スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
大矢英語の読み方終了♪ そして、単語の事など。
記録によると8月22日に始めた「大矢英語の読み方」をやっと終わらせました!

大矢英語読み方講義の実況中継大矢英語読み方講義の実況中継
(2002/07)
大矢 復

商品詳細を見る



スタートした日からコツコツと毎日1章づつ丁寧にやっていたのが、9月16日でピタリと止まっていました。記録によると。
一瞬、どうしてかな?と思ったのだけれど、そうかMASTER2のホームスタディが始まったんだ!と納得。
どちらもそんなに大した量の学習ではないはずなのに、やはりあれこれといっぺんには出来ない性格のようです。


ここから以下はちょっと英単語に関する私の覚書

MASTER2を始めた頃は知らない単語を全て「英英辞書」で調べて、またその説明に使われている知らない単語を調べる無限ループにはまって、時間がいくら有っても足りませんでしたっけ。
今は英単語は簡単に調べるだけにしています。
定義づけするよりも自分の知ってる英単語とシンクロして覚えた方が分かりやすい!
もちろん定義を覚えるのは説明をする時のルールというかテクニックを覚えれるのでそれもやったほうがもちろんいいです。
でも定義で覚えるのは、基本動詞やら、たくさんの意味を持ってる単語の本来の意味を理解すると言う風に変えてきてます。
抽象的な概念のような単語は日本語で覚えてから、英語でイメージできるようにすればいいと思います。
色々難しい「カタカナ」を覚えた要領でいいと思います。
難しいカタカナをわざわざ日本語に訳さないで使ってるビジネスマンたくさんいます。
あの感覚で英単語を使えればいいと思うわけです。
だから最初の最初は「日本語ありき」かな?と思います。

英英だけで勉強するメリットとデメリットの狭間でいつも揺れています。

単語の話はここまで。

話をもどして、「大矢英語の読み方」は一応「英文解釈の説明」なので、昨日終わった本とやってる事は同じでした。

が、しかーーーし、まったくといっていいほど、共通点がありません。

同じ文法(らしきもの)を説明していても、同じものをやってるとまったく気がつきません。
ところが今日やった最後の章の「分子構文」のところで初めて昨日やったやり方をふと思い出しました。

「分子構文の非限定用法過去分詞編」出始めて、あれ?これって、昨日勉強したのと同じ文章タイプ!

1晩寝かせて、知恵が染みてきていたのでしょうか?(爆)

「大矢英語の読み方」の復習はペラペラと眺めるだけにして、「超解釈マニュアル」の方を重点的に復習しようと思います。

色々な本を勉強してみて思うのは、一つの方法論を聞いて学習をすすめて、また違うのを読むと、別の角度から物事が見えて「理解が深まる」ような気がするのは私だけでしょうか。

気になっていた本を終わらせることが出来たので、また明日から文法はMASTER2の方を集中してやります。
それとは別に用意していた「単語本」を始めます。

ちなみに先週の勉強時間は34.3時間でした。(リスニングとかは計測不能で入っていません)
【2009/10/13 23:52】 | 文法 | コメント(0) | page top↑| 編集
<<TOEIC受験申し込みと、ちょっと思ったこと | ホーム | 超英文解釈マニュアル 1周終了♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。