スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
ダイエットお助けフリーソフト(別名:私専属栄養士)
10年日記を去年からつけ初めて、今年は去年の記述を見ながらも記録となっていますが、ここで発見した物があります。


体重の無変化!



良くみれば、増加がないからいいわ~

ともいえますが・・・

シビアにみれば、カーヴスに通ったり、野菜中心の食事に変えたり、玄米食にしたりしてる割には・・・何故?という気持ちもあります

まぁ、食べたいだけ食べているので増加していないだけでもいいのかな。
しかーーし、本当はあと5㌔は落としたい!健康の為には。
美容の為なら、8キロ落としたい!


そんなことをボンヤリ思っていたのですが、先日のHUMMERさんの記事を読んでいて、やっぱりきちんと結果を出してる人は違うな~と思っていました。
私は「やせるぞ!」と宣言しても(カーヴスとかで)、自分がどのぐらいのカロリーを1日に摂取しているのかさえ調べたことありませんでした。 はぁ~
まして、1日どのぐらいの量の食事で減量になるのかさえ調べた事がありませんでした。

「野菜と少しのたんぱく質をとってるからいいだろ~」と言う気持ちもあり、なるべくジャンキーな食べ物を口にしないと言う生活もしてるので、結構高をくくっているところがありました。

しかし、1年前とまったく同じというのはちょっとなぁ~と。
それにもまして、最近寒さのせいか食べる量がだんだんと増えてきていました。

やはりここは
自分が毎日どのぐらいの量をたべているのか」を正確に把握し、
なおかつ、
減量するにはどのような食事をするべきか」ということにキチンと取り組むことにしました。

そこでまず食事の内容の記録をつける為にPCで使えるソフトを探しました。
手書きでも良かったのですが、食べた物のカロリーも自動的に計算してくるのはないかなぁ~と甘い期待を持って検索したら、すぐにヒットしました。
当初はエクセルで何とか・・・と考えていましたが、こんなすばらしいソフトがあるならこちらを使ったほうが断然いいです!

無料で使っていいの?ッていうぐらい親切正確便利なソフトです。
そしてヘルプを読むと判るのですが、空腹のメカニズムとか何故太るのかということもたくさん書いてあり、読むだけでも非常に「意識改革」ができます。

たとえば、どうしても少量の食事で満足感を得られない場合は・・・というのがあり、何故満足をえられないかという理論がかいてありますので、その考えから導き出した「やり方」は思わずすぐに実行してみました。 笑

とにかく目標達成にかなり貢献できそうなソフトなので、早速使ってます。


diet7.gif
ダイエット7

あるいはヴェクターだと

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/home/se422586.html

こちらになります。


ちなみに私がマイナス5㌔の設定を、「ローカーボ」という方法で行うと、目標達成が「予測2009/08/26」と出ています。
基礎代謝カロリーより少しだけ少ないカロリー摂取です。
とりあえず目標達成できたら、あとは標準の食事をずっととりつづければいいのでしょう。
キチンと健康管理をしたいのなら、こういう気軽に使えるソフトを利用して「食事管理」をする必要があります。

まずは記録することでの意識改革からはじめます。

ついでにアマゾンでスケールも買いました。

DRETEC クリスタルスケール2kg ホワイト KS-221WTDRETEC クリスタルスケール2kg ホワイト KS-221WT
()
不明

商品詳細を見る


デザイン優先で、少しだけ割高の方を買っちゃいました!

ちなみに今日の朝食 6枚切り食パン2枚、魚肉ソーセージ半分、りんご4分の1、普通の牛乳200cc、ネスカフェ を計算したら、489kcalで、目標達成の311kcalを大幅に上回っております。
朝はこの食事内容をインプットしながら食べていたのですが、思わず途中で食べるのをやめようとおもいました。(結局は全部しっかりといただきましたが)
明日はパンを1枚にしようか・・・

このソフトをみながら食べれる物や量を調べるのは結構楽しいゲーム感覚でできそうです。

ぜひ最後までのんびりとあせらずに目標達成したいと思います。
一緒にやる方、募集中~

って、英語学習ブログになってないかも。


【2009/01/29 16:43】 | diet | コメント(4) | page top↑| 編集
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。