スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
今後3ヶ月のリスニング強化の方法
先日リスニング開花予報を発表してから、今ひとつスッキリとしません(笑)←笑ってる場合じゃない!

リアル学校でも聞き取りテストみたいなのがあるのだけれど、これがどうもパッとしない。
先生のモチベーション下げっぱなしなのであーーる。

とほほ。

最近気がついたのだが、スカッと聞き取れるのは、最初の出だしで「何の話」か解った瞬間に後の話の流れがスムーズに追えるということ。
最初に躓くともう、後の話がちんぷんかんぷん。
それと背景知識がある話題、予想のつく話題、このあたりも聞き取りやすい。

よく言われていることだけれど、やっと自分の体験としてそれを実感できるようになりました。

そして一番納得いったのが、読める構文でも、聴くときはその構文を意識できないことに気がついた。
そう、この語順というか構文にまったくついていけてないところで、意味が不明になってしまうということです。

これじゃあ、いくら聴いてもわからんですよね。

今日、VOAの15分の記事を聞いてみて、さーーと流れてしまう箇所をスクリプトで確認したら、すんなりと理解できない構文(語順?)でした。

それでもう一度どういう箇所が解らないのか聴き読みして確認し、自分の弱点へフォーカスしました。
そのあと、全体を精読してスラスラと意味が解るようになってから、もう一度聴いてみました。
当たり前と言えばあたりまえかもしれませんが、とてもよくわかります。
もちろん日本語に訳して聴いてるわけではないのですが、内容がイメージ化されて保持できるようになります。

あとはもう一段階進んで、この保持した内容が正確な英文で頭に残るようになれば完璧だと思います。それが理想です。

とにかく、今更ながらに気がついたのは、リスニングは「急がば回れ」で聴いて解る「清聴」という聴き方をこれからはやっていこうと改めて決意しました。

今日やった、1本の記事を精読とリスニング4回(1時間)でみっちりやる方法で、1日1本を目標に当分続けてみます。

【2011/05/12 21:26】 | リスニング | コメント(0) | page top↑| 編集
<<「英語で読む日本史」を読んで日本のことも学ぼう♪ | ホーム | なんかいい日♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。