。

その後「聞々ハヤエモン」で速度を上げてきいて理解できれば、おしまい。

だいたいこれで2時間ぐらいかかります。

ただ仕上げのリスニングなどは、食事をしながらとかながら聴きをしています。
それで理解できれば益々うれしいので。

しばらくは1日1記事消化をめざしてつづけてみます。




【2009/11/22 20:20】 | 学習法 | コメント(0) | page top↑| 編集
MASTER2 始まりました~~
先日受けたセミナーはこれから始まる「遠隔レッスン」なるもののprologueのようなものでした。
本命はこれから始まるレッスンです。

11月まで続きます。

その栄えある第1回目が今日届きました!

実は申し込む時に読んだ説明書の詳細をすっかり忘れていまして、1週間後にはレッスンが始まるのかと勝手に想像していた私。
月曜日から首を長くして待っていました。

ところが待ぁ~~てどぉ~~~くらせぇ~~どぉ、来ぬ人とおぉおお~~♪

の気分で、今日はさすがに「あぁ~、落ちこぼれの私には来ないのかもぉぉ しくしく」と落ち込んでいました。

でも夜遅くちゃんと届きました!

やったーーー!

もうすぐにやってみました。


すばらしぃ~~~。
ホントにすばらし~~。



私はオンラインレッスンでやはりこうやって一つ一つ説明を受けながら勉強をしていた時があったのですが、まるでその時を再現してるようです。
その時は1時間2000円のレッスンを受けていたのだから、それを考えると、、、申し訳ないぐらい価値がありますね。オンラインは1回ぽっきりしか聞けなかったけれど、こちらは好きなだけ聞けますし。
先生の問いかけに一人で突っ込んで、一人ケタケタ笑ってますし。


アホやなぁ。。

でも、これからきっと凄く難しくなると思うけれど、これなら間違いなく楽しく続けられます!

さっきまでの不安もぶっ飛んで、受講を決めてよかった大大満足の私です。

一緒に受講している皆さん、がんばりましょう~~♪
【2009/09/16 02:36】 | 学習法 | コメント(2) | page top↑| 編集
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。