スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
作文を手伝ってもらう?
オンラインレッスン毎日受けてます。

特に決めた時間ではなくても受けたい時受けれます。
さすがにギリギリの時間だと先生を選んだりはできませんが。

ここ何日かリピーティングを先生にしてもらっていました。
自分では練習をサボりがちですが、先生と一緒だと気合が入ります。
贅沢なレッスンですよね~。
同じ教材を使うようにしてるけれど、あまりに変化がなく、まだまだ練習が足りないようです。

さて昨日は、今日のリアル英会話サークルで発表する作文を添削してもらいました。
自分で書いたのを読んでグラマティカルな間違いとか、適切な単語に直すとか、ちょっと言い表せないなかった表現とかを教えてもらったりしました。
ここのスクールの先生はタイピングの早い先生が多いので、話してる間中タイピングしてくれます。
それで自分の作った作文もタイピングされて記録に残るというわけ。

レッスンのあとまた自分なりに修正して今日のレッスンで使ったのですが、ちょっと面白いなぁ~と思うことがありました。
オンラインでこっちの単語のほうがいいよと言われたのが、また直されたのです。
それも1個2個ではなく。

こういう風に色々な国の人から英語を学ぶとその違いが興味深い。

振り回されてるような気がしないでもないが、世界には色々な英語があると認識するにはいいことなのかな?
学習者は何を基準に覚えていけばいいのかな?
more better と言われてもねぇ~、両方が言うのだから。。。
ちょっと困る。

まぁ~そんな些細なことより基本的なことをもっとがんばらなければ、相変わらず初歩的ミスのオンパレードだったし。

オンラインレッスンは家庭教師のような位置になりつつあるかも。

あ、なんかまとまりのない文章だ。
今日は早く寝よう。。
【2010/05/15 00:54】 | オンラインレッスン | コメント(0) | page top↑| 編集
<<iPhone と一緒に♪ | ホーム | 音読パッケージセミナーで学んだこと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。