スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
逆カルチャーショック
今日一寸したことで、自分のカナダぼけを発見。
逆カルチャーショックというのかな。

カナダにいた時に慣れてしまったのが、様々な物、事へのキャンセルでした。
アメリカに行った時や、ペルーに行った時も、食べ物とか、何でもキャンセル出来ていました。
不都合な時ばかりでなく、こちらの勝手な都合でもあっさり返品できました。

その感覚がいつの間にか普通になっていたのですね。
今日ちょっと、キャンセルしたことで殺伐としたメールのやりとりをして、なんだかうんざりしてしまいました。
It's okey. とにっこりされてばかりいたので、今日のは一寸堪えました。
これから、また少しずつ日本人のきまじめさに慣れていかねばならないんだわと。
少し悲しい気持ち。

逆にカナダに行ったばかりの頃は、約束事があっさりとキャンセルされてショックを受けていたけれど、それも慣れてしまった。向こうの人は約束していたことでも断られると、I'm fine. とか言って、受け入れちゃうんですよね。だから断るのも日本のようにはこじれない。出来ないことは出来ないと言ってしまうんだわ。

でもハッキリとは断らないけれど、ハッキリ解るように言ったりする冗談もありました。
もし行きたくなければ、「今日はシャンプーをするからダメ」とか(爆)理由にもならない理由で断るとか。いや、冗談なんですけれど、でも言うんですよね。この冗談で上手く切り交わすのもうまいなぁ〜と思いました。まぁ〜、あうんの呼吸が必要ですけれど(爆)

ありふれた言い方はしたくないのだけれど、日本ってやっぱり少しだけ窮屈なところがあるなぁ〜と、思う私なのでした。

【2013/03/10 21:12】 | 留学 | コメント(0) | page top↑| 編集
<<カナダに留学から帰国、次へのステップを模索中! | ホーム | 留学覚え書き>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。