スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
和文英作にチャレンジ(そのうち・・・)
美味しさの定義づけとは何か


美味しい物の定義とは非常に難しくもあり、曖昧でもあると思います。
あくまでも私が作る料理は私の美味しさが基準になっており、それが万人に通じるとはまったく思っていません。
しかしながら、私は贅沢な食材を使えば美味しいのかといわれるとこれも、何が贅沢であるかという基準が難しいのですが、それは違うと思います。

お料理は食べるものでいえば、その素材を味わうことであり、畑の青菜も、雑草も、お魚も、肉も、それぞれが持っている美味しさがありますので、まずはそれを味わえる事。
それが、喜びの内のまずは一つではありますが、空腹を沈めるというのも喜びでもあるわけです。
そして食事を楽しむ仲間や、雰囲気も、喜びのひとつですよね。

そういうことを考えてみると、美味しいという基準の曖昧さがますます際立ってきて、本当に美味しいものとは何か?という、堂々めぐりになってしまいますね。

「目黒の秋刀魚」という落語をご存知でしょうか?

結局はどんなにグルメな食材を持ってしても、総合的な美味しさというには程遠いということです。

だとすれば、我々日本人にとってはまだまだ、寒い朝に起きたときに、母親が作ってくれた暖かいご飯や、味噌汁も、絶対に美味しいし、ごちそうである。
冬の凍るような白菜付けも、質素ながら、これまた美味しい。

手が込んでなくても美味しいものは美味しい。

料理を作る側としては、普通に美味しい物を普通にお出ししてもあまり価値がないかな?とついつい余計な事をプラスしがちであり、それを極力抜きつつも、感動を与えられるものを考えます。
つまり考えれば考えるほど、大変であり、創造的であります。

ですから、料理は楽しい!

なんだか、言語の一生勉強に通じるものがありますね。

それにしても、最近特に強く思うのは、「命あるものを頂く」のだから、粗末な食べ方をしてはいけないという考えです。

素材にランクをつけたり、不味いという理由だけで、処分したり、売る為だけに加工しているという事がとても気に障ります。

私の考えは、「幸せになれる食事が美味しい食事」という基準が土台にあるような気がしてなりません。


それが私にとっては「美味しいお料理」ということになるのでしょう。



まずは、日本語で、論理を考えてみた。
この段階が一番難しいような気がする。
【2007/12/17 00:51】 | 雑文[暮らし編] | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑| 編集
<<White... | ホーム | 最近のiKnow>>
コメント
おいしいもの大好き。♥

(笑)

拒食症になる人がどうやってあんなに自分をコントロールできるのか分かりません。;(
【2007/12/17 02:27】 URL | Hiro #N.vW.TCs[ 編集] | page top↑
拒食症は病気ですよ~こわ~
以前カナダの英語の先生の娘さん(Hiroと同じ年)とSide by Sideのテキストで勉強中にホームパーティの買い物リストを見ながら数の数え方を勉強していたのですが、アイスクリームの量の桁が違うのにものすごく驚いたのを覚えています。
バケツみたいなアイスクリームを何個も買うのだそうですよー。

その人も日本人の血が混じっているので、私の反応がおかしかったのでしょうね、クスクス笑っていました。

Hiroはどんな食べ物が好きですか?
【2007/12/17 03:50】 URL | E.Baby #9DzM3d2k[ 編集] | page top↑
アイスはバケツですよ~。1GALLON.でかい。ケチャップもでかいし。。。何でも大きいですね。(笑)日本に帰ったときの、何でも小さくて高いと言うのに毎回あきれています。(汗)

私は麺類、フルーツ、肉、野菜、甘いもの、おいしいもの、が大好きです。(笑)
でも、きのことかなすとか食べれないんですよね。魚も嫌いです。日本人なのに寿司があまり食べれないという変人です。

麻薬調査はね、一年に一度前後の回数で、抜き打ちテストみたいに行われます。先生も知らないのです。いつくるか。
分かってしまうと、先生たちが子供に教えてしまって、問題になったりしたことがあるから。
で、先生たち自体が麻薬とか持ってきていたりするから。
それでよくつかまります。
学校に持ってこなければいいのに。。。
馬鹿ですよね。
【2007/12/17 06:15】 URL | Hiro #N.vW.TCs[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eigoeigo.blog2.fc2.com/tb.php/464-c5617582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。