スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
「ハイディの法則77」使ってみました♪
 昨日nobuo [6/27 comment]さんお薦めの「ハイディの法則77」が届きました。

仕事に出かけるときに習慣で除くポストにポトンと入っていました。
E.Babyは宅配屋さんが、「こんにちわ~」とくると思っていたので、アレレと言う感じ。
でも早速に家の中で開封して車に入れ、通勤の間聞いてみました。

???。CDだけだと、今ひとつ解らない。
でも説明しながら実際に練習するタイプのレッスンなので、ラジオで講義を聴いてるような感じ。
言われたとうりにやってみると、なんとなく「それっぽい」ような・・・。

そして夜中2時間ほど真面目にやってみました。

例題によっては、ちょっとーーー??みたいなところもあったけれど、概して良くできていました。

以前に聞き取りの練習の為に「ディクテーション」をみっちりやった期間があり、そのお陰で、小さく発音されたり、リンキングされた音がある程度聞き取れるようになってはいたのだけれど、いざ、そういう風に自分が発音しようとすると、同じように発音できない!

そのジレンマがこの所ずーーーーとありました。

この本曰く:
 ヒヤリングが出来たとしても、口に出して反複するエクササイズをしていないので、脳にインプットできずにおわっていまう


だそうです。
そういわれれば、ごもっとも。
妙に納得。

それがこの本の「カタカナで表記」されてる音を発音すると、ちゃんと
発音できてるーーーーー!

メチャ不思議。

最初本を開いた時に「なんじゃ、これ?」みたいな第一印象。

だって、物凄く大きな字、それもカタカナ! 両見開きに、1フレーズだけの説明。

とっても英語学習の本には見えませんでした。

でも2時間ほどやった結果として、確かに自分の苦手な発音はこれで練習すると何とかなりそうという予感はしています。

日本人が特に苦手とされる、n の音もこれで練習してみると、もわぁ~としたいい音が出てるような気がしました。

and も n の音だけで良いといつも言われるけれど、本人は n だけのつもりでも、録音して聞いてみると、d の音がかすかに入っていたり・・・。

「正しく聞き取れてれば、正しく発音できますよ」とはいわれるのだけれど、どうしても、テキストを見てると、頭の中で、カタカナの音と、ネイティブの音が喧嘩して、混乱しちゃうて、そのあげく、舌がもつれてしまう。

でもこの本にかあいてあるように、もう、思い切ってこういう風(聴こえるとおりに)発音しよう!と心に(頭に)言い聞かせると、なんだか上手く行きそうです。

cotton → か・ンー、か・ンー、か・ンー、、、

 t の音を出したい気分をググゥと抑えて、か・ンー。

何だか出来てるよー!(喜)

後は、テキストからのインパクトに惑わされないで、スラ~とでてくるまで練習あるのみですね。 



明日のレッスンで、何か一つ、ピカッと光る「音」を出せるように、練習しようっと。

魔法の発音!ハイディの法則77 魔法の発音!ハイディの法則77
ハイディ矢野 (2000/09)
講談社

この商品の詳細を見る



人気blogランキングへ登録しています。
Thank you! ← bu・ンー (button) ? 

【2006/07/03 01:19】 | おきにいり(本) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑| 編集
<<◆ 2006年7月の目標 ◆ | ホーム | 発音とマイホームの関係に関する考察>>
コメント
この間久々にお話した時の「お塩とって~」のフレーズは超~かっちょよかったです!この本でさらに英語ベッラべ~ラな人みたいに話せたらいいですね!
【2006/07/03 14:37】 URL | ibane #5Y5ypCtM[ 編集] | page top↑
ほんとですかぁ~
嬉しい事言ってくれちゃいますねぇ。。v-402

素直に喜んじゃいます!ははは。

この本をやって英語を話せるようになるとは思わないけれど、今までつっかえてた音がスラ~と言えるようになると、少しだけ自信につながるかな?と期待しています。

この本は沢山覚えなきゃならない発音の極一部なので、これを元にドンドンエクササイズをしないと、ibaneみたいにはしゃべれないと思うわ。

でも、頑張り甲斐はあると、「信じて」やってみます。
【2006/07/03 15:40】 URL | E.Baby #9DzM3d2k[ 編集] | page top↑
アバラ アバラ ハバラ
E.Babyさん ハイディさんの本を手にされたようでなによりです。 ハイディ矢野さんは NHKラジオ講座の遠山けんさんに匹敵するぐらい面白い人で 私は若い時ファンでした。

覚えているのは あばら骨のアバラと何度も言って アバラアバラ から ハバラに変えて
How about a cup of coffee?
ハバラ カッポッ カフィ
ってな感じで一気にセンテンスを発音するんです。

American English Dojyoというラジオ番組は公開録画番組なんですが出演している中・高校生がハイディに「ダメ!」とか言って発音を直されていました。活気があり楽しいレッスンでした。

アマゾンのレビュー見たらこの本は超オススメか まったくダメかの二つに分かれていましたね。 まあこういうアプローチで今まで染み付いている文字からの発音を 聴こえたままの発音というのに変えればE.Babyさんの発音も一段と良くなると思います。

私も大昔に買った本とカセットテープが残ってるかさがして見たくなりました。
【2006/07/03 21:06】 URL | nobuo #o4hagwI2[ 編集] | page top↑
これで、除霊できるか?ん?
nobuoさんありがとうございました!

今日で3日目ですが、それなりに楽しんでます。

今まで詠んでいた文も「カタカナのルビ」を打って読み替えたりしましたが、テキストはやっぱり「文字」が目に入ってきますので、これは「脳内改革」をしないとダメみたい。(笑)

カタカナ発音の亡霊に未だ悩まされておりますぅ。。

でもこのレッスンは楽しいので、絶対に進歩すると思ってやってみますね。

nobuoさんの生徒さん(子供達)にも是非使ってみてあげてください。
お宝発掘の成功祈ってます。
【2006/07/04 02:21】 URL | E.Baby #9DzM3d2k[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eigoeigo.blog2.fc2.com/tb.php/237-c28af19b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。