スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
クリスマスレターを書く
やっと、重い腰を上げてクリスマスレターを書きました。

去年も海外に出来たお友達に手作りでクリスマスカードを書いて封書に入れ送ったのですが、今年はカードは既製品だけれど、クリスマスレターを書こうと決めていました。

それというのも、去年ドイツの友人からいただいたクリスマスレターに感動したからです。
彼女がたまたま去年だけその様なものを書いたのか、それとも毎年この時期にクリスマスレターを書いてるのかは謎ですが。
私にとっては、クリスマスレターその物自体がとても新鮮でした。
レターには1年を振り返って、過ぎた出来事の事や、思っていたことをびっしりと書いてありました。
彼女の1年の自分史みたいなものです。
日本だと大晦日に「1年を振り返ってみました」的な文章をよく書きますし、見かけますが、それと似たような手紙をクリスマスシーズンに贈るんですね。とてもロマンチックです。

それで、私も今年は絶対に書こうと心に決めていました。
先週中に素敵なカードも住所録もそろえたので、後はクリスマスレターを書くだけでした。

英文で。。。
これが、ハードル高し。

でも、今日書き始めたら、一気に書きたい事がまとまって、後はグラマー的な推敲やら、言葉遣いに悩みながら時間をかけて仕上げ添削に出しました。
今回は普段の宿題とは目的が違うので、言い回しなど沢山改善されましたが、言いたい事そのままに残してありながらも、とても綺麗にまとめられていて、素敵なレターが出来ました。

これを受け取った人はどんな気持ちで読んでくれるのかしら?
喜んでくれるといいな。

でもなんといっても、書きながら友達の事や、今年自分に起きた事をゆっくり振り返れたのが、すごくよかった。
年末よりずっと早い時期に書くので、落ち着いて書けます。
これから毎年、このように書いて行きたいな、と心底思ったのでした。

【2011/11/28 00:05】 | 英語に関する雑記 | コメント(0) | page top↑| 編集
<<海外一人旅を終えて思うこと | ホーム | 「1本線ノート術」 読了>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。