スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
Ann of Green Gables の単語
昨日のLeioneさんのブログを読んでからなんとなく意識していたら、早速 エイゴの時間 で pity が出てきて、あぁこれも アンで覚えた単語だわ~と感動しました。
ほんとにアンで覚えた単語は沢山あります。

そして今日のe-Chat Vancouver 第778回で 「You may want ~」の説明が出てきて、私はこれもアンで習わなかったかしら?と。
それで懐かしくてまたテキストを読んでみました。

ちょっとちがいましたねぇ。

アンのほうに出ていて、先生が「これは 覚えましょう~」といっていたのは、

might as well でした

説明の「~した方が良い」という意味では同じような感じなので、てっきり勘違いしました。

先生の説明では、「みんなでレストランで待ち合わせて食事をしようとしたときに、一人遅れてこない人がいるときに待ちくたびれたので、「先に食べちゃいましょうよ~(・・・した方がいいねの意)」のような事をいいたい時などに使うとのだと教えていただきました。
それと今回のe-Chatの説明似てません?

そんなAnne of Green Gablesですが、もう何回読んだのかというぐらい読んでるのですが、いつも何かのターニングポイントで読んでるので少しずつ少しずつ読むのが楽になってきています。

今日は読んでいても母国語並みに意味を追いかける事が出来て、自分の成長をヒシと感じることが出来ました。
ノロノロでも、成長し続ければ何とかなるのでしょうか。

とはいえ、意味がストンと落ちないセンテンスがまだ3行ほどあります。
これもいつかは母国語のように理解できるようになるのでしょうかねぇ

また何かのきっかけで読める日が来るといいな♪



【2008/10/10 23:33】 | ボキャビル | コメント(0) | page top↑| 編集
<<autographとstimulate | ホーム | 第143回TOEIC公開テスト 申し込みました♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。