スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
有益な寝る前の見直し学習をやると決めた。
早速昨日書いた学習法の効果を実感。

昨夜一番最後にお勉強したのが、ここ大西泰斗さんが運営している「英語のはらわた」なんであるが。

ここで、しっかりとsheerの意味を理解して、自分では使えるようになった気(つもり)でした。
そしてお布団に入って、しばし読書をして、明かりを消して、「さて、今日覚えてるのは何かな?」なんて、やったことを振りかえってみた。
そこでこの「sheer」なんであーーーる。

ほんの2時間ほど前にやったことなのに、なぜか「eer」の部分しか思い出せない。
しばらくもがいて頭は s と言うところにたどり着き「seer」だと自分を納得させてサッサと寝ようとしたのだけれど、どうも気色が悪い。「シアーr」と頭の中で音は再生できてるのだけれど、スペルがいまいちなのだ。
しょうがないので明かりをつけて枕元に置いてある電子辞書を開く。

が、


見つからない!

英語と日本語両方からアプローチしても引っかからない!
パソコンに入っているバビロンは似たような単語をいくつか表示してくれるので大体あってれば、探してる単語は一発でみつかるのだけれど、この電子辞書はそうじゃない。(たぶんできない?)
前に書いた seer なんて、「千里眼の人」とか出てくるし。
千里眼があればこんなに苦労はしないって!と悪態をつきながらも依然格闘続行。

「英語のはらわた」に書いてあった sheer の定義みたいなものを片端から思い出し入力、検索。
今思い起こすと、何から辿って行ったのか、もうすっかり忘れてしまったのだが(情けな)結局は探り当てたときの「aha体験」 sHeer だったんですね~

H が、入ってるんですよ。

音はないくせに!

で、結論なのであるが、その時は覚えても、すぐにもう一度再現しないと「事は忘却の彼方」なのだ。

そして、今の記憶の新しいうちにこの事を書いてるのでもうこの sheer に関しては、忘れることはないかもしれない。
いや、まったく、いい。

だから今、これから毎晩やると決めた
【2010/03/01 11:23】 | 自己紹介と学習履歴 | コメント(0) | page top↑| 編集
<<ブックオフで本を売ってみた | ホーム | THE TOMBS OF ATUAN 読了>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。