スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑| 編集
3つの so that 構文
日々明らかになっていく、今までのモヤモヤ感!

最高~~に気分よし。


今まで何度となく文法の本に挑戦してきては挫折というか、もう一つピンとこないで止めていたのが嘘のようだ。
これって、本の相性のせいだけじゃないような気がするのだが。
ホントのところはどうなんだろう?
なんとなくモチベーションがあがっているのだろうか。
とにかく集中力がついてきたのは確かである。
とはいえ、30分単位で色々な事をしているのが集中力維持にいいのかもしれない。


だんだん面白くなってきたのでもう少しペースを上げたいが、それだとどうしても軽く読んでおしまいになってしまう気がする。
もう少し今のペースで続ける事にしよう。


それとは別にデーターベース4500の 「他動詞+A+of+B」と言うやつが、ピンとこない!

remind
inform
convince
warm
suspect
rob
deprive
cure
clear
rid
cheat


と言う単語の例文を音読しているのだが、まったくピンとこない!
なんでここにofがはいるのかぁ~~~と ???だらけ。

しかし、これはこういうもんだと割り切って覚えるしかないのだろうか?
ふむ、やっかいだあ。
いままで読解をしていて読めなかった of が正しくこれだったのだわと気づく。


それにしても~~、2年前に読んだ時も赤線引いて悩んだのにいまだに解決していないのは、ちょっと悲しい。

データベース4500 完成英単語・熟語 New Editionデータベース4500 完成英単語・熟語 New Edition
(2005/12)
荻野 治雄

商品詳細を見る



【2009/09/13 01:02】 | 文法 | コメント(0) | page top↑| 編集
5文型のつぼ 知覚動詞 see
「大矢英作文講義の実況中継」 と 「大矢英語読み方講義の実況中継」 を同時に進めているのだが、これが非常におもしろい。
というのは、別々に学習しているのに、ここに来て内容が被ってきているからだ。

どちらの本も丁度 5文型 の説明の章になり、毎日コツコツとやっているとどっちで勉強したのかわからなくなるのだが、それを措いても同じ構文を読解と英作で同時に行うのは非常に有益だ。

学習と復習を同時にやってる。 IN and OUT か?

たまたまなのかもしれないし、あるいは著者が同じなので、ひょっとしたら同じようにすすむのかもしれないが、我ながら良いチョイスだったと感心している。

しかーーーし、知覚動詞めんどくさ!

例題の英作

1.街にたくさんの空き缶がすてられているのを見て私はショックをうけた。

2.陽気がよくなるとロンドンの公園では、人々が水着で芝生に寝そべるのを見かける。


いつまでこの構文を覚えていられるのだろう・・・不安だ。

【2009/09/12 01:06】 | 文法 | コメント(0) | page top↑| 編集
第5文型のツボ 知覚動詞 hear
知覚動詞 hear の注意点

5文型とthat節では意味が変わる

hear that S+V ...「(うわさで)聞く」
hear + 名詞+原型【~ing 形】...「(音を)聞く」

例題
1.真夜中に誰かがドアをノックするのを聞きました。
2.彼女が約束を破ったと聞いて彼は驚いた。
【2009/09/11 02:47】 | 文法 | コメント(0) | page top↑| 編集
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。