スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
「英語で読む日本史」を読んで日本のことも学ぼう♪
今日たまたま図書館で出会った本。

大活字版 英語で読む日本史 【増補改訂第2版】 (講談社バイリンガル・ブックス)大活字版 英語で読む日本史 【増補改訂第2版】 (講談社バイリンガル・ブックス)
(2006/10/11)
講談社インターナショナル、英文日本大事典 他

商品詳細を見る


手に取った時に、文字の大きさ に思わずにやり。

やっぱり字の大きさに敏感なお年頃なのよね~

「11人の超一流ジャパノロジストが英語で執筆」とあり、中をペラペラ見てみると、日本語と対訳になっているので、
英語と日本史両方学べて一石二鳥の感あり、速攻で借りることにした。

それというのも、最近VOAでAmerican Historyを聴いているのだけれど、アメリカの歴史がだんだん解ってきても、日本の歴史って殆ど知らないなぁ~と、今更ながらに思ったので。
まぁ~、付け焼刃のようだけれど、読まないよりは良いだろうと。

英語母語のそれも高学歴の人達の使う英語というのも気になるし、お楽しみということでぽつぽつ読んでいこうとおもいます。
2週間で読みきれるのかなぁ。。。

本の末尾に20ページほどの「日本語の索引」があるのだが・・・・

日本語の人名・・・・・よめない  (←うあああああぁ)

いや、いい本見つけました!これで日本語もローマ字読みで読めるようになるでしょう。

願わくば、この本の100分の1でも自分の物にして、会話にちらりと滑り込ませれたら、なんてステキでしょうね~

と妄想してます。

【2011/05/15 22:37】 | おきにいり(本) | コメント(0) | page top↑| 編集
<<勝手にクエスト2000:1500時間通過しました | ホーム | 今後3ヶ月のリスニング強化の方法>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。