スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
リーディング力をつける勉強法
今日カーブスの帰りに恒例の(?)の本屋の寄り道をした。
NHKのテキストも買わないといけなかったのでね。
そして最近気になっていた「英和辞書」のチェックも兼ねて。(笑)

で本題は上記のとは全然関係なく(笑)、ペラペラと立ち読みした本がえらく良さそうで、しばらく悩んでいたのだけれど、学習本はもう沢山るので・・・、と取り合えずグッと我慢しました。
メソッドが良さそうだったので、家に帰ってから、調べてみました。

そうしたら本の紹介にそのやり方がかいてあったので、早速ビジネス英語のテキスト(約200単語)でやってみた。
これはいいかも~♪

■英語は10回読めばモノになる■!

知らない単語でつまずく人には(それは私)は、いい方法です。
取り合えず知らない単語をパスして読むのだけれど、その単語に○をつけるので、小心者の私はそこに気がかりを残さずに、安心して、サクッと次に進めます。
単語をまだ調べないで、あと2回読むのですが、知らない単語はもう見捨ててますから、そこには意識を集中しないで、解るところだけで意味を取ろうという態度で残りの2回を読むのですが、
ここでミラクル~~♪

その知らない単語を 無視!して読むことで、解る単語だけでかなりの意味を掴めるものナンですねぇ~。へぇ~です。

そして、4回目にもう一度解らない単語を○で囲みます。その後に○が2回ついた単語だけを辞書で調べます。

このあたりで、もう知らない単語を調べなくてもなんというか 「全体像が見えていて、ある一部分だけちょこっと空白がある」 という状態になっています。
ほとんど出来上がっているジグソーパズルのうちの何個が抜けてるみたいな感じです。
空白はあるけれど、意味は取れているという。

今まではその知らない単語のせいで、文章が読めない症候群だったのが、不思議です。
ちゃんと、読めます!

そして、無視して読むので、スピードも速いです。
多分、多読をしてる人というのはこういう読み方をしてるのでしょうね。

面白い発見でした。

ビジネス英会話のビニュエットはだいたい200文字ぐらいで、音声は1分20秒ぐらいです。
ですから、このメソッドの1分間に200文字より少し遅いかもしれませんが、それでもあのスピードでドンドン読めれば(意味をつかむ)私としては上出来です。
1回目は6分40秒かかりましたが、最終的には音声と同じ速さで意味を取れるようになりました。(という事は聞いていて意味を取れると言う状態にかなり近づく)

しばらくこの方法で、リーディングやってみようと思います。

---メソッド---

1回目: 知らない単語やフレーズを○で囲みながら、辞書を使わず読む。
2、3回目: あと2回読む。まだ、辞書は使わない。
4回目: 気になる言葉をもう一度○で囲む。2回○がついた単語のみ辞書で調べる。
5、6、7回目: あと3回、できれば大声で読む。7回読んだ後わからない単語をすべて辞書で引く。
8、9、10回目:あと3回、添付のCDに合わせて1分間に200語を目標として読む。


よさそうだったら、本も買って練習してみようかと思います。


英語は10回読めばモノになる!英語は10回読めばモノになる!
(2008/01)
デイビッド・セイン

商品詳細を見る
【2008/01/30 05:26】 | Tips(情報・アイディア) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑| 編集
<<図書館本その1 [The Japan Times 社説集] | ホーム | 英英辞書のすすめ>>
コメント
メモメモ “〆(゚_゚*)フムフム
カーブスいきたい。昨日と今日いけなかったので悶々としてます。腹筋とヒップアップは欠かさず家でしてますが・・・。
さっそくメモしました。
私は3回以上聴いてから読み始めます。1回目ですでに辞書引きをしています。私もわからない単語があったらストップしちゃう人なんです。v-17
1回読んじゃうともう後は聞くだけです。音読はあまりこのごろしません。
これを機会に音読をがんばろうとおもいます。v-42
いい本を紹介していただいてありがとうございます。
で、辞書はどうでしたか?v-410
【2008/01/30 16:20】 URL | Leonie #-[ 編集] | page top↑
辞書は保留^^;
もちろんスーパーアンカー英和辞書とえっと、もうひとつなんだっけ?和英の辞書。それに他に10冊ぐらい見比べました。(^_^)

結果、頭がボーとして。
なんだか良く解りませんでした。

ふだんそんなに辞書を見慣れてるわけではないので、立ち読みぐらいでは違いが解りませんでした。
それに、開いてみたら、辞書はやっぱり辞書以外の何物でもない!
当たり前ですけれど。
小説読むのとはわけがちがいます。
やっぱりしばらくは手持ちのLongmanを使い、英和はPCにインストールしてあるバビロンでいきます。
バビロンはフランス語やらスペイン語やら何でもかんでも追加で入れれるので便利です。

Leonieさんは、もうどれかに決めたのですか?
【2008/01/30 16:53】 URL | E.Baby #9DzM3d2k[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eigoeigo.blog2.fc2.com/tb.php/492-026dded6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。