スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
Paragraph#2までなんとか・・・
先日から始めた「スラ唱」今日も1パラグラフ覚えた。

1日1パラグラフのペースもたぶん此処まででしょう。

これ以上は多分きつい。

いっぺんに覚えたものは多分すぐに忘れちゃうだろう。
それは今までの経験で知っている。

この練習を始めたのも、K/HSystemの方法論を試してみたかったからだし、暗唱に力を入れすぎても、英語を英語のまま理解する為の訓練と言う主旨からダンダン外れてしまうので、明日からは方法論に則って、シャドーイングに励もうと思う。

でもやはり、K/HSystemの効果は多大であった。

英語を読む時のフレーズの捉え方が全然ちがう。

例えば、
all of the people of our country
a terrible accident on the ground
等など、単語が集まって一通の単語みたいになっているようなのはそういう風にガバッと塊で捉える事が出来るようになった。

ネイティヴの会話をこのようにガバッ、ガバッ、と聞き取れるようになったら、かなりヒアリングも伸びるのではないかと期待しています。

でも実際は、テキストを見るから、ガバッという部分が見えるのだけれど、会話上では、どこからどこまでが「ガバッ」なのかを見極めるのは非常に難しいです。

だから、ネイティヴの音源に忠実に沿ってシャドーイングの練習をしているのよね。

息継ぎとか、機能語をさらさら~と言ってしまう所とか。をしっかり身に付けて、聞き取りアップを目指します!

人気blogランキングへ登録しています。
Thank you! ←I mourn seven heroes: Michael Smith, Dick Scobee, Judith Resnik, Ronald McNair, Ellison Onizuka, Gregory Jarvis, and Christa McAuliffe.



【2006/12/20 05:50】 | K/H System | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑| 編集
<<シャドーイングのみでした。 | ホーム | 来た来た!添削メール第1弾!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eigoeigo.blog2.fc2.com/tb.php/296-3c97a3e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。