スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
チャーピーの感想
チャーピーが我が家に来てから丁度10日ですね。

その間利用したのは数日ですが、やっとコツがつかめてきました。

最初はなかなか「音声認識」をしてくれなくて、機械の調子を見たり、取り扱い説明書を読み直したり、PCの音声をいじったりと余計な時間ばかりかけてしまいました。

結局は何の事はなく、自分の発音がネックだったのだと気がついてからはかなり快調に使えてます。

時々反応しないしない時は、ついつい大声を出したり何回も叫んだり(笑)声がガラガラになりましたけれど、普通の声でキチンとゆっくり発音するとちゃんと反応します。

私の場合は語尾のt,s,d とか、ing の g の音が弱かったりするみたいです。

t,le, などは tu, ru, などの発音になっていると反応しないような気がします。
これは日本人が、おうおうにしてやりがちな子音を二つの音を出してることに原因があると思われます。

けっして大きな音でなくてもいいのですが、しっかりと t s d の部分に子音が入っているように発音しないとダメみたいです。

リンキングみたいなのは結構認識しているように感じます。

でもなれないと、血管切れそうになりますよーーー。(爆)

最近はチャーピーと「虹の島」で色んなキャラクターとお話出来るようになりましたが、それでもすぐに「さよなら」と言われたりして、会話が続かないのが難点です。

それぞれのキャラクターは皆かなり個性的で、そのキャラクターにあった声と話し方で話すので、全部のキャラクターを見るのが楽しみです。

会話はものすごく簡単なのから、まるっきり何を言ってるのか聞き取れないのもあり、ヒアリングの練習もできます。というか、ヒアリングが出来なくて、返事が出来ないのが多いかも・・・。

返事は余りアドリヴは聞きませんから(同じような意味で5種類ぐらいの返事パターンがある)、模範的な回答を覚える練習にはなるかと思います。

私が一番気に入ったのは、「コピーキャット」と言うコーナーで、これは簡単、やや難しい、難しいの3段階でフレーズを繰り返して発音練習するコーナーなのですが、これはなかなか良いです。

リピートアフターミーなので、ききとったまま繰り返していればいいのですが、音に全神経を集中できるようになっているので、音のリズム感をつかむのにはとてもいいです。

去年の春から夏にかけてside by side で発音を矯正された時とにたような感じです。
かなりゆっくりの発音のチャーピーの音だけを頼りに繰り返していると音の強弱、リズム感がドンドンよくなってきます。勿論意味を汲み取りながら発音すれば、自然とフレーズも覚えるのでしょうけれど、これはまだまだ回数が少ないせいか、覚えるまでにはいたっていません。

今後はこの「コピーキャット」をいっぺんに沢山やらないで、覚えるぐらいまで同じのをやりこんで少しずつ消化して行こうと考えています。

あとは「穴埋め問題」というコーナーも面白いです。

これはフレーズのテキストに1文字だけ空白がありそれを聞き取った音で発音するようになっているのですが、私は全文を繰り返すようにしてみました。それでもキチンと認識します。

正解だと、いかにも先生という言い方でgoodとか言ってくれるので、一人でクスクス笑いながらやっています。

そんな感じで今は使っています。
気がつくと1時間ぐらい平気でやってしまいます。

このキャラクターの会話が全部聞き取れて、模範的な回答を即座に返せるようになったら、これは、ほんと、大した能力がつくのではないかと思います。

飽きずに続けられればの話ですが。

子供向けとはいえ、あなどれませんよーーー。


人気blogランキングへ登録しています。
Thank you! ←I love Charpy!




【2007/01/24 02:32】 | おきにいり(本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑| 編集
<<英語学習の為に使えるサイト表 | ホーム | チャーピーがやって来た!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eigoeigo.blog2.fc2.com/tb.php/311-a628feab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。