スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
学習計画:文法の基礎固め強化 3ヶ月間
先日より考えていた今後の学習について、今日一つだけ決めました。

■学習計画 文法編


先だっての旅行で痛感したのが英語の基礎力のなさでした。
具体例をあげればキリがないのだけれど、一番のネックは簡単な「疑問文」がすぐに作れない。要は聞きたいことを聞くのに時間がかかる。普段英語のレッスンとかで不完全な疑問文を作って会話を進めていても先生が理解してくれるので何とかなっているという状況だけれど、現実の世界ではなかなかこちらの質問の意味を理解してもらうのは難しい。
初対面の人と楽しく会話をする上での重要なポイントはいかに上手に相手に質問を振るかということだと思う。会話とはそういうやりとりでスムースに流れるのだと私の経験では思うわけです。
よって、疑問文を作るのはコミュニケーションの初歩の初歩だと信じてます。
がっ!、作れないんですよ・・・。
これが。
聞きたい事の疑問文が作れない。

前置きが長くなったけれど、以上の理由意外にも色々と思うところあって、今回集中的に基礎英文法をおさらいしようと考えました。
以下の有名どころの本を使うことにしました。

Basic Grammar in Use with Answers : Self-Study Reference andPractice for Students of English (Grammar in Use Series)Basic Grammar in Use with Answers : Self-Study Reference andPractice for Students of English (Grammar in Use Series)
(2002/04/15)
Raymond Murphy

商品詳細を見る


数年前にこのシリーズのintermadiate版はやりました。
なかなか有意義でしたが、身に付くほどしつこくやったわけではなく、一通りやって終わらせ、普段は文法の確認ぐらいにしか使っていません。

今回このBasicを選んだのは、基本的な文法のドリル的な使い方をしたいと思ったこと。理解するのではなく使えるという状態にしたいということ。
たまたま現実の友人が英語学習を始めて半年経ち、ちょっと行きづまりを感じ始めたので、一緒に勉強することにしたこと。
友人とは例文の音読などを一緒にしようと考えています。

この本を1回集中して1ヶ月ほどで終わらせ、復習を兼ねて友人との勉強会をゆっくりと3ヶ月ほどかけて同時進行で進めようと思っています。

私にとって、その友人に説明しながら自らも知識を固めていくというのが最高の学習環境になると思います。

それと同時に以下の本もやっていきます

この本は英語学習を始めて割とすぐに買った本だったのだけれど、全然やっていませんでした。というのも基本的な単語が多くイマイチ学習意欲がわかず、本棚の飾りになっていたのですが、今日しげしげと見てみると、知ってる単語でも使い方とかがとても参考になるので、一通り目を通そうと思います。
新たな発見が沢山ありそうです。
特に私の苦手な句動詞の使い方などは勉強になると思います。

こちらの本も9月いっぱいをめどにしっかりやり込みたいと思います。

文法以外の計画はまた別の記事にします

【2010/07/04 19:45】 | 文法 | コメント(0) | page top↑| 編集
<<学習計画:リスニング能力について考えてみる「リスニング編」 | ホーム | そろそろ現実へ、そして2年後に向けて>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。