スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
英語を話せる人が教えてくれなかった事。
先日書いた
「日本語発想」を捨てれば英語は話せる「日本語発想」を捨てれば英語は話せる
(2004/09/09)
安武内 ひろし

商品詳細を見る
この本に今日コメントをいただいたので、またつらつらと本を読み返していました。

初めてこの本を読んだ時本当にプチ感動がありました。

私は英語の文章を書いたり話したりする時っていつも何処で暗記した文を自分のシツエイションにあわせてアレンジして使って来ました。
だからいつも自分の話してことや書くことが正しのか間違ってるのか全然判らないで使っているのでした。いままでOKだったからたぶんOKだろう~♪みたいなのりかな。
そういうのが少しづつ蓄積されて今の自分の実力(ってほどでもないが)があるのだと思う。
しかーーーし、じゃぁ~それが合ってるの?って聞かれるとまったく自信がない。

それは赤じゃなくて黒ですよ!って言われたら、「へぇ~へぇ~、おっしゃるとおりで・・・」てなかんじですぐに変えちゃうぐらいの根拠のなさ。こんなの英語力って言わないよね?

そんな私がこの本を読んで、凄く納得した事がある。

ここから引用

日本語ではあるひとつのものを取り上げて、「それがどんなもので・どうなるか」を表します。
それに対して、英語の発想では2つのものがあることが前提です。2つのうちのひとつがもう片方に対して「どういう関係をもっているか」を表すのが英語の形式です。

英語では2つのものに焦点を合わせてその関係を言わなければならない
日本語ではひとつのものだけを取り上げてどうのこうのと言えばいい
日本語よりも頭にうかべなければならない要素がひとつ多いので、その発想に慣れないと英語がしゃべれないのです。英語の発想がないのですから、適切な英語がうかぶはずもありません。

「ひと」⇒「外界」と言う形式で発想することが、英語を使う上でたいへん重要です。


この⇒の部分に動詞が入って、どうなるかを表すのが英語かな?
だからまずは主語があり、その主語が働きかけた動詞を選び、働きかけたい「外界」を選ぶ。
これが基本。

そんなの当たり前!って思う?

いままでだれもそんな事言ってくれなかったよ。

こんな簡単な事を何故言ってくれなかったんだろう?
あまりにも当たり前すぎて、だれも触れる気さえ起こらなかったのかも。

This is a pen. の is はbe動詞で「~は」 と訳しますとか、そんなのばっか。

そうじゃなくて、「ひと」(主語)が 「どのように働きかけてるか」、「働きかけてる対象(何に対して)」、どのように(副詞)って並んでるんだよ、だからその順序で考えようぜ!って説明。

穴埋め問題とか、単語並べ替えゲームとか色々やってきたけれど、それもこういう感覚を身につけるための演習だったのだろうけれど、それもサッパリ身についた気がしなかった。
何故なんだろう?

やっぱり説明の仕方なんだろうな・・・
大人の頭にダイレクトに響く説明の仕方ってあるんだと思う。(それとも個人差?)

そこにはもう「~は」とか「~が」とかの日本語が入る余地はまったくない。
でもそうやって演習をやってみるとね、英作がめちゃめちゃ簡単なの。

動詞の次には絶対に名詞や代名詞を置かないといけないとか。置いてないならちがう形式の文章だとか。いままであやふやだったのが凄くスッキリする。

ここまで発想というか思考を変えて英文を組み立てれば、小ちゃなミス(三単元のSが抜けたりとか)はポロポロ出るだろうけれど、とりあえずは意味のある事を、沈黙を挟まずに話せるようになるんじゃないだろうか。

そのぐらいの英語教育は私達は受けてるはず。
忘れていたとしても、中学英語をやり直せばOKなんじゃないだろうか。

まずは日本語で発想(文を組み立てる)する癖(イメージを作るのは日本語でもOKかな?)を捨て、主語をとりあえず「ズバッ!」と言って、対象となる名詞をイメージしつつ、動詞をハッキリと言って、言いたい名詞を「名詞句」とか「名詞節」などにしながら話していくという感覚を磨けばいいのかな?と。


いままで感覚的なもので英文を組み立てていたのがこれからはもっと自信をもって話したり書いたり出きるようになれそうな予感。

もちろん、当然のことながら、この本を読んだだけでは話せたり書いたり出来るようにはならないと思う。しかし、この発想をいつも頭の中に入れて、日本語に引きずられない英文を組み立てる練習をするべきだと思う。そうすれば英文の丸暗記と言う苦行からも開放されるだろう。そのうち「え~~と、今の文を日本語にするならば、はて?なんていうんだろう?あれ?え~~と、え~~と、私 gave her、ひつのプレゼント、昨日!ってことなのよ~」なんという帰国子女状態になるんじゃないだろうか・・・と、強く妄想している私なのです。(アホだとはおもいますが希望です)



かなり面白い本だと思います。

しかし、どなたにも向き不向きというのはありますし、英語の語順とかはもう身についていて、後はボキャブラリーやら撥音やら、ロジックが必要~と言う人には全然意味のない本だと断言できます。(笑)

そこんとこよろしくね♪




【2009/08/17 22:29】 | おきにいり(本) | コメント(0) | page top↑| 編集
英語で話すことを簡単にしてくれる本、めっけ!
最近学習書を3冊買ったばかりなんですが・・・

実は図書館から手当たり次第に借りてきた本に素晴らしい本が混じっていました!

「日本語発想」を捨てれば英語は話せる「日本語発想」を捨てれば英語は話せる
(2004/09/09)
安武内 ひろし

商品詳細を見る
文法はいけてるのに、咄嗟に英語が話せないという人に超お薦めします!
会話をしながら英文を組み立てる感覚が判るようになります。


これって、中身のイラストや作者の「あぶないひろし」とかいう本名?とか・・・そんなのに惑わされてはいけません!
瞬間英作文で頭ひねって英文作り出してる人に読んでもらいたい!
まぁ、そのなかの一人である私ももちろんであるが。

なんか英語をつむぎだす回路というか、イメージと言うか、ルールみたいなのが本を読んでるうちにおぼろげながらつかめてくる良書です。

笑わせるイラストも私的には、全然OK!
反って楽しい~

凄く判りやすい説明があって、直ぐに「じゃやってみましょう~」と例文があり、説明のとおりの英文を作ってみると、間違いの見本と同じ例文を作っている。(爆)
これって、凄い!
結局みんな(英語を話せない人)、同じような発想で同じように英作して、同じように間違えるんだなぁ~と納得。
この作者の経験から発生している認識なのだと、深く納得。

アメリカで日本語を教えていた時のエピソードなども「他言語を学ぶ」というのはいかに発想を変えないと理解しにくいのかを表現してると思う。

文字も大きく説明も凄くわかりやすくて、読んでるだけでも何となく英語のルールが見えてくる本にしては、あっという間に読み終わります。
しかし、瞬間英作にてこずってる人には読む価値がある本だと思います。

基本の文法はある程度理解していると言う人が読む本だとは思いますが、超初心者の時にこの本を読んでいれば、英語の語順をもっと簡単に身につけられたような気がしないでもない。

ホントに、久しぶりのヒット本でした!

【2009/08/14 17:10】 | おきにいり(本) | コメント(2) | page top↑| 編集
2009年の初投稿、PC復活!
ほぼ1ヶ月ぐらいの空白期間でした。
父のパソコンから一度投稿しましたが。

さて、年末から年明けて本日までPCのない生活だったのですが、これは以外にも快適な毎日でした。
実は修理に出しているメーカーに催促をしようかと時々思ったのですが、PCのない生活をもう少し満喫したいと言う気持ちもあり、問い合わせをずっとほっておいたのですが、さすがに先週ちょっとこのままではまずいと思い、メーカーに電話をしてやっと私のPCは無事帰還したのでした。

さて、PCのない生活では色々とメリットがありました!
なんと刺激がなくてつまらない!というのが一番良かったのです。
変ですか? 笑

一つ目のメリットは、本当につまらないので~、本をガッツリと読みました。
TOEIC学習本の「青信号」を一応ワンウィーク分を1日でこなし、あとはほとんど読書三昧でした。

Postmortem (Kay Scarpetta)Postmortem (Kay Scarpetta)
(2003/12)
Patricia Daniels Cornwell

商品詳細を見る


パトリシア・コーウェルの「検視官」Ⅰ、Ⅱです

一気読みしました。
もともとこの作家の本(和訳)は大好きで、ほとんどの作品を読んでいたので、話の流れのようなものは知っていたので、それが理解を助けたのだとは思うけれど、それにしても面白かった。
面白くてガツガツと読んでしまいました。
この手の推理小説は昔もついつい寝ないで読んでしまったものですが、英語でもやっぱりハマってしまいますねぇ~。
和訳だと1日で1冊ぐらいは読めてしまいましたが、さすが英文はそうは行かず、2冊を読破するのに11日かかっています。

読書は他には、バスタイムに半身浴を40分するのですが、その時に養老猛の「バカの壁」の英訳をよんでいます。
この本は1年前に買って難しくて読めなかったのですが、今はなんとか読めてます。
バカの壁―Level 5 (洋販ラダーシリーズ)バカの壁―Level 5 (洋販ラダーシリーズ)
(2005/07)
養老 孟司豊崎 洋子

商品詳細を見る



一方、この本は、英語自体はそんなにチョー難解というわけではないと思われるのですが、ロジックというか、彼の理論を理解しないことには全然面白くない訳なので、こちらは完全に精読状態です。
とにかく論法の展開が非常に興味深く思わず「そう来るか!」と唸ってしまいます。
疑問文をいれたり、例文を入れてからそれを否定すると言う論法は、ほんとにうまいなと思います。
彼の理論を理解させ為にどのように彼は文章を組み立てるのか...そういう視点からも見ながら読んでいます。

知識欲を刺激するのだろうか、とにかくおもしろい!

それでこの本はお風呂で読んでいて、そのときに、気になるところとか後でちゃんと調べよう~といつも思うのだけれど、ほとんどやらないわけです。その結果、次の日にまた同じようなところを行ったりきたりして読んでいる訳です。苦笑

読むその日の気分でザァーーと軽く流して先を読むときもあるし、論法についていけなくなったら、また戻ってしっかり論法を理解したり、理解した文章を音読して、音読してる自分の声の英語をそのまま理解できているのか?と試してみたり。
とにかく本の内容が面白いので、そうやって飽きずに色んな方法で付き合っています。
だから全然先に進みません。
毎回復習で時間切れになってしまいます。爆
そこで気がついたことが一つありますねぇ。

単語って、やっぱりすぐに忘れる!ってことです。いまさらですが。

前の日に読んで調べた単語、また読み返したり、何回か使われたりしてるのに、そのたびに忘れていることに愕然。
おお、そっか、こんなに単語って覚えられないものなんだ~
再認識。
どうりでね、いままでやってきた方法で、なかなか覚えられなかったわけです。

今この内容を知識として吸収したいと思った本に出会ったことで、何回も行ったりきたりして読んでいる、そういう読み方って、学校とかで復習しながら勉強していたスタイルに似ているなぁ~と気がつきました。

かなり気に入ってる方法です。

読み終わるころには、かなりの数の単語でしょ~、言い回しでしょ~、文法でしょう~決まり文句でしょう~and エトセトラエトセトラ、身につけられるかなぁ~と甘い期待持っています。
甘すぎるでしょうか・・・


PCないない生活で発見した二つ目のメリットは、「ラジオを聴く」ということでした。

いままでもラジオは聞いていました。
NHKラジオ講座とか・・・
高校講座とか。(たまに興味深い講義があるし、先生は皆さん一流の人ばかりで面白い)
そうなんです、日本語のラジオを聴いていました。

ところが、英語の推理小説をほとんど一日中読んでいると、結構頭の中英語モードになってくるみたいで、日本語を頭に入れたくない状態になっていました。
普段は英語を勉強していても、思考のベースは日本語ですから、英語を聞いていても、考えをまとめるのは日本語なんですよね。日本語の音が頭の中を飛び交っている訳。
常に日本語が思考を支配しているのですが、面白い英語の本をがんがん読んでるときは、自分の思考が止まっているので、これは始めての体験なのですが、ほんとに英語だけでなんとか考えをまとめようとしていました。
しかし私のジャパングリッシュな発音が頭の中で響いているので、ここでAFNラジオに登場していただきました。
これをかけっぱなしにしていたら、時々読んでる単語やフレーズの音がかぶるときがあって、なんと、だんだん英語チックなメリハリのある音で読んでいたりしました。(いつもではないけれど)

家の中には普段私一人しかいないので、これは完全に「国内留学」です!
日本語話さなくてもいいんですから。
あ、いや、英語ばっかり話してるというわけじゃないですよ、誤解のないように!
ただ日本語のネットをみたり、日本語のテレビをみたりまったくしないので、なんとなく英語の音が身近にかんじられたのです。これが「大量にインプットする」という状態なのでしょうか?
そういう意味でかなり快適な英語ライフでした、PCがないおかげで。

今はすっかり元に戻っていますが。

ただAFNをラジオ、あるいは、iTuneでネットラジオの英語番組をずっと流しています。

ラジオはおもしろい!
CDとかで同じものをグルグル聞くのは確かに勉強になるけれど、飽きちゃって聞き流しちゃうことがしょっちゅうです、それに比べて、ラジオは音楽あり、ニュースあり、世間話あり~の、TOEICのパート4のようなCMや、道路情報、お天気情報などはしょっちゅう流れるし・・・でまったくあきません。
AFNは特に音楽が元気がでるパワフルなのが多いし、古いスタンダードも多いので、最高です。

もう少し雑音がなくなれば、ほんとにもう言うことないんだけれどね。


まぁ、長くなったけれど、1月はこんな風に過ぎました。

さぁ~、来月はどのように過ごしましょうか。



【2009/01/28 01:30】 | おきにいり(本) | コメント(2) | page top↑| 編集
情報ノートその3 英語日誌
情報ノートを12月17日からつけ始め、早くも10日以上を過ぎていますが、まだ1冊目であります。私的にはかなりまめに書いてるつもりでも、そうそう1冊のノートを書きつぶすのは大変ですね。
まぁ~、べつにノートの大量生産が目的ではないのでそれは関係ないのですが・・・
何を書こうかとしていたかというと、ここ年末年始に実家に帰って来る時に、ノートの予備をもってこなかったのです。
「間に合うかな?」という気持ちが半分と、どこでも買えるという気持ちがあったので。
ところが残りのページが少なくなると俄然不安になってきました。
「書けない状況になる不安」というのでしょうか。
情報ノート依存症になりつつあるかもしれません。

あはは。

そんなばかな~ と思いかもしれませんが、いや、まじで、本当です。

こわいですね~~~

依存症になりやすい性格なのでしょうけれど。

ちうわけで、父親に新しいノートを2冊買ってもらいました。XD
だめじゃん、自分。

話は本題に戻して、実は 英語日誌 も情報ノートにつけています。
気が向いた時だけ。
時系列に色々書き込んでいくだけの「情報ノート」は書いても書かなくても、ノートが空白になることはないので、罪悪感がないため、逆に負担にならないので続けやすい。
書きたいときに書くので、書く量が多いとうのがあるが、このノートは書くスペースを気にしないで良い。
というメリットがあります。
もちろんデメリットは、あまりにも自由すぎるから、ひょっとしたら、あまりに書かなさすぎるかもしれないという懸念があること。

そんなわたくしのためにあるような本を最近読みました。





続きを読む
【2008/12/31 14:09】 | おきにいり(本) | コメント(4) | page top↑| 編集
マインドマップ 篤姫
普段TVから隔離されてるわたし、実家にてTV三昧。
先日うわさの「篤姫」の総特集を見た。
いや~何十年ぶりで、NHKの大河ドラマをみました。

おもしろ~~~い!!

こういう中身のふっといドラマは一気に見るとおもしろいですね~
しかし、大河ドラマ系、時代劇系をあまり見てこなかったというか、歴史に興味を持たなかったわたくし、「篤姫」なる人物の概要が分からず、たんなる女性のドラマとしておもしろがって見ていたのだけれど、やはり時代背景も分からないとだんだん話の理解力もさがり、おもしろさが軽減してしまう。
ので、見終わった後に WIKIPEDIA でドラマの記憶とすりあわせながら、A4用紙に「篤姫のマインドマップ」を書いてみた。
普段はこんなあやふやな気持ちはそのまんまで、いつしか忘れるということの繰り返しだったのだけれど、「情報ノート」にこのマインドマップを貼っておこうと思いつき
、書いてみることにしました。
記憶が新しいうちに「調べた」こともあり、ドラマ自体の感想の余韻も手伝って、なかなか楽しい作業でした。

なんだか来年は「情報ノート情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)」の使い方をもっとグレードアップして、かなり有意義につかえそうな予感。


【2008/12/31 12:53】 | おきにいり(本) | コメント(0) | page top↑| 編集
「情報は1冊のノートにまとめなさい」感想
一昨日、ちょっと欲しい本があってそれを探しに本屋へ行きました。
そこでひょっこりと私にこの本が訴えかけてきました。
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)
(2008/03/12)
奥野 宣之

商品詳細を見る


しばらく前にこの本の事はどこかで読んだ事はありましたが、自分の気持ち的には「1冊でどうやってやるのよ~」とその時の感想でした。
が、たまたま一昨日その本が眼に飛び込んできたのが出会いなのか、しばらく立ち読みをしました。
お。
なんだかおもしろそ~
ホントに何もかも1冊にまとめるんだ。
ちょっとやってみても面白いかも。

と言う事で、お買い上げ。
昨日読み終わり、早速文房具をそろえました。
と言っても全然大げさなものではなく、「A6のノート」と「はがせるのり」を買いました。
今日はそのノート作りに励んでおりました。
全ての事を1冊の手帳として利用する為の、基礎情報を仕込んでいました。
仕込みながらもこの手帳の使い方である、気になったことのメモをしまくりました。

この本に書いてある、「書いて記録する事で忘れなさい」と言う考えがちょっとまだ理解できないのですが、だって英語の例文とか書いても、忘れるのね?
自分の為のデーターベース作りだそうですが・・・

でも確かに私はちょっと気の聞いた英語の例文とか「何かに書く」のだけれど、いざ使いたいときに見つかったためしがない!
だからこの手帳の使い方をしばらくやってみます。

この手帳の使い方はちょっと慣れないと、アレ?とかなってしまうので、気になる人は本を読んで見てくだいね。説明は結構ややこしい。
3週間ほどでこの手帳の有意義な所をつかめるらしいので、しばらくやってみます。

でも今もっている素敵でおしゃれなノートはどうしたらいいのかしら・・・
【2008/12/19 00:10】 | おきにいり(本) | コメント(4) | page top↑| 編集
オバマ演説集のCD
先日書いた オバマ演説集のCDを結構聴いているのですが、車のなかでも聞こうとおもいCDを作成した。
先日新しく買った複合プリンターについていたCDダイレクト印刷と言うのを始めて使ってみました~

obamacd1216.jpg
なんか、凄くない?

いやぁ~買った本についていたのより かっこええ~

なんだか病みつきになりそうだ
【2008/12/16 20:59】 | おきにいり(本) | コメント(2) | page top↑| 編集
オバマ演説集
ちょっと思うところあり、こんな本を買いました。

生声CD付き [対訳] オバマ演説集生声CD付き [対訳] オバマ演説集
(2008/11/20)
CNN English Express編

商品詳細を見る


ことばの力を英語のまんま感じてみたい
感じることができるのか
やれば出来るかも

そんな事をつらつら考えていたら この本にたどりついた
1050円だったので、しょうがないから地元の本屋で買った(笑)
ま、すぐに聞きたかっただけなんだけれどね

早速聴いているが・・
youtubeとかで画像を見ながら聴くよりは音に集中できるかも

でもまだまだ・・・ことばの力 を感じられない・・・

いつか感じられるようになるのかな。
【2008/12/10 21:54】 | おきにいり(本) | コメント(5) | page top↑| 編集
autographとstimulate
サイン

先日のセミナーで学習本に著者じきじきのサインをいただきました♪

いまさらながらですが、スターとかの「サイン」って、エイゴでは sign とは言わないのですねぇ~

へぇ。。。

しかしこういう行為って、結構ミーハーなのかと思っていましたが、効きますよ~
かなり有効な「刺激剤」です(笑)

がんばらねば。。

ちなみに学習本はコチラ↓

2カ月で攻略新TOEICテスト730点! (残り日数逆算シリーズ) (残り日数逆算シリーズ)2カ月で攻略新TOEICテスト730点! (残り日数逆算シリーズ) (残り日数逆算シリーズ)
(2008/05/20)
横本 勝也早川 幸治

商品詳細を見る


と コチラ↓

3週間で攻略新TOEICテスト730点! (残り日数逆算シリーズ) (残り日数逆算シリーズ)3週間で攻略新TOEICテスト730点! (残り日数逆算シリーズ) (残り日数逆算シリーズ)
(2008/05/20)
小山 克明姜 英徹

商品詳細を見る
評価が高いです。
【2008/10/10 23:56】 | おきにいり(本) | コメント(3) | page top↑| 編集
夢をかなえるゾウ
土曜日に大都会の本屋をちょっと冷やかそうと思いまして、某デパートに入っている本屋へ立ち寄ってみました。

ちょっと面白そうな「洋書」を見つけたい!

だって田舎の本屋はそんなに「洋書」はないんだもん!

でも、ハズレ。

その本屋「洋書コーナー」ありませんでした!
信じられない~

重いかばんを持ってウロウロしてるのもいい加減疲れたころ、「自己啓発本コーナー」でこの本が目に飛び込んできました。↓

夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
(2007/08/11)
水野敬也

商品詳細を見る
ためになる内容を面白おかしく、でも解かりやすく書いてある、自己啓発本。読んですぐに書いてある事を試してみたくなりますよ~

英語学習者のブログでもちょくちょく話題になったり紹介されたりしているので知ってはいたのですが、その時はなんとなく出会いのようなものを感じて手に取りました。

「めちゃめちゃ字がおおきいやん!」

結構分厚い本なのですが、中の文字が大きく、かなりの余裕を持ったレイアウトで・・・
これで1600円はちょっと高いんじゃない?と心の中で思いながらペラペラと立ち読みしていたら、グイグイと文章に引き込まれ、迷わず購入とあいなりました。

そして移動中の電車で4分の1を読み、遊びに行った姉の家で夜中までに半分以上読み、次の日に結局全部読んでしまいました。

結果を先に言えば、ものすごく、ものすごく、いい本だった。

ちょっと小さな感動覚えたし、英語学習のモチベーションもあがったし、これからの勉強もなんだか計画的に出来そうな(?)な気がしたし。
もちろんそんな「何かを達成できそうな期待感」というのは本を読んだ時だけで、それを実際の行動に移す事が大事であると書いてあるけれど、実際にどんな生活習慣をつければ、あるいは良い生活習慣をつけるためにはどういう心配りをすればいいのか、という事を具体的に書いてある本なのでした。

自己啓発本ってあまり読んだ事はないのだけれど、それでも数少ないそれらしい文章を読んだ経験からだけれども、その類の本を読んでも実際は何をしたら良いかはわからなかった。(読んだ本がすくなすぎかもしれないけれど)
ところが、この本を読んでいたら、私ぐらいの年齢になれば大概の人は経験してきただろう、という事と照らし合わせながら読んでみれば、書かれてあることは、かなりの説得力を感じた。
そして多分、本に書かれてあった多くの行動は確かに良い方向に、自分を持っていってくれるのだろう。

が、一方では、こうして常識的にやればたぶんいいんだろうなぁ~と想像している事も、「でもそんな事で変わるわけないよなぁ~」と私たちは面倒くさい気持ちから、大概の人は否定してしまうのよね。
もちろんその中に自分も入っているのだけれど。あは。

それでもこの本は何か、行動を起こさせる何かを持っている。
それとも私がこの本を読むべきタイミングだったのかもしれないけれど。

とにかく最近の「マイベスト本」でした。

そう、今日はこの本に書いてあった、「ただでもらう」を実行してみました(爆)
【2008/08/19 01:11】 | おきにいり(本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑| 編集
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。