スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
感覚を言語として記憶する
今日コチラのサイト を読んでいて、文中に出てきた本にひどく引かれ、アマゾンで中なか味拝見で読んでみました。
これは非常に面白い視点からの言語のスキルアップ本です。

ソムリエが何故それほどまでに、感覚を表現する技術は必要なのかが解ると共に、その膨大な量のワインの特徴を記憶しておくために駆使する言葉の数と習得。
いかにそれを訓練で鍛え上げるのか。

そういう事が書かれた本のようです。

このさわりを読んで感じたのが、私の自分が得た感覚を表現したくても的確な言葉を見つけられなくて表現できないことを訓練で得られるのだと言うこと。

そして普段自分が感じたことを言語で記憶するということをしていないこと。
これは表現できないから、言葉で記憶していないということ。
もし的確な言葉で自分の五感に訴えたものを表現できれば、そこにはコミュニケーションさえも簡単になるし、感覚を言語で共有できるようになる。

この本は是非全部読んでみたいと思う。
今私は、自分の英語の表現力を上げるために放置してあった英語のブログをまた書こうと刺激を貰った。
この年末に都合よく来年の目標を見つけられたのは決して偶然ではないと思う。

これから、日々自分が五感で感じることを表現して行こう、それには感じる心も常に研ぎすませていなければならないということなんだよね。


【2010/12/30 01:36】 | 英語に関する雑記 | コメント(2) | page top↑| 編集
<<THE PUZZLE OF THE PAPER DAUGHTER読了 | ホーム | 音速と光速>>
コメント
なるほど!リンク見て見ます!ちょっと次の目標がわかってきました!ありがとう!!!
【2010/12/30 03:08】 URL | Yuka #-[ 編集] | page top↑
お役に立てたのなら嬉しい
興味がつのって、アマゾンでポチちゃいました。
読むのが楽しみ!
表現力つくかなぁ~。
【2010/12/31 02:20】 URL | E.Baby #9DzM3d2k[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。