スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
LingQに復活♪
LingQがクリスマスプレゼントとして、1月15日までBasic会員費1年$99に、しばらく検討していたのですが、乗っかることにしました。

去年の夏に一度会員になりしばらくはしげしげと通っていたのですが、生活パターンが変わってちょっと遠ざかっているうちに「熱」が冷めてしまいました。
その頃はリーディングをすること事態、余裕がなかったのでフリーに戻ってしまいました。
また年末から英文を読むようにしていたら、やはり大量の単語をササッと復習できる機能は利用すべきだと思い、良い機会でしたので特典を享受することにしました。

もうこれで、挫折はできないですねぇ~、お金払っちゃったから。
これって、私的にはおおきなモチベーションのひとつなわけで・・・。

要はケチということなんですけれどね(笑)

今年は「語彙」も大幅に増やしたいですね。
それも、使える単語を増やしたい!

結果として、リーディングとリスニングに貢献してくれれば、ありがたい。
もちろん、スピーキングにもね。

出戻りでも、上手く使いこなすわよ。
スポンサーサイト
【2011/01/10 21:55】 | おきにいり(web編) | コメント(0) | page top↑| 編集
音速と光速
100 WISHLIST や、THE GLAD GAME で紹介されていた Free Speed Reading Test by AceReader でスピードを計ってみました。

LEVEL 1を開くと12問課題がでました。
まずは腕試しと思い、Level1 のGeneral Story1を読んで設問に答えました。
最初はぼんやりと読んでしまったので、かなり低かったので、Story2は集中して読みました。
質問にはほぼ100パーセントで答えれるのですが、スピードが遅すぎる。
全部が大体70~80語/分

全問やってみてスピードがそれほどぶれないのは、やはりこれが実力なのですね。
このスピードで読むから当然TOEICなども時間が足りないわけです。

アドバンスのレベルの英文を200語前後で読まれてる方と比べると、音速と光速のほどの違いがあります。
別に返り読みをしているわけではなく、前から順番に意味をくみあげるような読み方をしてるわけですが、単語を見て脳内に意味が響いてくるまでに、どうも光速の1000倍ぐらい時間がかかってるんじゃなかろうか。

敢えて早くサクサクと読んでも、内容がまったく理解できないのなら意味がない。
この見覚えがある単語がどうして意味をなさないのか、あるいは英文の構造どうりに内容が把握できないのか。
音速だと空気と水の中では速さが違うんだそうだ。
水の中では5倍ぐらい早くなるんだと。
わたしの脳内も、時々はピピピッと英語の塊で意味を理解してる時もあるにはある。
が、しかーーーーし、所詮は音速でしかない訳だわね~。
1秒間に340mしかすすまないのに、光だと1.2秒で月に届いちゃう訳で・・・。

なんだかこんなに差があると次元が違いすぎて、悔しく思うことさえ出来ませんです。

ぁぃ。

努力すればいつかは音速の壁を破ることは出来るでしょう、たぶん。
だからと言って、違う次元へ行くことは可能なのでしょうかね~。
これは英語うんぬんよりも言語の理解力がちがうんじゃぁないだろうか。と。

結局はじたばたしてもトップクラスに入れるとはとうてい思えない。
と、自分で可能性を止めてしまってはいけなんだそうだ。
だけれども、だけれども、それってかなりの努力はいるよね。
小説を楽しく読めるようになるレベルまでにはなりたい。
のんびりでもいいから、楽しく読めるようになりたい。

それが私にとっては、音速の壁を破るという事になるのかなぁ。

来年の今頃またこのテストを受けた時にどう感じてるのか・・・

来年の今頃は音速の壁を破っていると自分をイメージして、来年もコツコツがんばろうと、この年の瀬に思ったのでした。




【2010/12/29 00:43】 | おきにいり(web編) | コメント(4) | page top↑| 編集
VOA Classroom
最近リスニング能力向上のためにやっている、精聴して、質問に答えるという学習法に利用できる所を発見したので、覚書程度にエントリー。

VOAは前から不定期ながら、結構利用していたサイトですが、今日tweeterのほうからちょっと飛んで行ってみたら、なにやら様変わりしていて、非常に見やすくなっていました。

そして今日利用したのが VOA Classroom

無料でここまでやってくれるんですねぇ~、さすがVOAです!

ここは他のカテゴリーと同じように音源とスクリプトで構成されてます。
しかし、特筆すべきなのは、画面右にある5つの質問が秀悦です。

今日私が利用した方法ですが、まずは音声を流して、聞き取れた事をメモのように書き取っていきます。
この書き方は、後でメモを見ながら聴いた事を再現するためのメモという心構えで行っていきますが、音源は止めずにやります。すべて書きとろうとするのは当然無理ですから、理解度をグッとあげるように集中して聞きます。
ですからディクテーションとはちょっとちがいます。
メモを見ながら話を出来るようするためのメモです。
この方法で3回ほど聴きます。(必要なら何回でも)
自分なりに大体内容が聞き取れたかなと思ったら、画面右の

1. Vocabulary Skills:
2. Main Idea:
3. Facts:
4. Listening Skills:
5. Expand Your English:

Openをクリックすると質問画面になります。

何回かやってみてわかったのですが、聞き取りが良く出来てると、質問自体はとても簡単です。
でも聞き取れなかった箇所があったりすると、この質問はちょっと考えてしまいます。
このように聴けたつもりでいても改めて質問されると、聞き取りの甘さが見えてきます。
それとなかなか良いと思ったのは、これが全部英語で進む(あたり前といえばそうですが)のが中々良いです。

質問も良く出来ていて、飽きずにできました。

問題をぜんぶ解いてから、初めてスクリプトを音源を流しながら読みました。
知ってる単語でも、ちょっとした音の変化でききとれていなかったのが分るという気づきもあり、、。
知らない単語を調べたりしました。
その後もう一度音声を聞いてみて、理解度を確認。

これだけのことをやって、ちょうど1時間ぐらいかかりました。(ちょっとかかりすぎ?)

まぁ~、最後に何回か聴いたときの理解度が嬉しいので、とてもよい学習方法だと思いました。

これに自分でサマライズしたアウトプットや、シャドーイングが出来れば、文句のないリスニング訓練になると思いました。

このぐらいの音源を初見でスッと意味が入ってくるようになれば、しめたものですよね。

ただ、まだ比較的新しい試みなのか、記事の在庫が少ないので、毎日やるというわけには行かないようです。
だから追いかけるにはちょうどいいかもしれませんね。

リスニング初級の方には超お勧めです。
【2010/10/18 00:22】 | おきにいり(web編) | コメント(0) | page top↑| 編集
英単語学習ソフトP-Study System and LingQ
しばらくぶりにやり始めたPSSにまたはまっています。

この単語練習ソフトは随分前にしばらくやっていたことがあったのですが、その後 smart.fm とかに場所がえしてしまったので途中で放棄していました。
今回なんとなく単語だけを集中的に学習しようと気軽に始めたら、何かいい感じで続いています。
やり方がシンプルなぶん、30分やるだけでも結構数をこなせます。
もっと早くマウス操作できればもう少しいけるかな?とも思いますが。

会話強化したいのでボキャブラリーの増強というか、頻出単語のスピードアップを狙って学習しています。
私にとって難しい単語はなんといっても「多義語」と「熟語」です。
これが大量に出てくると、意味がさっぱりつめないという経験しょっちゅうです。
悲しいかな。。。。

単語増強はコツコツと気長にやっていきますが、このソフトはあくまでも確認用の位置づけですね。
実際に単語を身につけるのはやっぱり文章を読んで自分のものにしていくのが私には合ってるように思います。
そこで今まで幽霊会員だった LingQ ここはカナダの多言語話者スティーヴさんが作っている学習サイトです。
ここのサイトを利用されてる方々は本当に英語能力の高い方たちばかりで、私とはレベルがぜんぜん違うのですが、それでも学ぼうとする意気込みではそんなに負けてもいないと勝手に思っているわけで、これまた勝手にあこがれてアチコチのブログにお邪魔させていただいてます。
そういう方たちが単語を覚えるのにやはり大量の英文を読んでいるとの記述を読み、自分の体験と照らし合わせて納得したのでした。
私は単語本を使ったボキャブラリーという学習は少しはやったものの、そんなに熱心にはやっていません。
で今知ってる単語をどのように得たかと言うとやはりレッスンとかで文章を読んだり、テキストの精読をした時に覚えた単語が多いです。
既知の単語を思い返すと覚えた時の状況が浮かぶことが多いのです。
もちろんそんなドラマチックに覚えた単語は数が少ないと思うけれど、それでも苦労しないでおぼえたのは間違いないのよね。
だからと言うわけでもないのだが、自分にはそういう方法がやっぱりあってるんだと思って、先に述べたように幽霊会員を返上してlingQを使い始めました。

しばらく使ってみて良い感触を得たら、グレードアップしてみようかな?と思っています。



こんなバッチがもらえるので、少しは励みになるかな?
どなたか私の競争相手になってくれない蟹。






【2010/03/22 21:24】 | おきにいり(web編) | コメント(7) | page top↑| 編集
便利なツール 英英辞書
web上で使う英英辞書の紹介です。

いやいや、久しぶりにWindowsを使ってると、英語のお勉強の時はMacよりもこちらのほうがべんりだなぁ~と痛感。
と言うのもこちらのパソコンには「バビロン」をインストールしてあるので、web上の英文テキストは串刺しのワンクリックで一瞬で訳語が見れる。調べたい単語の上でクリックするだけで、熟語やら、常套句などはすべて表示してくれるので非常に楽です。
このバビロン読む時だけでなく「書く」時も威力を発揮します。
大体のスペルを打ってスペルチェックにひっかっかった文字、これが意外と正解のスペルが見つからなくてイライラする時があるのだけれど、バビロンはその単語に近い文字の候補を出してくれるので、悩まなくてすみます。
先日までしばらくmacを使っていて、この機能が使えないのにはほとほと疲れました。
どつぼにハマる単語っていくつかあるんですよね~
ルーティンワークのルーティーンっていつも5回ぐらいスペル間違うよ。。(って、いい加減覚えましょ~)

んでもって、これがなかなかひっかからないのよね~

routine

まぁ~そんなわけで、和英、英和はもう断然「バビロン」オンリーの私だけれど、英英辞書は色々試して来たけれど、web上でサクサク使えるのはそんなにあるわけではない。
 
私の場合まったく知らない単語「バビロン」で一応調べるけれど、名詞など単語とイメージが直結しているのはわざわざ英英辞書では調べない。
よく調べるのは、簡単な単語ながら使い方や、ニュアンスに悩む単語は必ず英英辞書で調べます。
そこで効率よく調べたい時は バビロンと同じぐらいに機能的な WordWeb を使います。
この辞書は定義づけが少々難しいのですが、それを読む時に「バビロン」も同時に使って定義を精読します。
この辞書の定義づけが単語は難しくても、なかなか説得力のある説明で、英語そのものの勉強にもなります。
定義づけに使われてる単語も身に付けたい単語ばかりなので、調べごとをしてると延々とやってしまいます。
しかし使い方が非常に簡単なので調べ事も苦になりませんよ。
そして、私はやはり音声があるほうが覚えやすいので本当に重宝しています。
発音もイギリス英語やアメリカ英語などなんしゅるいかのなかから選べますよ。
後は似たような意味の単語とか同義語なども表示してくれますので、英作文には絶対に便利。


使い方はカスタマイズできるのでお好みに合わせて使えます。
ちなみに私は Ctrl+rightclick です
調べたい単語の上でクリックするだけですよ~




今日アプリケーションがバージョンアップしていたので、思いついて記事にしてみました。

WS000030.jpg

無料で使えるので 絶対にお勧めです。

【2010/03/21 21:26】 | おきにいり(web編) | コメント(0) | page top↑| 編集
Twitter 覚書き
Twitter専用のフリーソフト発見!!!

Twitterの「つぶやき」をリアルタイムで表示し、お知らせしてくれて、尚且つデスクトップ上に単独で置いておけます!!

もう有名なのかな?
知っていたら、軽くスル~してね♪

Tween

Twitterを使い出してしばらくになるけれど、今ひとつ楽しみ方(使い方?)がわからなかった。
自分が発言しているのは見れるし、フォローしている人のつぶやきも見れるのだけれど、これがリアルタイムでみれるかというとそうでもない。
Twitterのサイトを開いたままにして人の発言を見張ってる(笑)訳には行かないし。そんな暇あったら、良い子はお勉強しないとね。。。

だからメールが届いたらポップアップして知らせてくれるような仕様になってればいいなぁ~と思っていたわけ。
Twitterを頻繁に利用している人(チャット状態?)ってどうやって更新をみてるのかしらと、常々思っていた。さりとて、ソフトを探がすまでには気合いれてなかった。

ところが今夜偶然良いフリーソフトを発見!

早速ダウンロードして、インストール。
立ち上がったソフトの「設定画面」にTwitterIDとTwitter用のパスワードを入れたら、早速「つぶやき」がダッダーと出てきました。

わ、これってめちゃ便利。

これで誰かが「つぶやいた」ら、すぐに読めるし、連帯感が沸くね!
返信、ダイレクトメッセージ、自分のつぶやきも簡単に書けちゃいます!
おお、それに、それに、英文を書いた時は、Favoriteにしておくといいかもぉ~。

あぁ、誰かテストにつぶやいてみてぇ~~



12月25日追記:
1日使ってみて思ったのだけれど、これって、「つぶやき」の表示順が変!っていうか、何か表示設定のルールがあるのかな?全然、まったく時系列で表示されない。
しばらくoffにしておいてから見ると、さっぱり分からなくなってしまうわ。
ふ~む、何がちがうんだろう?
【2009/12/24 21:32】 | おきにいり(web編) | コメント(5) | page top↑| 編集
「平均日本人英語」って?
WS000005.jpg
ひょんなことから面白いサイト発見♪
是非皆さんとシェアーしたいわ。

意外と通じる!?通じない!? 平均的日本人英語

今日(2009/12/11)のお題の「金縛り」を見ていて、つい会員登録しちゃった~
いや、ここめちゃおもろい。

状況設定がしっかりしているので、使う場所がイメージしやすいし、うっかり使いそうな表現も選択肢にはいっているし。会話レッスンを受けてると結構この手の単語で、話が詰まるので、これから少しづつ見ていこう~っと。

ちなみに「日本語の表現」を上手く翻訳できない時は、結構定義的な表現をする事が多いです。よって、金縛りは「まどぎわ係長」を択びましたが・・・何か?

会員登録すると、しっかりした説明も読めます。

では、Have fun!
【2009/12/11 17:16】 | おきにいり(web編) | コメント(5) | page top↑| 編集
Part 5


fill in the "BLANCK"

A: on
B: untill
c: at
d: by

Have fun!


音声読み上げサイトはこちら
【2009/09/24 14:53】 | おきにいり(web編) | コメント(0) | page top↑| 編集
Do you know what MLIA is?
実は昨日偶然発見した面白いサイトで、MLIA というのがありました。
これは 'My Life is Average' という、一般の方の投稿サイトです。
特にどうと言う事のない普通の生活のなかにちょっとした発見や驚きや、喜びやらなんやら、チョロリと(たぶん)かいてあります。ちょっと長めの「つぶやき」かしら?一応英語を母国語としている人が書いてる(と信じたい)とおもわれるので、日常的なフレイズに出会うえると思うし、ちょっと読むには全然苦にならないボリュウームです。
面白いです!

ここのサイトにはルールのようなものがあって、皆さん Today, で書き出して、MLIA で〆ています。これが お約束?


おおーー、グレイトアイディア ヒット ミー!です。


触発されました!
私の英語日記もこの形式を取り入れる事にしました。
こういう風に形式が決まっていれば、比較的書きやすいのかな?と、安易な発想ですが。(笑)
私のルールは最後の〆の言葉が、'My Life is Monotonous' 略して MLIM です。
だって~、日々コツコツな生活って、、、やっぱ単調でしょ?
ちょっと反意的な意味も込めていますが。。。。。ううう。。
単調だけれど、心穏やかに静かに勉強してるよ~ってことで。

そんなわけで、以下のような短文ができましたとさ。
(学習者につき一応ベストは尽くした英文ではありますがぁ~~(爆)愛情のあるコレクトは大歓迎ですので気になる方はコメントをお願いします)

Today, I received an e-mail from a teacher who offer me his online lecture. He illustrated the difference from 'turn-over' between 'turnover' in there. Soon, I looked it up on WordWeb, a English-English online dictionary, and found out the definitions. Although we can recall easily that the meaning of 'turn-over' comes from 'upset',another meaning don't well. He gave us the chance to get another meanings. What do business worth a certain amount of money means a sales turnover. MLIM.(My life is monotonous.)


【2009/09/19 15:46】 | おきにいり(web編) | コメント(0) | page top↑| 編集
文法!文法!文法!
今日は偶然、かなりいい感じの文法を学べるブログを発見しました!

mouthbird(マウスバード)の3分間文法動画講義(無料)

ひょっとしたら有名なのかな?
私は知らなかったけれど。

数年前から動画で先生が一つひとつ説明をしており、それが分かりやすい説明と、何だか愛情を感じる語り口も好感度抜群です。しかし私が凄いなと思ったのは実はそれだけではなくて、その動画を配信する方法が面白い。非常に工夫されてます。
それに加えて、その動画の内容が説明と考える時間と、解答解説、そして宿題と続き、どうしても次が見たくなるように構成されている。
この構成を考えた人すごいなぁ。
一度見ていただいたら、どういうことか分かると思います。

そしてこのシステムをさらに特徴付けてるのが、この動画が配信されるのは週に1回なのですが、このときに購読をしてる学習者とオンラインで繋がって、Q&Aみたいなことをやっているのです。
たまたま今日はその配信日の金曜日だったのですが、さすがに急に参加する決心がつかず利用しなかったのですが、これも凄いシステムだなぁ。
これだけ至れり尽くせりなら、お勉強しないと申し訳ないねぇ。


このオンライン講座に感動した理由の一つに今勉強している「文法本」の内容とたまたま被っていた、関係代名詞についての説明を見た時です。
本でも理解は出来たのですが、理解してもすっかり忘れていました。
その関係代名詞の説明が秀悦だとおもいました。

丁度whose の説明を受けて「ほ~~」と思っていたら、実は「あのレッスン2」の一発目の問題がwhoseだったのはビックリ!

こういう風に文法の学習に多く触れていると何回も同じような問題に出会う事になり、こうやって少しづつ身に染みてくるんだなぁ~と実感。
英語に触れる量を増やすと言う事はある意味ではこういうことも含まれているんでしょうね。

あらゆる方法で、文法が身に染みるようにしたいです。

がんばるぞ!
【2009/09/19 02:58】 | おきにいり(web編) | コメント(0) | page top↑| 編集
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。