スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
新しい学習本届きました!
先月「英文解釈」の本が面白かったので、本来ならもう一度しっかりやり直した方が良いのだろけれど、
新しい本でまた勉強を始めようと思います。

今度はコレ↓です

英文解釈教室英文解釈教室
(1997/06)
伊藤 和夫

商品詳細を見る


結構ブロガーのなかで取り上げられているので、まぁ~書評はアマゾンをみてくらはい。
私も今夜届いたばかりなのでまだ全然読んでません。
ボリュームは・・・、はっきり言って、ヤバイです。

でも解釈能力が以前よりは随分と上がってきているので、なんとかがんばってやってみます。
これが終われば、解釈、読解系のお勉強は終わりにします。
いつになるかはわかりませんが。

そうしたら後は、たくさんの英文に触れるという方向でやります。

学校英語の基礎が抜けている私はここらでガツンと一回英文の構造を頭に叩き込む必要が絶対あると信じてます。
構造をつかむ感覚を磨いて、和文解釈みたいなやり方はあえて避けようと思っていますが・・・
さて、やってみないとその辺はわかりませんね。

本の和訳に引っ張られちゃうかもしれませんからね。
そのあたりには気をつけながら、やってみます。


上の本と同時に買ったのがコレ↓

ドクター・ヴァンスの 英語で考えるスピーキング―すらすら話すための7つの思考法ドクター・ヴァンスの 英語で考えるスピーキング―すらすら話すための7つの思考法
(2009/02/16)
ウィリアム A. ヴァンス

商品詳細を見る


笑っちゃうぐらい対極にある本同士ですね。

こうやって違う角度からのアプローチの勉強って大事かな?と思います。
一つの考えに縛られないで勉強できると思います。
こちらもまだ全然読んでいないので、読後感は後ほど。

ちょっとやる気が出てるE.Babyでした。

【2009/11/18 00:33】 | おきにいり(本) | コメント(0) | page top↑| 編集
<<「英文解釈教室」第1日目感想 | ホーム | MASTER2 その後>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。