スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
百式英単語のトライアルを終了しての結果とまとめ、感想
はい、題名とうりの内容です(笑)

本日午前中に無事「百式英単語・最難関レベル・100語暗記」を終えました。

結論:この方法で単語を覚えます!

結果:まぁまぁ覚えられたかな。(90パーセント以上)

今回の結果ではっきりしたことがいくつか分かりました。

今日は日本語を隠してテストしてみて分かった事なのですが、

■何回か出会っていたけれど覚えてない単語はほぼ定着する。
■うろ覚えだった単語も瞬間的に英語→日本語、イケます♪と言うより英語に日本語がくっついてる状態で一つの単語になっています(笑)
これは日本語が英語脳を邪魔しているように思われるでしょうが、なんか少しちがいます。
英語単語を言ったときに沸いてくるイメージが日本語と英語両方で身に付いてるかんじです。
コレがApple化なのかぁ?
まだ、ちょっと分かりません。
今回暗記した単語にどこかで出会った時に、今回の成果がはっきり分かるでしょうね。

■初めて見た単語は一度しっかり調べないと定着が悪い。
今回の百式トライアルに使った「最難関レベル」の単語は、まったくの初見の単語というのは数えるほどしかなかったです。
しかしです、コレがなかなか覚えられませんでした。
特に抽象的単語。
覚えていないかどうかは今日のテストでも、当然良い結果ではなかったので、はっきりしたのですが、練習中も単語からイメージがわかないので、身に付いた感覚がありませんでした。
発音も毎回間違えるし。
でもoutputするまでにはいかないけれど、読むぐらいはなんとかなるレベルまでは行きます。(瞬間的に対訳の日本語は出てこないが、大体の意味が取れると言う状態)

そのあと、辞書でしっかりと腑に落ちるほど調べなおしました。それで、なんとか定着しそうです。
ということは、まったく英語に触れた事がなくて語源のことや、品詞の種類とかがあやふやだと、暗記はしたけれど意外と使えない単語の山を築く危険性もある方法だと思います。

もちろん単語をしっかり調べてから作る単語帳でやるのには最善の方法だと、私は思いました。


まとめ:短期間で、大量に、確実に、使える状態 になる方法だと思います。

殆どの単語がどこかで出会っていたというのが多かったのですが、もちろん見た事があると言うだけで、意味やら、発音やら、使い方などは限りなく、白紙状態でしたが、どこで出会ったか思い出せる単語はほんとに定着が早かったです。
と言う事は、これからのTOEIC問題集などに出てくる何回も出会っているけれど、すぐに意味がピンと来ない単語などの定着には多大な貢献をしてくれるメソッドだと思います。

そして一番の良い事は、まったく苦労がない事♪
ただ読んでればいいだけですので・・・
1日20分さえあればいいのだし・・・

悪くない方法だと思います。

あとはどのぐらいの期間記憶を保持できるのか?
メソッドによると、当然メンテナンスは必須と書いてあります。
どのぐらいの間隔でレヴューをするのかは、またこれからの研究課題ですね。


今月中はこの方法で、TOEIC重要単語を身につけます

【2008/09/16 15:12】 | ボキャビル | コメント(0) | page top↑| 編集
<<TOEIC対策集中学習法 覚書(単語編) | ホーム | TOEIC対策お勉強6日目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。