スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
歩き倒したNYC
先ほど「歩数計」をPCに繋いで記録を吸い上げてみたらなんと・・・!
15日~21日の間に10万1087歩歩いてました。
15日と、21日は飛行機の中なのでそんなに数字は伸びてませんが、それでも7000歩ぐらい歩いてる。
美術館に行った日はなんと2万3千歩以上歩いてる。

この歩数計日本時間の夜中の2時にリセットされるので、当然NYでは時間がずれてます。
本来活動すべき時間帯に寝てますから。。。
でも毎日平均して2万歩近く歩いていたわけで、道理で足も疲れるわけです。

それになんだか健康的だったかも♪

夜の熟睡の秘密は意外とこのあたりにあったのかも。

またウォーキング復活しようかな?
スポンサーサイト
【2010/12/27 02:41】 | U.S.A trip | コメント(2) | page top↑| 編集
NYC Trip in the pre-Christmas 20 Dec.
とうとうNYとさよならの朝になってしまいました。

友達とも話していたのが、目が覚めたら夢だった!ッていうぐらい旅行していた実感がない朝でした。
あまりにも大量に色んなものを見聞きして消化不良になっているのかもしれません。

今回の旅行は日本での夜更かしの生活が幸いしたのか、NYでの生活時間は本当に朝すっきりと起きれて充実していてありがたかった。時々激しい睡魔に襲われたりしたけれど、おおむね元気に動けてよかった。

出発のこの日も6時ごろから早々と目覚め、身支度を済ませてから歩いて10分ぐらいのギリシャ神殿のようなゴージャスな中央郵便局からポストカードを出した。
夏のミシガン旅行でポストカードを出す楽しさを覚えたので、自分宛と友達にも英語のカードを送った。

そのあと友人の提案で、空港まではタクシーで行こうということになりました。
さすがに今までの経験で、電車での移動は不安なのだろう。

タクシーはホテルの前のにいるスタッフが拾ってくれるのだけれど、おおよその料金を聞いておいた。
70ドル以上は払うなと言われたのに、途中で運転手がメーターを倒していないのに気がつく。
案の定空港で80ドルを請求してきた。
払うつもりはまったく無く、コンプレインしていたのだが、友達の困った顔を見てるとどうでも良くなり80ドル払ってしまった。

う~~~ん、なんだか最後は後味悪かった。

まぁ~気分を変えてチェックインカウンターへ。

ここでカウンターがいくつかのセクションに分かれていて、自分たちが並ぶべきカウンターに少し悩む。
思わず辞書で単語を調べてしまった。(笑)
まぁ~少人数と判断して、そのカウンターに並ぶ。
カウンターではパスポートを見せてあっという間にチェックイン終了。

セキュリティーチェックもサクサク終わり、なんと出発時間2時間前という上出来さ。

それからおもむろにゆっくりとアメリカンな朝食を頂きました。
IMG_7118.jpg

こんにちは ニュアーク そして さようなら またすぐに来るからね!
IMG_7116.jpg


食事の後はお決まりのお土産物色。

私はチョコレートを買った。
前のミシガン旅行で友達が買ったお店ではないところで買ったものを手渡せるのを見ていたので、そのお店で商品を渡されないのは不思議には思わない。
だけれど、どこでそれを貰うんだろう???
そんなこんなしていると出発時間が近づいてもゲート近くに変化が起きない。
耳を澄ましてみれば、私たちの便のゲートが変更になったとさっきから放送してるではないか!
あわててダッシュ!

いや~、最後の最後まで走る運命だった。


そして13時間後無事成田着。


ところがどっこい、私の買ったものはどこ?状態。

あちらこちらで聞いたところどうも私が商品を受け取る機会(場所?)に気がつかなかったようだ。
本来ならNY空港内で受け取らないといけなかったのだ!

結局再送してもらうほどのものでもないので、キャンセルすることにした。(ごめんよ友達、お土産なしで)
成田のインフォーメーションの方が英語の堪能な方に頼んで電話を掛けて貰うといいとアドバイスしていただいたので、JULIE先生のレッスンの時に助けてもらった。


こうやって、私のNYC旅行は無事つつがなく(?)終わったのでした。

只今、時差ぼけから立ち直れません・・・

このまま正月のうだうだ生活に突入するのだけは避けなければ。


【2010/12/24 22:04】 | U.S.A trip | コメント(4) | page top↑| 編集
NYC Trip in the pre-Christmas 19 Dec.
5日目、明日の朝には帰国するので実質最後の日。

この日の朝食はホテル横の間口1m奥行き2mほどのcoffee shop でベーグルとコーヒーを調達し、部屋にていただく。
やっぱり朝はしっかり、ゆっくり頂くのがいい。
その後に歯を磨いたり、トイレに行ったり出来るし。

準備が整ったところで、今回の目的の一つだった、「教会でゴスペルを聞く!」というのに向けて出発。


もちろん地下鉄。
10時20分頃から、観光客は入場させられるのでTourism、その前に行くべし!と決めていたので9時ごろホテルを出る。
地下鉄に乗れば教会近くまで1本でついてしまうけれど、今まで散々間違いを繰り返していたので、ホントに早めに出て向こうでカフェででも休もう~と。


そして、これを読まれてる方の期待通りにやっぱり間違えてしまった!

なんで~~~???

そのまっすぐに1本で着くはずの地下鉄に乗るための入り口をそもそも間違える。
なんとこの入り口、ホテルの目の前にあるにもかかわらず、、、全然違う方向にスタスタ歩くなり~~~。
途中で間違いに気がつき戻るも、戻る途中で見つけた入り口に進入。
路線を調べたら違う電車とは判ったがまったく方向が違うわけでもないので、それに乗ることに。

この路線、セントラルパーク前で西と東に分かれる、危険な路線。
そえでも確認しつつ緊張して乗っていたので大丈夫と信じていた。

しかーーーーーーしッ、やっぱり間違いの神様は私たちに試練をお与えくださった(爆)

駅名がぜんぜんちがうやん!
地図で見たら、まったく反対方向に進んでる。
なんでやねん!?
その時点で乗換えをしたりしたので、かなり時間を食っていて、仕方がないからタクシーに乗る決心をする。
地上に出て、ここはどこ?
なんだかとても静かな町並み
駅前のにぎやかさなど、気配すらない。
呆然と立ち尽くしていると、英語でタクシー乗り場はどこかと聞いてくる金髪青年。
それはこっちが聞きたいことだと答えて、お互いに肩をすくめるなり。

「あ、日本人!」突然友達が叫ぶ。

「え、まじ。聞いてくる!」と後ろを追いかけながら「エクスキューズミー、ミズ!」と声を掛けたら、違うやん!
どこが日本人なん!?


まぁ~タクシー乗り場を聞くぐらいなら何とかなるからそのまま話していたけれど、その樋口可南子系の美人曰く、
「タクシーないです。」

「へ?」

「ここはとても小さなコミュニティーで、タクシーはマンハッタンから乗ってきた人のを見かけるだけで、普段はほとんど見かけない。電車が一番です。」と、彼女の答えを推測 (笑)

オーノー!

ま、仕方がないのでまた地下鉄に戻り、待つことしばし。
やっと電車に乗って時計を見れば、もう入場時間の10時40分を過ぎている。
だからと言って、行かないのも悔しいので、ダメ元で教会まで早足。

ぜーぜーいって、教会にたどり着くと正装した年配のカップルが2・3組入り口に。
入り口で出迎えてくれている背の高い黒人男性が早く中に入れと言ってくれるので、すんなりと入る。

そして席に案内されて、まもなくミサが始まった。

すっかり気が抜けてしまった。。。

その時思ったこと、「今日はきっといいことがある!」でした。

結果としてあの寒さの中で30分以上待つこともなくゴスペルを聞けたのだから。

ゴスペルは期待していたのを100とすると、70パーセントぐらいか。
ちょっとショー的な気配を感じてしまったから。
あれだけの観光客がいたなら仕方がないんだろうか。

観光客がいなくなったあと信者だけのミサがあるようで、出る時にアカペラのゴスペルが聞こえてきて、ちょっと心残りだった。


そんなゴスペル体験のあとは、またまたソウルフードを食べに。

その後の予定がマンハッタンの中のフリーマーケットに行く予定だったので、しっかり食事をしました。

また地下鉄に乗り、自然史博物館の近くのコロンバスまでもどり、しばらく歩いて、フリーマーケットに潜入。
これまためちゃくちゃ寒かったけれど、楽しかった!

寒くって、毛皮のロングコートやらなんやら暖かかそうなもの目に付くけれど、日本じゃ着ないだろうよ~~。
ビンテージのコートも素敵だけれど、もうカバンには入らないだろうなぁ~とか。
この椅子とこのテーブル!とか。。。。

物欲爆発でしたが、指輪や手作りの帽子だけにしておきました。

そこを3時半過ぎに離れ、今までに行けなかったロックフェラーの「Top of The Rock」へ。
これは前もってチケットを買っておいたので行かないわけには行かない。。
あがって見るとちょうど夕暮れ時で、ネオンと刻々と変わる空の色の美しさに感動しまくりました。

寒かったけれど。。。
IMG_7045.jpg
南方向をみて
IMG_7046.jpg

反対側はすっかり暗くなってます
IMG_7071.jpg



ここのビルの近くにNYでやっと観るミュージカル「マンマミーヤ」のシアターがあります。
7時開演のミュージカルを見るために再び歩く歩く。
イルミネーションの中を早足で通過。
IMG_7085.jpg


シアターは小ぶりながらも趣があって、重厚な雰囲気。
IMG_7084.jpg


マンマミーヤの英語は比較的聞き取りやすかったかなぁ~。
ストーリーを知っていたのもリスニングの助けになったのかも。
とても楽しめました。
なんといっても、アバは私たちの青春時代そのものですからねぇ~。


観劇の後は見損なったロックフェラーのツリーまで戻ってアイススケートリンクを見たりしました。
IMG_7101.jpg

とにかくツリーの周りはものすごい人出で、あちこちで記念写真を取ってるしで、うかつに歩けません(笑)
周りのみんなが浮かれているのを見るのが楽しかったです。IMG_7093.jpg


IMG_7100.jpg


その賑わいから離れ一路ホテル方面へ

最後の仕上げのエンパイアーからの夜景を見る計画が残っています。
これも事前にチケットを購入してあったので行かねば。
エンパイアーはホテルから見える位置にあり、近いのでいつでも行けると思っていたら、結局最後の日になってしまいました。
IMG_7111.jpg

ここで夜景を楽しんで、さすがに疲れて食欲もあまり無かったので結局はそのままホテルに戻りました。

パッキングもしないといけないし。

こうやって旅行最後の日もバタバタと過ぎたのでした。

あっという間の1週間でした。







【2010/12/24 21:19】 | U.S.A trip | コメント(0) | page top↑| 編集
NYC Trip in the pre-Christmas 18 Dec.
NYC4日目。
街は土曜日の週末。
ホテルにも毎日たくさんのひとがチェックインしています。

昨日は朝の案内人とのグランドセントラルで待ち合わせの時間に遅れそうになり朝食を取れなかった!
道路で買ったぶどうだけの朝食だった。

本日始めてNYのスターバックスに。
朝食を取りながらiPhoneではじめてのインターネット。
メールが恐ろしいほどたまってた。
*スターバックスでは何の問題もなく簡単にネットに繋がりました。
*free public というのをしょっちゅう拾うのだけれど、これは何故か繋がりませんでした。


さてこの日はゆっくりと美術館めぐり。
大物のメトロポリタン美術館へ・・・
地下鉄で・・・

あ、その前にチケットを取りに行かねば・・・
そこでまたおもいっきり間違える。
間違えても歩けば何とかなるので歩く。歩く、歩く。

やっとチケットをゲット。

やっと再び地下鉄乗り場を見つけ地下鉄にのり美術館へ。
IMG_7000.jpg
IMG_7006.jpg


ついた時点でもうお昼すぎ。

歩きすぎ!だよ。

ついた時点で、もうすっかりお疲れモード(爆)
ま、とりあえずお昼をカフェテリアでいただく。
IMG_7008.jpg

アメリカは体が大きな人はホントにびっくりするほど大きいけれど、NYにはガリガリにやせた人もたくさんいる。極端なベジタリアンも多いと聞く。
このカフェテリアで興味深かったのはサラダバーの近くに固まってる人とハンバーガーを扱ってるエリアでははっきりとタイプが違うと感じたこと。
あのハンバーガーとポテトチップスの量をみただけで、なんとなく納得してしまった。
それにしてもNYのサラダはどこでいただいてもおいしい!

結局美術館には3時間ぐらいしかいなかった。

それまでの地下鉄失敗経験から、夜のライヴのある場所まで早めに移動しようということにしたから。
早めに会場のそばまで行って、そこで夕食をとることにした。
マンハッタンを半分移動する距離だから。

そのNYの地下鉄はこんな感じ
IMG_7014.jpg
EXITは日本と同じ?だいたい出口のこと。出たところのストリート名が書いてあったり、無かったり・・・
IMG_7013.jpg
こんな感じでがら~~んとしてます。でも不安感はほとんどないです。
IMG_7011.jpg
これが問題の行き先案内サイン。
uptownはストリートの数が増えて行くということ 12345・・・というふうに
逆にdowntownはストリートのナンバーが減っていく。
だから125thのハーレムにいて、グリニッジビレッジの方へ行くには(自由の女神がある方角)downtownに乗らないといけない。
理屈は簡単なのに、なぜか間際でいつも間違ってしまいます。

オレンジの丸にBとあるのは路線のマーク。日本なら、さしずめ銀座線とか大江戸線となってるのか。
これはすぐには覚えられないから、路線マップは必須です。
間違って乗っても、気おつけてさえいれば次の駅名が違ったりしてすぐに気がつきます。
ただしエクスプレスに乗ると、随分先に行ってしまうこともあります。
そういうときに限って次の戻る電車が全然来ない時もあります。
30分ぐらい待つ時もありました。


とにかくそんな感じでまずは移動したのですがやはりあまり時間に余裕があるというわけではなかったです。

会場を確認してからちょっと高級ぽい日本料理店に入りました。
時間が無かったのと回りにあまりお店がなかったので。
ここで友達がハッピイバースデイと祝って、ご馳走してくれました!
やったーー!!

その後かなり期待していた、FUERZABRUTA にダッシュ!
これはなかなかユニークなパフォーマンスでした。
ダンスはなかなか迫力はありましたが、ちょっと途中だれ気味なところもあったかなぁ~。
それなりには楽しみました。

この日はさすがに早めにホテルに戻ってゆっくりとしたのでした。

足が棒になるとは正しくこんな感じなのだと思いながら眠りについたのでした。



【2010/12/24 04:37】 | U.S.A trip | コメント(0) | page top↑| 編集
NYC Trip in the pre-Christmas 15 Dec.
12月15日から21日までニューヨークでクリスマスの風景を楽しんできました。
今回は英語に不自由な友人と一緒だったので、会話は99パーセント日本語。道に迷った時と、レストランに入った時ぐらいしか英語は使いませんでした。
楽しい旅行でしたが、その点だけはちょっと物足りなかったですね、仕方ないけれど・・・。

それでも今回の旅行で得たものは多かったです。
また行ける機会があるときのために3つほど経験しておいて良かったと思ったことを書き出してみます。

①英語のサイトからチケットを直接買う
行く前にあちこちリサーチして、観劇とかミュージカルなどのチケットをチケット発売元から英語で直に購入したりしました。かなりの英文を読んでメールを書いたりしました。
とてもよい経験をしました。
今後あちらでのチケットを買うのには不自由はしないと思います。(まぁ~そんなに難しいわけではないですが)

②地下鉄を使えるようになった
実は向こうに行くまでは地下鉄に関してはかなりビビッていたので、あまり路線図なども読み込んでなかったのですが、ウォーキングツアーであちこち案内してくれた方の説明で安心して利用できる交通機関だとわかり、その後はもっぱら地下鉄で移動しました。
あきれるほど載り間違えて、ディナーの時間を何回もとりにがし、空腹でお芝居を見たりしましたが。(笑)
NYの地下鉄は一度かたちを覚えるととても楽だと思います。間違えまくった私が言うのも何なんですが・・・
何が混乱しかというと、up town と down town がとっさに間違えてしまって違う電車に乗ってしまうというのが多かったです。
自分たちの行きたい方角がup か down かさえわかればそれほど難しくはないです。
方角さえあってれば、降りてからちょっと多めに歩けば済むことです。
現地の公共の交通機関を使いこなせるようになったのは実に嬉しい収穫でした。

③空港からの移動に公共交通機関を使った
2番の地下鉄の話と似ていますが、マンハッタンまで、電車で行けたことは大きな自信に繋がりました。
空港について、まず最初の試練でした。
頭の中は?マークだらけでしたが、人に尋ねたりしながらなんとかマンハッタン入りした時は感激しましたよ(笑)
ただし、NYCの駅にはエレベーターとか、エスカレーターがほとんどなく大きな荷物を持っていると移動はかなりは苦労します。
今回のホテルペンシルベニアは駅の真ん前に立地していたのでその点ではものすごく便利でした。


airtrain.jpg


到着予定は夕方遅くでしたので、その日はホテルの目の前にドッドーーンとあるマジソンスクエアガーデンでNBAを見てシャウトしました。
IMG_6847.jpg
ホテルペンシルベニアに到着
IMG_6874.jpg
ホテルの目の前のマジソンスクエアーガーデン、駅はこの建物の中にあり、非常に便利でした。
IMG_6856.jpg
比較的真ん中の席をゲットできたので、写真で見るよりはもう少し近い感じがしました。
とにかく周りの人のエキサイトぶりに気分を高揚させていただきました。夕食はここでサンドイッチを買ったら、大きすぎて半分しか食べれませんでした・・・悲しい・・・

試合自体は地元 New York Knicks がずっと勝ったままリードしていたのですが、最後の004秒(!)で結局は負けてしまいました。そのぐらい後半は接戦で、とてもよい試合でしたよ。
000秒でロングシュートが決まったりとか!
かなり血が騒ぎますよね!

お陰で予想道理旅の疲れも出ずに楽しめたので、この選択は良かったと思いました。

こうやって、NYC第1日目は終わりました。






【2010/12/24 00:18】 | U.S.A trip | コメント(2) | page top↑| 編集
Toilet Spy
今日は週一回のブッククラブの日でした。
まだ「トットちゃん」を読んでいます。

トットちゃんは夢多き少女なので、成りたいものがコロコロ変わるのだけれど、今日読んだところにもまたそんな話が出てきました。
今度は「バレリーナ」になりたいと言っています。
でも「スパイ」にも成りたいのです。可愛いです。

本を読み終わった後に、いつもどの部分がお気に入りになったか聞かれるのだけれど、私はこの「スパイ」という単語にピピンと反応してしまいました。

アメリカ旅行でのルールに「母国語禁止」というのがありました。
母国語を話すと罰金を「豚の貯金箱」に入れるというやつ。
もちろんみんなお金が惜しくて母国語を話さないようにしているわけではなく、何でも英語で伝えようと努力していました。でもうっかりというのも結構あったのです。

私ともう一人の日本人のかたとどこかのトイレに居たときに、私のスカートの後ろがめくれていてちょっとビックリしてしまって、何を言ったのかはもう正確には思い出せないのだけれど、でも友達がハッキリと日本語で何かを言ってしまったわけ。その時、どこからともなく「オッオオー♪」という声。
でも広くないトイレには彼女と私しかいないし・・・
気のせいか? と思った。

一瞬の間があって「Is this Japanese?」との声。

???

そう、なんとトイレの個室に「先生」ともう一人仲間が入っていたのでした!

「聞いたわよ~~」

全然気がつかなかった私たちは超ビックリ!

先生曰く「toilet spy にはお気を付け遊ばせ♪」

日本ならさしずめ「障子に耳あり」とでもいうのでしょうか・・・

というわけで、今日のレッスンでその事を思い出して、みんなで大笑いしました。

楽しい思い出の一つです。
【2010/07/01 02:29】 | U.S.A trip | コメント(2) | page top↑| 編集
買ってきた英語の本 
englishbooks.jpg

これでもかっ!と言うぐらい英語の本を買ってきました。
最初はデトロイト空港内の本屋さんで時間つぶしに。
装丁のきれいな小さな本をお土産用に二冊と、その時の記念にとNewsweek SUMMER2010を。
なんか安くないぞ。。。
次はたっての希望だったお買い得な本屋さんへ行く!との希望でMeijerへ
ここでは、流行もののコーナーから、paperback3冊、児童向けの小説2冊を購入。TOTAL$29.73

ここでショックだったのは次の日にFlea marketに行ったら、同じような本がわずか$1~2で買えたるという状況に、激しく落ち込みました。
が、素早く立ち直り(笑)ここでもDEBBIE MACOMBER のシリーズものを2冊と、学習者仲間で話題になった、Chicken Soup for the Soul と Life of Pi を合計$5で購入♪
ここでは売りに出てる本全部を買い占めたい気分でしたが、、、。
たんなる飾りになるのは目に見えてるけど。

さすがにその後は「もう本は買わない!」と思いながらも、美術艦で素晴らしく美しい本を買ったり、お土産とは別に自分用にも「よい言葉が」書いてあるかわいい本を買いぃの、次回のブッククラブで使う本を買ったり~ので、帰国時、鞄の3分の1は本でした。さすがこれは重かった!

しばらくは洋書に不自由はしないでしょう。


【2010/06/30 14:36】 | U.S.A trip | コメント(0) | page top↑| 編集
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。