スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
PLAIN ENGLISH のすすめ
前回に続いてまたまたヒットの本、at 図書館
ちょとだけ知っていたPlainEnglishに関する本を見つけたので借りてきました。
半分読んだところで深い共感を得ました。
前回読んだ本と共通しているところもあり、いまコミュニケーション能力を上げたい私には大いに実践したいことばかりかかれています。



Plain Englishって何でしょう?

http://en.wikipedia.org/wiki/Plain_English

難しい単語は使わない
一つの文には一つの情報
まずはアウトライン、次にディテール
受動態より能動態、否定形より肯定形
アメリカ発、実践派の明快英語による、Effective Communication

だから

Clarity comes first.

Plain English の鉄則10か条
1.Prefer the short word to the long.
長い単語より短い単語を。
2. Prefer the familiar word to the fancy.
カッコいい凝った単語より、慣れ親しんだ単語を。
3. Prefer the specific word to the abstract.
抽象的な単語より、具体的なものを。
4. Use no more words than necessary to make your meaning clear.
よけいな単語は使わない。
5. Use the active voice whenever possible.
出来るだけ能動態を使う。
6. Use verbs. Put verbs in action.
動詞を生かす。
7. When possible, express even a negative in positive form.
できるだけ否定形を避ける。
8. Put one piece of information in one sentence.
ひとつの文にはひとつの情報を。
9. Put outline first and then details or specifics.
まず概論を述べてから、詳細に入る。
10. State cause and effect.
原因・結果をはっきり述べる。

例として、8番、

Tom is a good-looking eye doctor.
「トムはカッコイイ眼科の先生です」



○事実---眼科の先生
○主観を込めた表現---カッコイイ先生

事実を定義する修飾部分=difining 
主観による修飾部分=commenting

defining と commenting の要素をひとつの文に入れてはいけません。

Plain English で表現すると

Tom is an eye doctor. He is good-looking.

となるわけです。


10番の例

We don't have much time.

と言っても、「急いで!」という意味にはなりません。

急いで欲しいのなら "Hurry up." と言ってあげるべきです。

「時間がない」というのは理由だからです。

一石三鳥のparaphrase
"Detach ideas from words."

word for word の対比ではなく、idea としての対比
例:
「おはようございます」
"Good moning." を 「良い朝」とは訳さない。
すなわち、言葉の表面上の意味にとらわれることなく、その文が表現している本質的な意義をくみ取ることが肝心

●「日英表現演習」をする
●ideaを汲み取るように読む練習をする



感想:
以上のような解説文が続くのですが、非常に説得力があります。
中盤に writing, parallelism などが続きます。

以前に習っていた先生に このparallelism を教わり、短い英文をparaphraseしたことがありました。
今日この本を読んでこのparaphraseというやり方の難しさを再確認しました。
しかしこの練習をすることによって大幅なwriting力の向上が望めると書いてあります。
解説を読めばこのparaphraseがいかに文章を生き生きとしたものに変えることができるかを目の辺りにします。それでこういう学習方法も取り入れたいものだとまた妄想してしまうのでした。

今取り組んでいる短期で終わる学習本が終了したら、このPlain Englishの本をやってみようと考えてます。この本を使いながら、毎日の英語日記みたいなのも書きます。
これは9月に入ってからのお楽しみになるでしょうね。

英語ライティング講座入門
英語ライティング講座入門
(2001/06)
ケリー伊藤

商品詳細を見る



今回図書館から借りてきた本はこちら↓
プレイン・イングリッシュのすすめ (講談社現代新書)プレイン・イングリッシュのすすめ (講談社現代新書)
(1994/11)
ケリー伊藤

商品詳細を見る








【2009/08/27 01:37】 | おきにいり(本) | コメント(0) | page top↑| 編集
<<8月の結果と9月の計画 | ホーム | 学習時間記録 8月10日~8月23日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。