スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
意見を述べる練習
前からうすうす思っていた事に、自分の意見を述べる練習をしないとダメだなぁ~というのがある。

今日たまたま、アメリカに住んでる友人のtweetで気が付いたのだけれど、英語圏って(私の知るちっちゃな範囲で)なんかゲームを楽しむというのでも、私たちがやってきたのとちょっと違うような気がする。
たとえば、今日の友人の例を挙げれば、皆でゲームをするのに「Never have I ever...」とかいって、話をつづける。
私が知らないだけかもしれないが、こういう話をしていって楽しむゲームって、ありますか?日本に。
私はしたことない。
ハンカチおとしとか。。。なにかアクション系のゲームは沢山あるけれどね。それでそのtweetを読んだときに思い出したのが、ミシガンに行った時にやったゲームのこと。
先生が何か物を私たちに見せながら、これはこうこうこういう物で・・・ととても価値のあるように説明します。
そのグッズはホントに些細な物です。
そしてここからゲームなのですが、一人一人それが欲しい人は何故自分がそれをもらう権利があるかを上手に説得しなければなりません。
先生がジャッジして上手に言えた人にそれをあげるのです。
生徒は、「You should give that to me because...」といい始めて、理由を述べます。
たとえば、「あなたは私にそれをくれるべきである、なぜなら私はそれを使って、友達を喜ばすことができるから。。。」とかなんとか。(笑)
もちろんいらない人は相手を傷つけないように上手に断らないといけません(笑)
こんなゲームを子供の頃からやってる人たちと議論しようとしても勝てるでしょうかね?
以前にもちらっと書いたのですが、日本に旅行予定の14歳のカナダ人に何故日本に行きたいの?と聞いたら、間髪を入れずに理由をスラスラと話し始めたのにビックリした事と、やはり同じですね。

今日はいつもの相方がお休みだったので、そんな話をジュリー先生としました。私たちは自分の意見を言う訓練を学校で受けていないし、考える授業を受けていないと。そこから、ジュリー先生が私に質問をいくつかするのでそれに答えていたら、「それがあなたの意見よ」と言ってくれました。
確かにそうです。
しかし、私としてはもっと筋道をたてて意見を言いたいし、色々考える方法を知りたい。先生が「偏見」に対しての彼女の意見をデモンストレーションしてくださったけれど、そう言うのかぁ~と為になりました。
そういう風に話す訓練はどうしたらいいのかと聞いたら、それはやはりディスッカッションをするしかないと言われました。
私も先生のリードで話すのならうまく話せるようになるかもしれないと思って、発作的ではありますが、プライベートレッスンをとってみることにしました。
しばらく続けて様子をみてみようとおもいます。
【2010/09/29 00:16】 | 英語に関する雑記 | コメント(0) | page top↑| 編集
<<[白黒をつけない議論」についての考察 | ホーム | about the census>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。