スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
1年前に読んだ本を読み返してみる事について。
今夜は英語学習を始めた頃に買った英語の本どーもどーもパラダイスを読み返した。

この本は日本に住んでる外国人が日本で感じたカルチャーショックを面白おかしく、やさしい英語で書いてある本なの。

中学生英語で読めると書いてあったけれど、最初は辞書を引きひき読んでました。
まして熟語と言う観念がないから、辞書をひいてもピンと来ない表現が沢山あったりしたけれど、話が面白いので頑張って読んだのだわ。

その後なんとなく英語の感覚がつかめてきたところでもう一度読んだ事がある。

その時は大体の意味が辞書がなくてもわかるかなぁ~という状態だったと記憶している。

で、何でまた今日読み返したかというと、「音読」をしたいと思ったときに何を読もうかなとしばし考えて、そうだ前に読んだあの本をどのくらい理解できるか試してみたくなったからなの。

結果?

う~ん、読めることは読める。

ところが新たな発見は、前回に読んだときに感じなかった微妙な表現が沢山載っていたということ。

あ、こういう表現ならった! という箇所がいっぱいあって、それはとても新鮮な発見なのだけれど、いかんせんその意味をスッカリ忘れている・・・。(-_-;)

逆にそういう箇所を発見するたびにそこでストップして思考体制に入る為、かえって前よりスラスラ読めていなかったかも。

たぶん以前はわかる単語だけで拾い読みしてたんだろうなぁ~。

でも同じ本を半年ごとに読み返すというのは、マジ良い物です。

だって、本を開く時に「どのくらいスラスラ意味が解るかしら?」とつかの間だけれど、ワクワクしたんだから!(笑)

また自分なりに成長が感じられたとき、読んでみようと思う。

再び新たな発見があるんだろうね。

果たしてその時はいつなのだろう・・・。

【2005/07/24 01:48】 | 英語に関する雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑| 編集
<<とっさの一言 vs 考えて話す文 | ホーム | こんな事が嬉しい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eigoeigo.blog2.fc2.com/tb.php/117-1fb9fd7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。