スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
英語は「論理」 読後感
英語は「論理」 (光文社新書)英語は「論理」 (光文社新書)
(2003/12/16)
小野田 博一

商品詳細を見る
非常に判りやすく英語という言語を使っている人たちの思考回路が書かれています。もちろん日本語で解説してあるのですが、その解説の仕方が、文中にある「論理」を踏まえた書き方になっている。これが非常に興味ぶかい。なぜなら論理を説明している本が日本語の思考回路で書かれているをいままで読んできたので。「論理」系の本を読んだ経験は数少ないのであるが、それでもこの本は読んだ価値があると断言できる。 と論理的に書いてみる(笑)


今回図書館で借りてきた本は私にはとても役立つ本が多かった。
たいして吟味しないで借りてきたのが良かったのだろうか。

■■英語を英語たらしめる「論理」について

理詰めであること
英語の表現習慣に合った英語を書かねばならない

英訳しやすい日本語表現を使う
知ってる英語の範囲内で、英文を書くこと

言葉を文字どおりの意味で使う

難しい=難しい ○
難しい=拒否の意 ×

理解できない=理解できない ○
理解できない=不賛成の意 ×


頼む時には理由が必要
英語の場合、やわらかく書かねばならないのは、日本語の場合と同じですが、何が正しくて何が間違いかを十分説明したあとで指示----高圧的でない事務的な指示-----を明記せねばなりません。

【「お願い」の文章であってはなりません。お願いの文章では、相手が日本人でないなら、相手には、それが指示であることがたいていはつたわりません】

意見を述べるときは必ず理由を添えねばならない

理屈と感情は相反しない
理屈を述べよーーー丁寧に、徹底的に

あなたは理屈のみ述べてればよい

「理屈ばかり述べていても、感情を無視したら・・・」
このように考える人は、理屈の意味を誤解しています。感情も、理屈の上に立っています。たとえば、わけもなく怒る人はいません(その人が論理的な人なら)。怒る場合は、「怒るべき理由」があって、怒る事がその人にとって理にかなっていると判断できる行為だからです。つまり、感情面のことに言及する理屈をのべるのは可能であり、理屈ばかり述べるということは、「感情面のことを考慮外にすること」ではないのです。

感情を述べるなら、理屈として感情を述べねばなりません。理屈に対抗するものとして感情を述べてはいけません。


感情が感情を逆なでする
交渉力の基本は、「理屈による納得」

交渉の基本----「相互の立場を理屈で理解」

あなたが理屈を述べずに感情を云々すると(あるいは「そこをなんとか」の精神で挑むと)、英語圏の人は感情を逆なでされます。「まったく論理的でない人と私は話しているんだ」と考えてイラつくのです。

理由を上手に述べるポイント
主張を支柱で「直接支える」こと
理由に次ぐ理由---圧倒的な量の理由
はしょってはいけない---欠落部分を読み手が補う習慣はない
肝心なことを先に述べよ---関係のないことを述べてはならない

「ではないだろうか」----これを英訳しようとしてはならない




あとはちょっと面白い文がありました。

日本人の「はっきり主張しない習慣」
日本人の多くには、「はっきり主張しない習慣」(主張したいことを主張していない形で表現する習慣)があります。多くの日本人がその形式で主張(のようなもの)をするので、その形の表現でも「書き手は実は何を主張しているか」が、日本人同士では伝わります。これは日本の特殊な習慣であって、海外の人には、その人が日本の表現習慣に詳しい人でないかぎり通用しません(何を主張したいのかの意味はつたわりません)。
何を主張したいのかは、「実際に(!)述べねばなりません」。相手に意味がはっきりつたわるように述べねばなりません(暗示では、はっきりつたわりません)。


最近は、日本人同士でもハッキリといわないと本当に伝えたい意味が伝わりにくくなっているように見受けられる。それは、同じ日本人同士とはいえこれだけ価値観が違う人たちがごちゃ混ぜで暮らしてる現代の状況は同じ言語を使ってはいても、表現習慣が多様化しているのが原因だと思います。言葉どおりに意味を伝えない湾曲表現が多すぎて、それは逆に狭い範囲でしか意思の疎通が出来なくなる恐れがあります。外国語も日本語も明確に論理的に物事を話すべき時代に入ってると思います。

【2009/08/21 18:10】 | おきにいり(本) | コメント(0) | page top↑| 編集
<<文法大作戦♪ | ホーム | 失敗とは・・・?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。