スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
来た来た!K/H System
昨日、 本買ったし、まぁ~取り合えず読むもの有るからそんなに、急がないけれど・・・。

でも、注文した本どうしたのかな? と、思っていたら、今夜郵便受けをのぞいたら、入っていました!

 ■ 究極の英語学習法K/H System (入門編)



まっていたのよ~~~。

早速中身拝見!


なるほどねぇ。(何の事かわからないですよね?(笑)

まだ方法論しか読んでいないので、あまり詳しくは書けないのですが、このやり方で勉強すれば、何とかなるかもしれない。

というか、勉強のやり方を「提示」してもらっただけでも、この本を買った甲斐があるというものです。

実はこの本を読んでいて、アレレと思った所が随所にありました。
それというのは、常日頃から、e-sekaiの玲子さんに言われていた事と良く似ているのです。

そしてコメントなんかにも似た表現があって、そうか、この本は「王道」かもしれないなぁ~、といたく感心したわけです。

まず1番最初にすることは、自分の今の実力を「厳しく採点」することだそうで、初見の「音声」聴いて、和訳を声に出して、「録音」することから始まります。

解るところだけになるかもしれないし、全くチンプンカンかもしてませんが、とにかく、録音した物を、スクリプトと照らし合わせて、実力をチェックします。


そしてその実力にそった、勉強への心構えが示されていますので、そのアドバイスを参考にしながら、この本での勉強を薦めて行けるようになっています。

あしたは、早速、そこからやってみようと思います。


ついでにちょっと、CDを聴いてみたのですが、コレは面白いです。

多分題材は、1種類しか入っていないと思います。

でも、色んな形で入っていて、何を勉強するかによって、聞くユニットが違うのです。

「合いの手いり」というのがあったので、ちょっと聞いてみました。

これが、とってもユニーク!

英語の一塊のフレーズの後に、日本語で、「だから?」「それで?」「で、どうしたいの?」とかはいっているんですね。

「それで?」という日本語の後に、それにピッタリの英語が続くように、日本語の合いの手を物凄く上手く入れているのです。


これは、目からウロコです。

普段英語の音声を聞くときも、「一人突っ込み」を入れると断然英語を理解しやすくなると思いました。

でもこれは英語の意味を即座に理解しないと、、、言えない。。。


日本語では、たまにテレビのタレントのコメントとかに、
突っ込み」入れてる人を見たりするけれどぉ、英語でコレができたら凄いなぁ~と思いました。

まずは、明日の「実力確認」からスターーーートします!

究極の英語学習法K/H System (入門編) 究極の英語学習法K/H System (入門編)
国井 信一、橋本 敬子 他 (2001/06)
アルク

この商品の詳細を見る



人気blogランキングへ登録しています。
Thank you! ←明日という日は、明るい日とかくのねぇ~♪、、、古! 

【2006/10/29 05:04】 | K/H System | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑| 編集
<<K/H System 早速始めてみました! | ホーム | 一石五鳥?? 速読速聴・英単語>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eigoeigo.blog2.fc2.com/tb.php/273-75ab2bed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。