スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
イングリッシュチャンネルについて
今日E.Cとは別の場所でディスカッションをする機会を持てた。

そしてシミジミ思った。

E.Cについて最近色々考えていたのだけれど、今日ディスカッションをしていてやはり1年以上レッスンを受けていたのは無駄ではなかったのかも、と。
E.Cのフランクな雰囲気や、一緒にレッスンを受ける生徒のモティベイトの高さ、先生の生徒に話させるリードの仕方、そして毎日失敗を恐れずに話せる環境というのは、やはり素晴らしい物があるのではないだろうか。

私達はレッスンにとにかくいろんな事を要求する。
グラマーも直したい、会話も流暢になりたい、ボキャブラリーも増やしたい。とにかく英語をマスターする為にいろんな事をレッスンに要求するわけです。
でも、どこだってそんなに完璧なレッスンというのはないのではないのだろうか?
各先生や、レッスンで得られる物は少しずつ違うような気がする。

E.Cではとにかく何でもいいから言葉に出すという事が要求されるから、超初心者でも、とにかく自分の話せる範囲で意見を言う。
最初はとっても辛い事だけれど、こういうのはどんなにグラマーが得意な人でも、話すという経験を積んでいない人にとっては、やはりキツイ期間の洗礼を受けなければならないだろう。

本とかCDとかで勉強するのと実際の会話は全然違うと思う。
自分の知ってる範囲のグラマーと単語で取り合えず話す努力をしている内に、もっとたくさんボキャブラリーを増やしたくなったり、正しい文法を覚えたくなってくるというのが、会話の本来の姿なのかもしれない。

ある程度話せるようになって来た人にとっては、自分の求めてる方法が見えてくるので、勉強方針がおのずと決まってくるのかもしれないが、やはり「話す」という努力を怠っていては、会話の上達は、なかなか難しいのかもしれない。

その点、E.Cはまちがった文法とかでも、話す努力を評価してくれるような気がする。
正しく直して欲しいのも本音だし、あまり頻繁に直されるのも、言葉につまるというのが、本音。
だから、結局E.Cの長所と短所を秤にかけると、退会という言う決心が付かないのだと思う。

E.Cにおける長所だけ自分に吸収して、英語のバランス感覚はまた別の方法で勉強するというのは、学校で国語を習ってる小学生が、授業以外では拙い日本語を友達と話すというバランスのような気がする。知識と実際のしゃべるという両方の形で進めて行くのは、やはり必要な気がするのだが、さてど~うなんだろう?

後1ヶ月、真剣に自分にとって何が必要か良く良く考えてみようと思う。

   
Thank you! ← 貴方のぽちっ。。が私の気力のみなもとよん!


【2006/03/06 02:36】 | イングリッシュチャンネル | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑| 編集
<<Presentationとは、なんぞや?! | ホーム | イングリッシュチャンネルに思うこと>>
コメント
先日のディスカッションではECの良さを再発見できましたね。
だてに長くやっていたわけではない!と。
【2006/03/06 14:46】 URL | ibane #5Y5ypCtM[ 編集] | page top↑
同感!
やっぱり、訳わかんなくても、会話するというのがいいのよね~。ラジオとかCDだと解らなくても返事をしなくても、すむものね。ハハハ。
【2006/03/09 16:14】 URL | E.Baby #9DzM3d2k[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eigoeigo.blog2.fc2.com/tb.php/191-40345df2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。