FC2ブログ
K/H System 英語力のインフラづくり
先日からポツポツやっているK/H System ですが、まずコレを始めるにはこの「勉強法」をしっかりと理解しないといけません。

勉強法を書いてある所と考え方が、交じり合って書いてあるので、アッチを読んだり、コッチを読んだりと忙しい・・・。

読んでいると、それの実践編へページを飛ばすので、そっちをざ~~~と読んでいると、何の為にそのページを読んでいたのか忘れてしまい、また元に戻って読み返してみたり。


ちょっと、頭がスッキリと整理されないので、本を読んでいる割には、勉強らしい事はしていない。

でも、昨日、講義用のCDを聞いていたら、とてもよく理解できて、見る見る闘志が湧いてきました。

闘志というよりも、やるべき事が見つかった安心という感じです。


コレをやれば「何かしらの結果」は出る!という気持になったとたん、強力な集中力が出てきました。

勉強していても、何をやっているのか、何の為にコレをやっているのか?というのがついつい、忘れがちになってしまいます。

この本は、実際の「練習用CD」と「講義用CD」がついていますので、講義用のCDを昨日初めて聞いた事で、色んな事を考えさせられました。


文法の初歩から始まり、ECで英語に慣れるという状態にしたり、しっかり精読をやったり、集中的に音読や、発音をやったり。

また、文法に基礎をやり直したり。

その時その時は、成行きで、バラバラにやっていたよな気がしたのだけれど、今になってみると、すべて、「英語の基礎力のインフラづくり」の作業だったと、ハッキリ認識しました。

まぁ~、語彙という視点からは、全然まだまだなのですが、これからしっかり「英語をインプットしていく受け皿」をいままでは作っていたのだと解りました。


日常会話の丸暗記とかではなく、英語を英語で捉えられるようにする為の作業をしていたんだなぁ~と解りました。

これから受け皿ができたので---発音、英語のリズム感覚、単語の捉え方、文法、文の読み方、単語や句動詞を簡単な英語で表現出来るように自分の中に落とし込むやり方,etc.---すべていままでやって来た事が、K/H System の方法ととてもよく似ています。


だからこれからは、「仕込み」という段階に入るのだなぁ~という実感があります。


最近友人とかに、「4年も英語をやっているのだから、かなり話せるでしょう?」と聞かれて、自分の中では何故かこういう風に思ってしまったのです。

「今、ようやく英語のスタートラインに立ってる気がする!」



何故だかそんな気がしたんです。


でも、理由がわかりました。


やっと、色んな事が見えてきたんだとおもう。(遅い!)


今までは、頭で英語を理解しようといつも思っていたのではないかな?

勿論、理解が先ずは必要なのだから、やっと、その段階が終わって、体得という段階に入ったのかな?と。

今までやって来た事が、ダンダン一つにまとまり出している感じ。

とっても、ワクワクします。




とはいっても、未だに、K/H System の第一段階の、「意味が解らない単語がないようにする」というところで、ふーふー言っています。
シャドーイング開始までまだ何日か必要です。

でも、11月はこのシステムをガッチリとやりたいと思います。

11月中に完了が最大目標です!


がんばるぞぉ~~~~。


人気blogランキングへ登録しています。
Thank you! ← Knowing that it's a good method, and I also think that it is a challenge for me to learn and retain it. Am I making the right decision?


【2006/11/02 03:10】 | K/H System | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑| 編集
<<11月の学習計画 | ホーム | K/H System 早速始めてみました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eigoeigo.blog2.fc2.com/tb.php/275-21d0a0f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |