スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
今後3ヶ月のリスニング強化の方法
先日リスニング開花予報を発表してから、今ひとつスッキリとしません(笑)←笑ってる場合じゃない!

リアル学校でも聞き取りテストみたいなのがあるのだけれど、これがどうもパッとしない。
先生のモチベーション下げっぱなしなのであーーる。

とほほ。

最近気がついたのだが、スカッと聞き取れるのは、最初の出だしで「何の話」か解った瞬間に後の話の流れがスムーズに追えるということ。
最初に躓くともう、後の話がちんぷんかんぷん。
それと背景知識がある話題、予想のつく話題、このあたりも聞き取りやすい。

よく言われていることだけれど、やっと自分の体験としてそれを実感できるようになりました。

そして一番納得いったのが、読める構文でも、聴くときはその構文を意識できないことに気がついた。
そう、この語順というか構文にまったくついていけてないところで、意味が不明になってしまうということです。

これじゃあ、いくら聴いてもわからんですよね。

今日、VOAの15分の記事を聞いてみて、さーーと流れてしまう箇所をスクリプトで確認したら、すんなりと理解できない構文(語順?)でした。

それでもう一度どういう箇所が解らないのか聴き読みして確認し、自分の弱点へフォーカスしました。
そのあと、全体を精読してスラスラと意味が解るようになってから、もう一度聴いてみました。
当たり前と言えばあたりまえかもしれませんが、とてもよくわかります。
もちろん日本語に訳して聴いてるわけではないのですが、内容がイメージ化されて保持できるようになります。

あとはもう一段階進んで、この保持した内容が正確な英文で頭に残るようになれば完璧だと思います。それが理想です。

とにかく、今更ながらに気がついたのは、リスニングは「急がば回れ」で聴いて解る「清聴」という聴き方をこれからはやっていこうと改めて決意しました。

今日やった、1本の記事を精読とリスニング4回(1時間)でみっちりやる方法で、1日1本を目標に当分続けてみます。

スポンサーサイト
【2011/05/12 21:26】 | リスニング | コメント(0) | page top↑| 編集
リスニング能力開花の兆しあり
今日は嬉しいことがあったので、メモ的に。


学習仲間のブログめぐりをしていて、YUKOMILLENNIUMさんの書かれた記事を読んで、気になった リスニングのベンチマーク を見ていました。
様々なレベルの音声を聞いていて、なんだか調子よく聞けるので、今度はレベルを選んでもう少し長めの音声を聞いてみました。

音源

おおーーー!!

ちょっと感激!

100パーセント聞けてるかというと、そんなことはないのだが、ストーリーをしっかり追えてし、もちろん意味も分かって、英語が私とってちゃんとした言語になっているでは、あ~りませんか!


うぉ~~~ん!感激だおお。

いままで、音は拾えれるけれど・・・と思いながらも、なに言ってるんだからサッパリ分からないのは、実際は音は拾えてないのでは?と疑心暗鬼でした。

しか~~し、今日聞いていて思った。やっぱり音は拾えてた。拾った音をイメージ化するのに失敗していたのだと気がつきましたよ。
それに気がついたのが、先ほど紹介した「リスニングのベンチマーク」で簡単なY1レベルから順番に聞いて行ったおかげなのかも。
レベルを上げていってもどんどん聞けるので、嬉しくなって集中して聞いたのが良かったんだとおもう。

オーディオブックのストーリーがあるのを聞いていると、ラジオで日本語の物語を一生懸命聞いていた子供のころを思い出しました。俗にいう、「ラジオドラマ」というやつですね、あはは。


いや~、嬉しくって、今度はLingQに行き、オーディオブックを検索。
ふと思いついて、何年も前に勉強用に使った Anne of Green Gables を聞いてみました。

ああ、うっそー!
聞き取れる~~!

とここでも、大感激!

聞き終わった後に、スクリプトを読むと、スラスラと読めて、思わず今までのながぁ~~い学習の道のりを思わずにはいられませんでした。この赤毛のアンをテキストにして「精読」をしていたのが2004年のことです。
当時はまるでちんぷんかんぷんだったこのテキスト、たった1章を終えるだけで、半年以上かかっていました。

もちろん精読しながら、文中の重要構文も勉強しながらだったので、進みは遅々としていたわけですが。
それだけ丁寧に読み込んだ文章でも、意味がピンと来ることはなかったのでした。

ところが今読んでみれば、それは間違いなく「言語」です。
十分ストーリーを楽しめる段階になっていましたよ。むふっ。


これに気をよくして、

今日は「リスニング開花記念日」としてここに記録します。



ちょうど月初めで切りもいいことですし、今後3ヶ月間はもっと集中してリスニングに取り組むことに決めました。
3ヶ月で「清聴」100時間を目指します。

「清聴」1日1時間を目安にがんばります!

8月末に学校も終わるので、その時の「大きく成長した自分」を妄想してコツコツやります。

うおー、たのしみだぁ~。


【2011/05/05 18:17】 | リスニング | コメント(4) | page top↑| 編集
リスニング能力の変化と感想、及び学習法 メモ的に
久しくリスニングに特化した学習をしていなかった分けですが。


今、特にリスニングのために時間を割いてる事といったら、ジュリー先生のレッスンで、先生に英文を読んでもらって、メモをとり、その後すぐにサマライズしたり、文中の中に散らばっている情報を聞き取れたかどうかを先生から質問してもらうというのをやっています。
これはかなり集中して聞くので、1回で1トピックスしか消化できませんが、とてもよい方法だと思います。
大体は1回きいただけでは大雑把なイメージしかつかめません。それでサマライズすると、あっぷあっぷな感想しか言えません。思いっきり勘違いしてる時もあるし。
それで先生に聴くべきポイントを指示されて2回目を聞くと、やけにはっきりと聞こえます。

そこで思うに、もう音的には拾えてるのだと思います。
ただそれが意味を成すところとつながっていないのでしょう。
音と意味を瞬時に同期する勉強をしていけば聞き取りもずいぶん向上するかもしれないと、少しだけ希望が出てきました。

何故今日、ここでリスニングの事をメモ的に書いておこうという気になったかというと、車移動中に聴く音源がなくガサゴソ車の中を探していたら、数年前に聞き込んでいたCDが出てきました。

それを聴いてみたら、あまりにもクリアーに聞こえて仰天したのでした。
意味を追いかけるのはまぁ~まだまだ集中力がいるのですが、あまり複雑ではない構文ならば、どんどん耳に飛び込んできて、一字一句ほんとにくっきりと聞こえました。

いや~、遅々とした歩みでも成長ってのはあるんだなぁ~としみじみしてしまいましたよ。

聴いたのはこれなんですが、

NHKラジオ ビジネス英会話 土曜サロン・ベスト・セレクション (CD book)NHKラジオ ビジネス英会話 土曜サロン・ベスト・セレクション (CD book)
(2003/09)
馬越 恵美子

商品詳細を見る


2年以上前に携帯電話を買いに行ったときにちょうど聴いていたのでした。何故そんなにはっきり覚えているかというと、私は相方さんのイギリスなまりの英語が心地よくて好きだったのですが、たまたま一緒にいたアメリカ帰りの友人がこのCDを聞いて、「めちゃイギリス!」と笑っていたんですねぇ~。

ま、そういうわけで、その当時から2年以上たっているわけで、それでも、こんなもんか?、、、という、突っ込みもあるではございましょうが、リスニング難民の私としては、非常にハッピィな出来事でした。

よって、記録しておきます(笑)


私は時々以前に学習した教材を自分の能力のメジャー代わりに利用するのが好きなのですが、この教材もそのひとつに加えることにします。私の一番の原点は「Anne of Green Gables」なので、これも1年に一回ぐらい聞き返したり、読み返したりしています。また近いうちに、これのリスニングもやってみたいと思います。

それで、話は戻るのですが、何故ここにきてリスニング力が上昇傾向になってきたのかというのが今日書きたかった事でして。
ひとつの方法が劇的に効いたということはもちろんないです。
いろんな要素が絡み合って良くなっていってるのだと思います。

が、

あえて、理由を書けば2つあります、「英語を真剣に細かく聴く練習」をしている事と、「高速で音読をしている」こと。

この二つが大きいのではないかと思います。

一つ目の精聴に関しては先に書いたとおりです。
そして二つ目の「音読」が今回特に書いておきたかった事です。

音読は以前にも何回も挑戦している方法ではあったのですが、今回顕著な効果を感じたこの音読は、今まで私がやってきたのとはいささかちがいます。
音読自体は声を出して読み上げるという行為でこれは同じです。当たり前ですが・・・
音読が良いと言われて音読という方法でスキルを上げた方は多分、今私が感じてるようなこんな意識づけをしてやっていたんだなぁ~という経験を得たからです。
それと「音読」を仕上げるというのはどのぐらいの状態なのかということもだんだんと分かってきました。
ここまでやって初めて、「音読」の効果が出るのだと、経験として納得できるようになりました。

そんな最近の体験から、これこそが、リスニングアップの理由ではないかと思いついたのでした。
それは「意味をつかみながら高速で音読している」と言う状態なのですが。
ちょっと説明するのはまた異常に長くなるので、それはまた別の機会に書きます。
いまこの学習法をもっと続けて行って、より良い成果が出ればまた取り上げて感想を書いてみたいと思います。



【2010/10/15 22:43】 | リスニング | コメント(2) | page top↑| 編集
精読とLISTENING
先日からはじめた、「精読」をした文章をリスニングするという方法、かなり良い結果が出ています。

理解したものを聞くので、内容がわかりやすい。
単語とフレーズをキャッチできるので、聞きながら「脳内シャドーイング」をしている。

今までも精読をしたものを聞くというのを初期学習の頃は、ずっとやってきていました。
まぁ精読しないとまったくのチンプンカンプンだったからそれは当然といえば当然でした、が、最近まで精読したからといって、英語のまま、言葉を変えるなら、聞いたままに理解するという境地にはなっていませんでした。
とにかく音を拾っていくだけで一苦労。
解ってる内容は日本語で記憶されてちゃってる。
そんな状況で何回もリスニングをしていました。
音には十分慣れたけれど、どうも英語のまま脳に内容が響いてこない。
そんな状態がずっと続いていたのですが、今回のリスニング強化対策は上手くいきそうです。
英語が良く聞けるし、聞いてる単語とフレーズが解るので、音が頭の中で響いています。
実際には声に出しているわけではないけれど、音源と一緒に読んでる感じです。
上手く表現できないけれど、これは今まで感じたことがない感覚です。
聞いた音を意味を持った音(言語)として頭の中に響かせています。
10分ぐらいの音源ですと時々一瞬ですが意識が飛んでますが(笑)それでもすぐに音源を追いかけられます。
この状態で聞くので聞くことが辛いとあまり思わなくなりました。
大成功です!

今までのところ、8分~10分ぐらいの音源を一つ一つやりこんでいって、いま3つ目になりました。
ひとつはもう20回以上聞いています。
聞くのと精読をしていくのと同時進行でどんどん手持ちのリスニング素材を増やして行こうと思います。

今お気に入りできいているのがこちら The Public Speaker
声と話し方が好き!
ゆっくりではないけれど、クリアでメリハリのある話し方なので聞き易い。
強調することで話し手の意思を伝えやすい言い方をしている。
内容も聞いていて興味がもてるし、何より話し言葉ですから、表現もまなべると思います。
単語のコローケーションも勉強できるのですごく気に入っています。

今日久しぶりにVOAを聴いたらあのスピードですのでくっきりはっきり聞こえちゃいました!

リスニング開花の日も近いような気がしてきましたよ。(マジ?)

また後日談を書きますね。
【2010/07/19 01:49】 | リスニング | コメント(2) | page top↑| 編集
学習計画:リスニング能力について考えてみる「リスニング編」
リスニング能力の低さを嘆いて右往左往しているE.Babyです。

今日「日向清人さん」のディクテーションのメリットという記事を読んでいて、

✓ 聴き取りのプロセスでは、聞き手は、ひとまとまりの言葉ごとに、自分の文法知識を動員して、「これはこういうことを言っているのではないか」という仮説を瞬時に立て、それがうまく行けば、何を言っているかがわかるし、仮説が機能しない場合は、新たな仮説が立てられる。「耳がいい」つまりリスニングの能力が高い人というのは結局、話し手の発言に見合う仮説を素早く立てられる人のことだ。



という文を発見、なるほどと思いました。

私は音として英語を拾っていても、意味を理解出来ないことが多々あるわけで、それはどうしてなのだろうと常々疑問に思っていたからです。同じ音源でもボーとしてる時と集中している時では理解度がかなり違います。
日本語に置き換えた場合でも、日本語でさえも、私の場合は良くあるのですが、聞こえてるのに相手が何を言いたいのかさっぱり分からないときがあります。
これは「相手が何を言いたいかを瞬時に仮説を立てて聞くという聴き方をしていない」ということです。これを実感したのが食べる事に関する会話の時です。レストランとかで聞き取れてない会話なのににもかかわらず、意味が分かる事がよくありました。これは私の趣味が料理や食べることであるのでその言語に関して推察が効くということなのでしょう。ということは、たとえVOAようなゆっくりとした音源でさえも理解出来なかったのは、そういう聴き方をしてなかったということではないでしょうか。

以上の理屈をもってすれば、私のリスニング上達の鍵はこのあたりにあると考えます。
今後はリスニングの練習をするにあたって、この方面からのアプローチをまずはするべきであり、それを意識づけた練習をするべきでしょう。
それにはやはりリスニング素材の「精読」をしてからリスニングをしたほうがいいのだと考えます。
これによって、内容を推測して聞くことが可能になりますね。
それに加えて、以前にも何回もやっていますが、「スラッシュリーディング」のリスニング版というか、区切りごとに「先へ先へ」と仮説を立てて聞ける「音知識(?)の蓄積量=インプット量」が不可欠との結論です。当たり前ですが。。。

今回のリスニング計画はThe Glad Gameさんの「効果を感じた学習法 リスニング編」も参考にさせていただいて、以下のような計画をたてました。


■今後のリスニング強化の方法

✓ リスニング素材のディクテーションをする
✓ 精読をする
✓ もう一度ディクテーションをする
✓ 意味を理解しながら聞く
✓ 聞きながら次に来る言葉を推測しながら聞く

この方法を実践してみて、具体的に毎日の学習にどのように取り組むかを検討してみます。
その後に今年後半の最終目標を立てます。(たぶん来週あたりに)
【2010/07/05 14:24】 | リスニング | コメント(4) | page top↑| 編集
超字幕にハマる
ハマるとはちょっと大げさだけれど、私にとってはちょっと今までにない勉強方法で、これが結構楽しい。

俗にいう、「楽習」ですかしら・・・

超字幕のことは知っていて、以前にウェブの無料体験版もやったことはあるのだけれど、あのお試しはやはり機能を体験してもらうためのものだから、どうしてもお勉強チックになるのはいか仕方ないだろうね。
そんなわけで、ちょっとやってすぐに飽きてしまったのでした。

今回サービス期間ということで、1本の映画がなぁ~~んと、¥990ですよ、奥さん!

レディースデイの映画でも1000円ですからこれは学習もできるのだからと試しにずっと観たいと思っていた映画を買ってDLしてみました。
そして折角だからと日本語のサブタイトルを出さないで観たところ・・・
いやいや。。

さっぱりなに言ってんだか・・・w

わからんですたい!

所が映画としては面白いんですよこれが。
不思議と。

なに言ってるか解らんのに、なに言ってるか解る

?????(笑)

映像の力って凄くない?

ホントに十分に楽しめたんです。
それで気をよくしてもう一度今度は英語字幕を重点的に読みながら見てみました。
今度は英語も随分と聞こえる。

へぇ~~~。

面白い。。。

これはいいかもしれない!

なぜって、好きな映画なら意外と飽きないで何回も見れそうなんです。
というか、なに言ってるのか知りたくなってしまうんですよ。
だから飽きずに聞ける、見れる。
フレーズがシチュエーションと一緒にインプットされる(かも?)

いや~、楽しいです。

なので明日までのセールと言うことで都合4本の映画をDLしました。
1227207761.jpg

ちなみに私がDLした映画の主人公が手術室に向かう時に奥さんが「戻ってくるまでここにいるから」みたいなことをいうと、

"Sound good to me." と答えます。

そうか、誰かに優しい言葉を掛けてもらった時はこういうのね。。と思った瞬間でした。

これからしばらくは、言葉の発掘作業が楽しめそうです。


興味のある方はこちらをクリック♪ して詳細をどうぞ。

http://www.chou-jimaku.com/eshop/pt/1005/29_990.html?i=com_gt_ec


【2010/05/31 00:02】 | リスニング | コメント(0) | page top↑| 編集
4月のリスニング強化月間を終了して
英語表現・ことわざメモのなぼむしさん の企画でスタートした4月のリスニング強化ですが、
私としてはとても有意義でした


「私は、○○○ が苦手なの~」みたいな、ネガティヴな刷り込み作業をして自分の可能性を閉じ込めることをずっとしてきた私としてはですね、ここでリスニングが苦手でしたと書くとまた刷り込みの上書きをしそうですので、これを最後にもう苦手だとは書きません。


そうです、リスニングを避けて能力を伸ばしてこなかった私には今回の企画は非常にありがたかったです。

yukomillenniumさんのリスニング力を上げたという記事 に刺激を受けて、私もがんばればいつかは英語が聞けるようになるかもしれないと、リスニング強化に取り組む事にしました。
その後のリスニングのブレークスルーを感じた時の詳しい記事などもとても参考になりました。
それに加えての今回の企画です。

そうそうたる豪華絢爛なメンバーに囲まれてのチャレンジ。
モチベーションが下がる理由などあるわけがないです。
おかげさまで何とか4月いっぱい遣り通すというゴールに到達できました。

前に書いたように、私は、yukomillenniumさんの記事で触発されたのでまずはブレークスルーを感じるかもしれない700時間を目指していますが、最初から700時間を目標にしていてはいつか息切れしそうです。
そんな矢先になぼむしさんがまた素敵な企画を作ってくださいました。

目指せ100時間!

なんときりのいい、素敵な響き♪

ぴたっと、憑いて(←恐っ!)行きますとも!!!


さて、それでこの1ヶ月のリスニング強化の結果はどうだったかと言いますと、残念ながら、まだまだブレークスルーは感じられません。

まだ700分の35 ですから・・・  って、5パーセントかよ! うううう。。

ただ今回の努力で、英語を集中して聞く体力はつきました。
脳が拒否反応を起こしていたような気がするのも改善されはじめています。

日々、「英語を聞くのが大好き!」と自分に刷り込んでおります。(笑)

実際に、英語から情報を得られた時はとってもうれしいので、すごく良い方向に進んでいます。
そうそう、良い方向に進んでるんです!
結果はおのずと付いてくると確信しています。

I would pay someone to do what I do.

もし躊躇されてる方には、まずはこの企画に参加してみて、少しでも良い方向に向かうのを感じてもらうのが一番かな?と提案します。





では、一緒にがんばりましょう~♪



【2010/05/03 21:12】 | リスニング | コメント(4) | page top↑| 編集
LingQを始めて1ヶ月がすぎました。
今日paypalから領収のメールが来て「あれ?何の支払い?」と一瞬怪訝に思ったのですが、読んでみたらLingQの毎月の引き落とし分でした。

あぁ、1ヶ月なんてあっという間なんですね~
びっくりしました。


この1ヶ月は本当に夢中でLingQのレッスンをやっていました。
それもこれも、優秀な学習仲間に恵まれたお蔭でした。
1ヶ月たってみて感じたのは、いままで苦手だったリスニングの練習をずっと続けてこれたことです。

聞き流してのリスニングはいままで色々とやってきたのですが、LingQでやっているのは「精聴」で、良くこんなに真剣に聞いていられるなとわれながら関心しています。
まだまだくっきりとした効果は感じるまでにはなっていませんが、精聴をできる状態になったのがうれしいです。

それでも時々以前の悪い癖がでて、意識がなくなるのですが、はっと気が付いて戻れるようになりましたよ(爆)

さて、来月はどんなことを書いてるのでしょうか・・・
たぶんニヤニヤしながら「おお~聞ける♪」と書いてるいるでしょう~~~

アファメーションしてみました~♪
【2010/04/30 03:06】 | リスニング | コメント(0) | page top↑| 編集
リスニング強化月間感想その2
明日は早起きしないといけないので、こんなの書いてる場合ではなく・・・
お風呂も入らねば・・・さめちゃう! と思いつつ、書いてます。

リスニングのブレークスルー??
まだないよ~~。

でもなんだか英語を聞いていても疲れなくなった。
今までは英語を聞くというより、ただ単にかけていただけ。
音楽と同じ。

でも今は言語だ。
意味をもってる言葉になって頭に入ってくる。

これって、すごい!
私的には。

まだまだやさしい英語しかそういう状態にはならないけれど、それでも100歩ぐらい前に進んだような気がする。

父と暮らしていた(やっと戻ってきた)時、父はいつもラジオをガンガンかけてていて(耳が遠い)まぁ~ちょっとうるさいなぁ~とは思う時もあったけれど、インタビューとか興味深い話題の時はじっと聞き入ってる自分がいて、ふっと、ああ、ラジオを聴く楽しみってこんな感じなのね。そしてそれがもし英語で、その上それが聞き取れるなら、こんな楽しい事はないだろうなぁ~と思うようになりました。

昨日から選んで聞いているVOAのPeople in America も、有名人の簡単な情報を話しているのだけれど、自分の知ってる知識を英語に置き換えていく工程が楽しいです。
1回聞いてみて、理解できていそうだったら、スクリプトを見ながら音声と一緒に音読しています。
聞いて理解できる文を読むのがこんなに楽だとは思いませんでした。読んで理解できるのを音読していたのとは明らかに違います。聞いて理解できる文を音読すると、自分の言葉になってる気がします。

後は文法の正確さとスムーズさをもっとまして、聞いた文をその場で自分の言葉で要約する練習をすこしずつしていこうと思います。

年内に700時間を目指そうと計算してみたら、1日3時間半ぐらいやらないとだめですね。
不可能という時間ではないので、達成できるようにがんばります。

その時にはニュースもガンガン聞けるようになるのでしょうか。
楽しみです。

今回の企画を立ち上げてくださったなぼむしさんや、その企画の引き金になったyukomillenniumさん、実際にその過程を実践して記録してくれてるhayuruさん に、ほんとに感謝します。そして一緒にがんばってる人たちのエネルギーがまたとってもありがたいです。

全部まとめて、ありがと~~!

【2010/04/23 01:03】 | リスニング | コメント(3) | page top↑| 編集
リスニング強化月間!
今日 なぼむしさん 主催の「リスニング強化月間」への参加表明をしました。

なぼむしさん、お誘いありがとうございます!

やり方はtwitterでハッシュタグ#LReportをつけてリスニング時間を報告し合うだけですが・・・。そうそうたるメンバーで、、、。
いいんでしょうか、私みたいなのが参戦しても。

とにかく、6月までになんとしてもリスニング力を上げたい私には願ったり叶ったりの企画ではあります。
ちょうど去年の今頃、やはりリスニング強化を試みていました。
その時は単に時間だけを意識していたんだとおもいます。
沢山聞けば聞けるようになる!と、錯覚していた部分がありました。
もちろん沢山聞くのは当たり前なのですが、どのように聞くかが問題なのよね。それを今、ひしひしと実感しています。
いままでは英語を聞いていても分かったような分からないような・・・
聞いている事をそのまま皮膚から吸収するような理解って全然なかったのだけれど、最近ちょっとちがいます!
なんか聞いてると理解してるんです。
VOAのような易しい英語だとそのまま理解してる時がおおくなりました。
すなわち英語を聞いていてそのまま内容を把握しているのですね。
一字一句分かってるわけではないけれど、内容が分かるのが嬉しい。
ちょっと低い壁ではありますが、一つ超えられそうで嬉しいです。

たまに背伸びをしたものを聞くとやはりボンヤリした感じになるので、VOAなどのようなものを大量に聞くことにしました。

意味をつかめるようになるとリスニングは楽しいです。
いままでの苦痛はなんだったんでしょう・・・
今回の強化月間は行けそうです!

そして精聴したリスニング時間の長さと聞ける感覚を区切りごとに考察して行こうとおもいます。
目指せ!1000時間です。

LingQで聴き方を変えてからの精聴リスニング事始めからの時間カウントということで、今日からの合計ではなく、LingQに記録されてる合計で記録することにします。

2010年4月20日0時現在14.9時間

一緒にやりませんかぁ~

【2010/04/20 00:11】 | リスニング | コメント(2) | page top↑| 編集
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。