スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
カンマとピリオドの後のスペース
英文における , . に続くスペースの是非についての考察.

最近、英語学習者が書いた英語のブログを読む機会が増えた。
そこで気になることがある。

それは、カンマやピリオドの後に1文字分のスペースがない文が多いことなのであーる。

これを見る(読む?)につけ、なんだかカクンと力が抜けて、非常に落ち着かない。
腹の底に、グワッ~と変なしこりが生まれる感じで、読んでいてとてもアンカンファタブルなのだ。
I (アイ)が小文字で書かれているのも、カクンな感じ。(まぁそれは最近少し慣れたが)

そこで昨日のJulieのレッスンで聞いてみたのであーる。
Julie曰く、それは間違いであーる。もしテストでそのような書き方をしたのなら、減点の対象になるのだとか。
正しい説明を受けたその先、さて私は学習仲間にそれを知らせるべきなのかどうか・・・
小さな親切、大きなお世話(死語(爆))になってしまうのだろうか。
これはあくまでも、私が快適に読みたいというわがままな発想から来てはいるのだが。
別に声高に「あんた間違ってるよ」という気はサラサラない。


この件に付随して話した事が、改行の後に2単語文のスペースをとる事に関して。Julieは、「私の年代は、そのように習ったので、タイピングをしていると無意識にそのようなスタイルで書いてしまうので、そうならないように気をつけている。今時は、このスタイルで書くのは嫌われる。」と。

どの言語も時代と共にどんどん変化するものだし、新しい表現を取り入れて行くことは、コミュニケートの断絶を防ぐには必要だし、それ自体はそんなに難しいことではないと思う。が、しかし、自分のベースとなるものを変えるのはとても難しい。馴染まないものは、いつになっても馴染まない。でも、それが表現力の個性化なのかとも思う。

各個人が快適に感じる言語環境の絶対値となるものが存在しているのだろう、と考える次第。

私の絶対値には、punctuation mark の後にはスペースが絶対に必要なのであーる。(笑)
後は、某言語の音も好きになれない(爆)これは主題とは関係ないが・・・

そんなことをツラツラ考えていたら、良い説明サイトを見つけた。
ゼロから始める句読点

間違った癖をつける前に、タイピングの時に無意識にスペースを空ける動作を是非身につけて欲しいと、友達には願うばかりであーる。




【2011/11/16 13:53】 | 英語に関する雑記 | コメント(0) | page top↑| 編集
<<「1本線ノート術」 読了 | ホーム | 文法チェックサイトGrammarly を使っています。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。