スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
一石五鳥?? 速読速聴・英単語
久々に「学習本」買っちゃいました!

衝動買い?? ふふふ。。



昨日仕事帰りに24時間営業の本屋で「NHK ラジオ徹底トレーニング英会話 2006年 11月号 [雑誌] / を買いました。

ついでに「なんかぁ~、単語覚えるのにぃ、いい本ないかなぁ~」なんて気持で英語の本のコーナーをブラブラ見てました。


Amazonとかではたまにチェックするのだけれど、「生本?」は普段見る機会がないので、話題性のあるの何冊か手にとって見てみました。


Amazonでは欲しいなぁ~と思っていたのでも、手にすると「いま、ひとつだなぁ」というのが多かった。

その中で、「速読速聴・英単語」というのが中身も充実しているようだし、本のキャッチフレーズもなんだかそそる!

CDもついてるから、音から単語を覚えられそう!

題材は「ニュース」からという事なので、中身の文までは読まなかったけれど、今やっている学習に物凄く役に立ちそう!


そんな印象を受けたけれど、「学習本」はアチコチ手を出しても、「コレ1本!」と思うのが見つかるまでは、買わないようにしている。

そこで早速、家に帰って、Amazonで検索。

カスタマーレヴューを丹念に読みました。

むむむ。

大絶賛!しているではないか。

そしてE.Babyも思ったのだけれど、アレだけのボリュームで¥1900はコストパフォーマンス抜群ではない?

それにレヴューに書かれているのは皆さんググッとヒアリングと読解能力がUPしたとのこと。

それが実は速読速聴・英単語 Basic 2200 / 松本 茂、藤咲 多恵子 他へのコメントだったのだけれど、私が本屋でみたのはどのレベルの本だったか記憶が定かではなかったのよね。

レヴューによると、Bacic 2200 を薦めているのだけれどね。

まぁ~Amazon で買ってもいいのだけれど、早速始めてみたかったので、今夜また本屋に行って確かめてみました。


う~~~ん、「速読速聴・英単語 Core 1800 ver.2 / 松本 茂、藤咲 多恵子 他」中級むけだったわ。

どうしようかしばらく迷ったのだけれど、内容が面白そうだし、希望は海外のニュースを聞けるようになるためなので、語彙もそっち方面を増やしたいし・・・。

ということで、今の私には少し難しいかな?と思ったけれど、買っちゃいました!


早速、さっきまで音声を聞いたり、本をペラペラめくったりしてました。

この膨大な、音声と単語をどうやってマスターするの???

と思い悩んでいたら、ちゃんと学習の仕方というか、「この本の活用例」というのが載っていました。

      ****以下抜粋****

1. 第一サイクル:目標 →「英文内容把握&単語確認」

 ①英文を読む前に、テキストを見ずに2~3回聴いてみる。1語1語の「音」に捕らわれるのではなく、全体として何を言っているのかという「情報」を読み取る事に全神経を集中させる。聴き取れない部分があっても、残りの聞き取れた部分で「推測する」よう心がける。

 ②今度はテキストを開いて、英文を目で追いながら、また2~3回聴いてみる。

 ③次に、今度は自分で実際に「音読」してみる。(CDは聴かなくてもよい)

 ④テキストで単語学習と英文内容把握学習を行う。

 ⑤(④終了後)復習時に、単語の発音と英文を確認する為に再度、CDを聴く。


以上が第一サイクルです。

2.第2サイクル:目標→「速聴」
 
 ①テキストを見ずに、fast speed だけを、およそついていけるまで数回聴く。

 ②テキストを見ながら、slow speed →fast speed の順に、shadowing を行う。

 ③テキストを見ずに、fast speed でshadowing を行う。これがほぼ出来るようになればOK.


抜粋ココまで



だそうです。


この本の主旨は「文脈主義」で単語を覚えると言う方式なので、こうした練習をしている内に単語を覚えるということです。

単語丸暗記が苦手なE.Babyにはうってつけの「勉強方法」です。

音読をして「文」をおぼえるから、話す力も、聴く力もつくし、単語の正しい使い方も身につく。リーディング力も上がりそうです。


まさに、一石五鳥です。

いままで、単語帳を自分で作って来たので、それを作る時間も大幅に軽減されそう。


早速明日からやってみよう!

「単語1400」はしっかりマスターしたいけれど、「熟語400」というのがすごいね。

何日かはやり方を模索すると思うけれど、基本的には「活用例」のとうりにやってみるわ。


第1日目 
夜①、②、④
第2日目 
*昼間 ③、と単語と内容把握の確認。
*時間があれば、音読
*夜 次の章の①、②、④.
第3日目
*昼間 ③、と単語と内容把握の確認。前の章の「音読」を数回(復習)
*夜 次の章の①、②、④


★単語の意味は「英英辞書」で必ずチェックする!


このペースで数日様子を見てみようと思う。
1日に何章進めるかは、まだ不明。

PART1が60章あるので、毎日1章だと60日かかる。
文章が短めなので、3章ぐらいは出来るかもしれないが・・・。

年内はこの本にかかりきりになるのは決定ですね。

がんばるぞ!


       


速読速聴・英単語 Basic 2200 速読速聴・英単語 Basic 2200
松本 茂、藤咲 多恵子 他 (2002/11)
増進会出版社

この商品の詳細を見る


速読速聴・英単語 Core 1800 ver.2 速読速聴・英単語 Core 1800 ver.2
松本 茂、藤咲 多恵子 他 (2003/03/20)
ビーエスエス

この商品の詳細を見る


人気blogランキングへ登録しています。
Thank you! ←Shall we start to learn this method together with me? 

【2006/10/28 05:56】 | おきにいり(本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑| 編集
<<来た来た!K/H System | ホーム | 11月の学習希望・・・。K/H System (入門編)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eigoeigo.blog2.fc2.com/tb.php/272-9ef0066e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。