FC2ブログ
Puppy can't Roll Back Over

roll back OVER  ひっくり反って戻る  か? 副詞なのね、たぶん。

癒される~~~

【2009/09/10 14:34】 | 雑文[暮らし編] | コメント(0) | page top↑| 編集
mamma mia 見てきた~
GIVE LOVE!
SHARE LOVE!
SPREAD LOVE!
LOVING ONE ANOTHER!



http://www.youtube.com/watch?v=Ft0w3y7BEUI



ABBA lyrics
【2009/02/20 19:34】 | 雑文[暮らし編] | コメント(0) | page top↑| 編集
2度あることは3度ある?---Fools Rush In---
Fools Rush In
:unwise people are often reckless and imprudent

ブロガー仲間の人が買い物の失敗談を書いていたけれど、私も似たり寄ったりだ。

昨日ヤフオクで英語のDVDを落札したつもりだったのに、良く見てみると、映画のせりふを書いた「本」だった!

ウッソーーー!!

なんか「全文英語対訳、英語学習者向け」 の 本 だったのね。
学習者向けのDVDではなかったわけよ。 はぁ~

それで悔しいのでアマゾンで調べたら、同じ商品が4分の1の値段で出ていたわ。(爆)
本だけあってもしょうがないので、アマゾンで映画のDVDを買いました。

そのときについでに「単語帳」も買おうと、格安の中古本を買いました。
今日メールが来ました。


この本にはCDがついていませんが、それで宜しいでしょうか?
念のため確認させていただきます。



オーマイガッ!
CDついてないの?
私何見てるのかしら?

すみません、CD付が欲しいです・・・と書いてキャンセルしてもらいました。
なんて親切な本屋さんでしょう~
(っていうか、結構勘違いして買う人いるらしい・・)

なんかあほな間違いを1日2回もしている私って、なんなんだろ~~

脳みそもダイエットしちゃってるのかぁ? はぁ~


【2009/02/20 00:29】 | 雑文[暮らし編] | コメント(6) | page top↑| 編集
宗教の話 メモ
去年から使い始めた「情報は一冊のノートにまとめなさい」形式のノートがまた更新したので、前に書いたことを読み返して見たら、とてもよいことが書いてあった(自分で書いたのだけれどねぇ~)
書いたときはしばらくは覚えていたのだけど、今日読み返したらすっかり忘れていた。
で、備忘録。

●輪廻
●助かる

悪い状況になるパターンを「ぐるぐると繰り返す」のが「輪廻」であり、そこから抜け出すことが「助かる」という事である。助かったからと言って、「極楽浄土」にどっかりと安泰しているのではなく、その状況で
新たに始まる「輪廻」から抜け出す。
そうやって良い方向へ高まって行けばおのずと「助かる」のである。
しかし、「無上道」?ということがあるわけで、「上」というのは無限であり、どんなに物事を極めた人でも途上中なのであるが、体力や寿命がつきて道を成就できないのである。
宗教とは祈ったり、拝んだりすることが本命ではなく、「気付き」なのである。
気付きがなければ、毎日お経をあげていても意味のない事。
お経をあげたり、おがんだりしてしていれば「助かる」ということはないのである。
「気付き」を得て、「輪廻」から抜け出し、初めて「助かる」のである。
日々そのように暮らしていけばいいのである。




ラジオを聴いていたら流れていた番組で、どこかのお坊さんが信者の悩みに答えてるような形でお話をしていたのをなかなか味のある話ぷりについつい最後まで聴いてしまいました。
普段は無宗教とか言ってはいても、こういう内容のある深いお話を聴くのは、なかなか素敵な体験だったし、また何かの機会があったら聞いてみたいものです。
英語学習や、ダイエットや、日々の生活のなかで悪しき習慣から少しづつでも抜けていければいいなぁ~と思う今日この頃なのです。
【2009/02/18 15:28】 | 雑文[暮らし編] | コメント(0) | page top↑| 編集
題名が気になる~
3日ほど前から、e-Chat Vancouverの最期に流れてくる曲どこかで聞いたことがあるような気がするのですが・・・。

思い出せなくて~思い出せなくて~
気になって~気になって~

勉強がてにつきまへん。

どなたかご存知だったら、教えていただけないでしょうか。
【2008/10/31 00:54】 | 雑文[暮らし編] | コメント(11) | page top↑| 編集
on-principle 私には無理だァ~
お気に入りのブログに ListenIT と言うのがあるのだけれど、ここのブログを読んで気持ちだけでも、英語よく解る人みたいな良い気分になるのがすきなのだけれど。

昨日のエントリーの on-principleを読んでいたら、あぁ、私には絶対無理だわと思ってしまった。
あんな面倒くさいことを一々やらないと普通に生活できないアメリカって・・・

日本の常識は世界の非常識なのか?

日本で暮らしていてよかったよーー。
日本だって面倒な事は沢山あるけれど、あんなにはややこしくないだろう。

たぶん。

読んでるだけで疲れた。

ので、もう寝ます。

【2008/03/15 04:56】 | 雑文[暮らし編] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑| 編集
初日から計画だおれ・・・とほほ。
今日今年初めての「カーブス」に行ってきました。

いやぁ~、身体を動かすのは気持ちがいいです~
最初はガチガチに固まって、すっかりなまくらになった身体でかなり億劫だったのですが・・・

行けばやっぱり、気持ちいいです。
スッキリ!

それが面白い事に、カーブスでも「なんとかこんとかコンテスト」(タイトル忘れた・・・)を始めるのでエントリーしてくださ~いとの事で、私もエントリーしました。

これは自分の希望をかなえるための目標設定みたいな物。
だから自分の「目標or希望」を書く。
次に希望が実現した時に何をしたいかを書く。
次にその為に何をするかを書く。

この3点を書いて壁に張り出します。
1月から4月までの3ヶ月間、目標達成に向けてがんばるのだぁ~~~~!

ワタスの希望ウ? マイナス5㌔!おおー。痩せた時のイメージは、ジーパンをはいて階段を駆け上がる私を夢見てと。
カーブスに週3回通う。

がんばるわん!

今年の夏は水着だーーーー! (うそです)

と、カーブスはよかったのですが・・・

英語の勉強はちょっと消化できませんでした。
PCが最近以上に重いし、掃除とバックアップをとりながらやっているとなかなかスムーズにはこびませんねぇ。

取り合えず、音読37分。
新しいビニュエットの精読。
ハングリーフォワード、6日分のディクテーションと音読。

あとは寝ながら読書します。

明日があるさ~
【2008/01/08 06:20】 | 雑文[暮らし編] | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑| 編集
Happy New Year!
新年明けましておめでとうございます。

皆様にとって、今年もより一段の英語力の飛躍を願って

2008年賀状


今年もがんばる~
【2008/01/01 03:44】 | 雑文[暮らし編] | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑| 編集
White...
white


I'm dreaming of a white christmas,
just like the ones I used to know
Where the treetops glisten and children listen
to hear sleigh bells in the snow

*
*
【2007/12/20 04:49】 | 雑文[暮らし編] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑| 編集
和文英作にチャレンジ(そのうち・・・)
美味しさの定義づけとは何か


美味しい物の定義とは非常に難しくもあり、曖昧でもあると思います。
あくまでも私が作る料理は私の美味しさが基準になっており、それが万人に通じるとはまったく思っていません。
しかしながら、私は贅沢な食材を使えば美味しいのかといわれるとこれも、何が贅沢であるかという基準が難しいのですが、それは違うと思います。

お料理は食べるものでいえば、その素材を味わうことであり、畑の青菜も、雑草も、お魚も、肉も、それぞれが持っている美味しさがありますので、まずはそれを味わえる事。
それが、喜びの内のまずは一つではありますが、空腹を沈めるというのも喜びでもあるわけです。
そして食事を楽しむ仲間や、雰囲気も、喜びのひとつですよね。

そういうことを考えてみると、美味しいという基準の曖昧さがますます際立ってきて、本当に美味しいものとは何か?という、堂々めぐりになってしまいますね。

「目黒の秋刀魚」という落語をご存知でしょうか?

結局はどんなにグルメな食材を持ってしても、総合的な美味しさというには程遠いということです。

だとすれば、我々日本人にとってはまだまだ、寒い朝に起きたときに、母親が作ってくれた暖かいご飯や、味噌汁も、絶対に美味しいし、ごちそうである。
冬の凍るような白菜付けも、質素ながら、これまた美味しい。

手が込んでなくても美味しいものは美味しい。

料理を作る側としては、普通に美味しい物を普通にお出ししてもあまり価値がないかな?とついつい余計な事をプラスしがちであり、それを極力抜きつつも、感動を与えられるものを考えます。
つまり考えれば考えるほど、大変であり、創造的であります。

ですから、料理は楽しい!

なんだか、言語の一生勉強に通じるものがありますね。

それにしても、最近特に強く思うのは、「命あるものを頂く」のだから、粗末な食べ方をしてはいけないという考えです。

素材にランクをつけたり、不味いという理由だけで、処分したり、売る為だけに加工しているという事がとても気に障ります。

私の考えは、「幸せになれる食事が美味しい食事」という基準が土台にあるような気がしてなりません。


それが私にとっては「美味しいお料理」ということになるのでしょう。



まずは、日本語で、論理を考えてみた。
この段階が一番難しいような気がする。
【2007/12/17 00:51】 | 雑文[暮らし編] | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑| 編集
前ページ | ホーム | 次ページ